元気になる朝のひとことショートショート とりぶうの読むコント~宮古島  元気になる朝のひとこと 


元気になる朝のひとこと

テーマ : 日記 ジャンル : 日記




みなさんこんにちは。

宮古島出身のヒロインが活躍するNHKの朝ドラ『純と愛』。

毎朝かならず見てます。

土曜日もゆっくり寝てたい体にムチ打ってみてます。

当初は、宮古島が映る~という理由で見てたのですが、

まったく宮古島の場面がなくなった今も、おもしろいので欠かさず見てます。

朝ドラなのに目が離せない濃さ。

『ゲゲゲの女房』は終わったはずなのに、ゲゲゲの鬼太郎みたいなうっとおしい髪のキャラがぞくぞく。

わたしの朝のサイクルを変えてしまった朝ドラなのですが。

ふだんは『めざましテレビ』を見た後にチャンネルを変えています。

8時ちょっと前にチャンネルを変えると、ちょうどNHK朝のニュースの最後がうつります。

じつは、その締めくくりのことばがいいのです。

たぶん九州地区限定だと思うのですが、男性アナウンサーが、

「それでは今日もなにかいいことがありますように」

と言っておわるのです。

それを聞くと、

「あ~、なにかいいことあったらええな~」

と思えます。

そのアナウンサーじゃないときはちょっとがっかりします。

なにも言ってくれません。

ちょっとぉ~、きょうはいいことなくってもええの?

とNHKにクレームつけたくなってきます。(やめろ)

ふとしたひとことなのに、

「なにかいいことがありますように」

といわれるとうれしいのはなぜだろう?

そこで思ったのですが。

わたしはよく「よい週末を」というフレーズを使います。

それは「よいお年を」みたいなイメージ。

でも「よい週末」ってすごく漠然としてます。

なかなか「いやあ、よい週末だった」と思えることは少ないはず。

「よい週末を」には週末すべてにパーフェクトをのぞむ感がにじみ出ているのです。

ひるがえって「なにかいいことがありますように」はとてもひかえめです。

「ラーメン屋が半額セールやってた!」

「見た映画が超おもしろかった!」

「ギャグがウケた!」

などなど、ささやかだけれどもいいことは毎日ひとつくらいあるはずです。

パーフェクトな毎日などないのだから、ささやかないいことをきちんと大事にしてゆこうではないか、というメッセージに感じられるのです。

だからわたしもこれからは、こう言おうかなと思います。





よいことがありますように 2013 1・23




長いので噛まないようにしたい。

ちなみに。

そのひとことを言ってるアナウンサーをきょう初めてみました。

いつもは声しか聞いたことがなく、きっとさわやかな青年だろうと想像してましたが。

声の主、上野速人さんというアナウンサー。

思ったより、すがすがしい人でした。

すがすがしくハゲてる人でした。(失礼や!)

いいよ、いいよ!

わたしはすがすがしくハゲてる人をいつも応援してるよ!

彼にもいいことがありますように。

あと彼のためにも ハゲ=セクシー という構図がいつか定着しますように。

大きなお世話でした。


それでは~


とりぶう


少しでも面白かったら、下をクリックで応援よろしくお願いします。とりぶうの絵が踊るよ!
FC2Ranking にほんブログ村 小説ブログ ショートショートへ blogranking 人気ブログランキング【ブログの殿堂】 クツログ
ショートショートとりぶうの読むコントの応援をお願いします。
あしたも、お待ちしております。! ブログパーツ 健康食品

コメントの投稿

非公開コメント

     カテゴリ

     登場人物
登場人物 とりぶう 登場人物 しかちく
とりぶう=わたし しかちく=夫 
登場人物 うさQ 登場人物 カメ氏
姉=うさQ 弟=カメ氏 

     最近のコメント

     最新記事

全記事表示


     月別アーカイブ

     携帯でどうぞ
QR

     おかげさまです