正月準備ショートショート とりぶうの読むコント~宮古島  正月準備 


正月準備

テーマ : 日記 ジャンル : 日記




みなさんこんにちは。

子どものころ。
冬休みっていい!
と思っていました。
盆と正月ならぬ、クリスマスと正月ががいっぺんにやってくるのだから、心躍るのも当然。
宿題だけはうっとおしいものの。
お年玉をもらえたり、ごちそうを食べられたりする冬休みは、むしろ宿題のない春休みよりもうれしいものでした。

正月が近づくと、家中がにわかに準備であわただしくなります。
正月用の買い物をしたり、しめなわを編んだり(わが家は手作りでした)、
大掃除したり、おせちを作ったり、
子どもも総動員でいろんな作業が進められてゆくのでした。

なかでもいちばんのイベントはもちつき。
わが家では、父とおじいちゃんがもちをつき、おんな子どもが丸める係り。
もちは親戚にも配るので、いくつもいくつもつきます。
あつあつのつきたてを、丸める前に口にほおりこむと、口のあちこちにもちがくっつき、ガムのようににちゃにちゃしてるうちに、甘さがじんわり口中に広がり、溶けるようにのどにすいこまれていきます。
もちのいちばんおいしい瞬間。
わたしはこれが大好きで、何度もやってるうちに、それだけでおなかいっぱいになったほどです。
鏡餅用のでっかいやつは、干し柿とウラジロというシダ植物みたいなの(山でとってくる)で飾られ、お正月を待つのです。

そうそう。
干し柿は正月にそなえ、秋につるされます。
横に10個ずつ並んだ干し柿は壮観。
「にこにこ 仲むつまじく」
と数えるんだと教えられました。
外側に二個ずつ、中に六個。



にこにこ仲むつまじく 2012 12・26




結構伝統的なことも、ダジャレでええんやな、と思いました。
そういえば。
トイレや井戸(家の裏庭にあった)にも、何かを飾るとき、
トイレは汚さないように、よごさん=4・5・3
井戸は濁さないように、にごさん=2・5・3
と数えるんだと教えられました。
なんでもかんでも、ダジャレが生きてるんだな、と思いました。

お正月を迎えるために山に入ってウラジロをとったり、
正月のための干し柿を秋から作っておいたり、
もちを作るためのもち米を、初夏に植え、秋に刈り取ったり、
刈り取ったあとの稲から、しめなわを作るためのワラをおいといたり、
正月は一年がかりで待たれ、楽しみにされているできごとでした。

だから楽しみでしょうがなかったのです。
だから宿題なんて思い出す余裕もなかったのです。

正月が過ぎ。
1月5日くらいになって、手付かずの宿題に気付き。
最終日、半泣きになりながら9時間ぶっ通しで宿題をやったこともあったなあ。
漢字の書き取りがまったく終わりそうになく、キィ~~!!となったわたしは、1ページを鉛筆でぐちゃぐちゃにしてしまい、ハッと気付いたときには後の祭り。
しっかり消してもなかなか消えず、そのページを先生に指摘されて、とっさに、
「あ、あの、妹にジャマされて・・・・」
とウソをついてしまいました。
いまさらだけど。
ごめん、妹よ。

正月の思い出はいいことばかりではなかったことに、今気付いた。

宿題は計画的に。

それでは~


とりぶう

少しでも面白かったら、下をクリックで応援よろしくお願いします。とりぶうの絵が踊るよ!
FC2Ranking にほんブログ村 小説ブログ ショートショートへ blogranking 人気ブログランキング【ブログの殿堂】 クツログ
ショートショートとりぶうの読むコントの応援をお願いします。
あしたも、お待ちしております。! ブログパーツ 健康食品

コメントの投稿

非公開コメント

     カテゴリ

     登場人物
登場人物 とりぶう 登場人物 しかちく
とりぶう=わたし しかちく=夫 
登場人物 うさQ 登場人物 カメ氏
姉=うさQ 弟=カメ氏 

     最近のコメント

     最新記事

全記事表示


     月別アーカイブ

     携帯でどうぞ
QR

     おかげさまです