りぼんっ子だったころショートショート とりぶうの読むコント~宮古島  りぼんっ子だったころ 


りぼんっ子だったころ

テーマ : 日記 ジャンル : 日記



みなさんこんにちは。

この間、本屋さんに行って驚きました。
何って最近の女性誌のふろくのすごいこと。
ふろくにバッグって。
それで雑誌が700円前後って。
あたしの500円返して!って思いました。

なんで500円?

と思ってくれたかたも、思ってくれなかったかたも、しばし思い出話にお付き合いください。

わたしは小3のころから中3まで、少女マンガ雑誌『りぼん』を毎月買っていました。
なけなしのお小遣いをやりくりしながら、毎月、発売日を心待ちにしていたのです。
りぼんには、ふろくがついていました。
毎回、豪華3大ふろく!とか言いながらも、
ほんとに豪華なのはレターセットやノートなどの1点だけで、あとはわざわざ水をつけて貼るシールやしおりのような軽いもの。
メインで目を引いて豪華『3大』の部分お茶を濁してるな、とはわかってはいたものの。
ふろくは楽しみのひとつでした。

さて、あるとき。
応募者全員プレゼントの企画がありました。
いままで抽選でバッグが当たるという企画はありましたが、応募者全員にプレゼントは初めて。
同じくりぼんっ子だった友だちと、
「全員に当たるってすごいと思えへん!?ぜったい応募するやろ?」
と大盛り上がりでした。

プレゼントの内容は、リバーシブルバッグ。
当時大人気だった『ときめきトゥナイト』のイラストが描かれた小さなバッグ。
ほんとに小さなバッグでしたが、天下の集英社から自分宛にプレゼントが送られてくるというのもうれしく、いそいそと応募要項を読みました。

プレゼントはすぐに応募できるわけではなく、二ヶ月分のりぼんについてる応募券が必要。
さらに、送り代として500円分の切手を同封しろとのこと。
送り代に500円って高くないか・・・?
これじゃあ500円でバッグを買ってるのと同じことじゃ・・・?
という考えが頭を何度もよぎるのですが、
『ときめきトゥナイト』のバッグを手に入れることができるのだと思うと、その疑念も横に追いやることができました。

そうして送られてきたバッグ。
ごくごく軽い封筒に入ったものでしたが、うれしくてうれしくてたまりませんでした。



りぼんっ子だったころ 2012 12・11




これはりぼん編集部から送られてきたバッグなんだ。
ひょっとしたら、遊びに来ていた池野恋さん(ときめきトゥナイトの作者)が袋にいれてくれたかもしれない。
などと、絶対ないやろと思われる想像をしながら、バッグを手に取りました。

バッグは思ったより もち手が短いうえに、表側は赤と青が基調のカラフルなのに対し、裏側は黄色と緑がちのあきらかにくすんだ色合い。
リバーシブルで使うことは無理かもな、と思いましたが。
とにもかくにも、プレゼントで手に入れたバッグは相当うれしく、学校にも遊びに行くときにもよく使っていました。
そうして使うたびに、
「いまいち使い勝手良くないな・・・」
と思っていました。

あれから30年あまり。
りぼんはどんなふろくを作っているのかとホームページを見てみたら。
なんと、シャーペンにサインペンにスケッチブックに、ほんとに豪華なふろくたち!
時代の移り変わりを痛感しました。

そうして。
いまは応募者全員にプレゼントというまでもなく。
雑誌を買ったらすでにふろくでバッグがもらえる時代。
送り代として切手を500円分入れなくてもいい時代。
あたしの500円返して、と思いました。

思うに。
世の中は需要と供給の絶妙なバランスで成り立っています。
500円を払ってでも、あの小さなバッグを手に入れたいと思った人がいた時代ではすでになく。
あふれたモノの中で、より付加価値の高いものを提供していかなければならないしんどい時代なのだともいえます。

その後、何度か応募者全員プレゼントの企画があり、
そのたび律儀に応募していましたが。
何をもらったかはまったく覚えていません。
そういう意味では、あの喜びが500円は安いと思えるこのごろです。

それでは~


とりぶう

少しでも面白かったら、下をクリックで応援よろしくお願いします。とりぶうの絵が踊るよ!
FC2Ranking にほんブログ村 小説ブログ ショートショートへ blogranking 人気ブログランキング【ブログの殿堂】 クツログ
ショートショートとりぶうの読むコントの応援をお願いします。
あしたも、お待ちしております。! ブログパーツ 健康食品

コメントの投稿

非公開コメント

私は

当時のときめきを忘れない少年の心をもった大人。
つい最近も夏目友人帳の全員プレゼントに応募して
とっても満足しています(爆)

No title

ときめきトゥナイト大好きでした!!
真壁くんだったけ 笑)
かっこよかったわ~ v-238

付録 私も応募しました!!
今思えば ちゃっちーですよね!! 笑)
確かに今は本に付録つきが普通だもんね!

しかし・・・
残った本の付録は捨てらしいよ・・・
500円で送ってもらった方が ありがたみがあるかも・・・ ^^)

のぶちんさん。

す、すばらしい!
これぞ少年の鏡!
わたしは恥ずかしながら、夏目友人帳がなにかわからなかったので、
「夏目漱石の友人になれるノートが全プレ??」
だと思ったのですが、そういうマンガがあるのですね。
勉強になりました!
あと、全員プレゼントの質がすごい上がってますね!
そして負担金の金額も上がってる!

イノぶたさん。

そうそう、真壁くん!!かっこよかったよね~。
わたしは蘭世が主人公のやつしか読んでないけど、
あのあとかなりいろんなことが起こって、主人公もふたりくらいかわってるらしいよ。

雑誌についてる付録のバッグ、実際に使ってるのかなあ?
と思っていたら、先日、使ってる人を発見。
ちょっとほっとしました。
     カテゴリ

     登場人物
登場人物 とりぶう 登場人物 しかちく
とりぶう=わたし しかちく=夫 
登場人物 うさQ 登場人物 カメ氏
姉=うさQ 弟=カメ氏 

     最近のコメント

     最新記事

全記事表示


     月別アーカイブ

     携帯でどうぞ
QR

     おかげさまです