傲慢!ラクダオジサンショートショート とりぶうの読むコント~宮古島  傲慢!ラクダオジサン 


傲慢!ラクダオジサン

テーマ : 日記 ジャンル : 日記



みなさんこんにちは。

朝、ウォーキングしていると、
「ちょっとすみません!」
と呼びかけられました。

見ると、60代半ばくらいの長身の男性がわたしたちを呼びかけています。

全身、ベージュな印象の男性。

彼のファッションリーダーはラクダにちがいない。(なんでやねん)

パッと見、観光客とおぼしき男性がわたしたちを呼び止めたのでした。

ちょうどペンションが並ぶところだったので、道でも聞かれるのかと思い立ち止まると。

「あなたたちの写真も撮ってあげますから、わたしの写真撮ってもらえますかね?」

と屈託のない表情で言います。

あなたたちの写真撮ってあげるって。

1回も頼んでないし。

ちょっとオジサン、その言い方、まじ、ちょっと間違ってんですけどー。

といいたくなりました。

ラクダオジサンはなんの迷いもなく、

「まずわたしを撮ってもらって、それからあなたたちも撮ってあげましょう」

と元気ハツラツに言います。

だからオジサン、ちょっとなんか間違ってんスけどー。

わたしたちは微妙に腰が引けながらも、とりあえずオジサンを撮ってあげることにしました。

オジサンはお花の前にスタンバイ。

「じゃ、おねがいします!」

と有無を言わせない口ぶり。

阿藤快でもないけど、「なんだかな~」といいたくなりました。

笑顔で写真を撮られたラクダオジサンは満足そうに、
「じゃ、あなたたちはどっちをバックに撮りますか?」
と聞きます。

わたしたちが「じゃあ、ここで」とそのまま歩道の真ん中でスタンバっていると、
「そっちは看板がうんぬんかんぬん・・・」
などと、いろいろ口出し。

結局、ラクダオジと同じ花をバックに撮ってもらいました。




お礼を言うべきなのか? 2013 4・2





写真を撮り終えたラクダオジは満足そうにデジカメを眺め、
「この写真欲しかったら、今日じゅうにこのペンションにいらっしゃい」
と言って、スタスタと歩いていきました。

なんとなく、
「この写真をバラまかれたくなかったら、今日中にこのペンションにやってくるんだな」
と脅迫された気分にすらなりました。

ていうか、すっぴんのウォーキング途中の写真なんか、まったくいらんし。

もうちょっとで「ありがとう」っていうとこだった。

いや、言ったかもしれん。

なんだかな~。

わたしたちはラクダオジの後姿をあっけにとられて眺めるしかありませんでした。

攻撃的な物言いではないのだけれど、人に物を頼んでるのに、ぜんぜんへりくだっていない。

それどころかこちらに「ありがとう」を言わせる勢い。

オジサン、それで人生ずっとわたってきたの!?

と半ばうらやましくもありました。

オジサンのその『へりくだらん能力』。

外国との交渉で活躍させたらどうか、と思いました。

それでは~


とりぶう

少しでも面白かったら、下をクリックで応援よろしくお願いします。とりぶうの絵が踊るよ!
FC2Ranking にほんブログ村 小説ブログ ショートショートへ blogranking 人気ブログランキング【ブログの殿堂】 クツログ
ショートショートとりぶうの読むコントの応援をお願いします。
あしたも、お待ちしております。! ブログパーツ 健康食品

コメントの投稿

非公開コメント

     カテゴリ

     登場人物
登場人物 とりぶう 登場人物 しかちく
とりぶう=わたし しかちく=夫 
登場人物 うさQ 登場人物 カメ氏
姉=うさQ 弟=カメ氏 

     最近のコメント

     最新記事

全記事表示


     月別アーカイブ

     携帯でどうぞ
QR

     おかげさまです