信用なさすぎショートショート とりぶうの読むコント~宮古島  信用なさすぎ 


信用なさすぎ

テーマ : 日記 ジャンル : 日記



みなさんこんにちは。

午前中、ディスカバリーチャンネルで生中継されていた、

『命綱も受け止めマットもなしで、グランドキャニオンの綱渡りに挑戦!
崖から崖まで渡したロープを自分の力だけで渡りきる!?
命知らずのぶっ飛び野郎!生きて渡りきることができるのか!?
彼はアホなのか、勇者なのか、どっちなの!?』

(注:これはわたしが勝手につけたタイトルです)

的なものを見てたら。

案外、自分でも綱渡りできそうな気がしてきた。

120センチの平均台をビビりまくるわたしでも、グランドキャニオンならいけんじゃね?

みたいな気になってきた。

こわいね。

テレビの力はすごいものを普通に見せてしまう恐ろしさがあるね。

自分がその場にいないと、恐ろしさというのは実感できないもの。

きのう。

久しぶりにわたしの運転で、しかちくと子どもたちを乗せて買い物に行ったのですが。

しかちくの運転のときは、しゃべるわ歌うわで大騒ぎして大変なことになってしまう車内が、

わたしの運転だとだれも騒がない。

「というか、騒げない!」

「お母さんの運転、ほんま怖いわー」

「40キロ越えようとか、考えんでもいいで」

「そうそう、20キロくらいで走っといたらええで」

だってよ。



どんだけ信用ないねん 2013 6・24





マラソンランナーでももっと速いわ。

わたしがいくら、

「大丈夫やから!ゴールド免許やから!」

と主張しても、

「運転してないからゴールドやねん」

「あのな、色気出して駐車しにくいとこに車とめんでもええで。
みんなちょっとくらい歩くから、すいてる止めやすいところに止めたらええで」

「あー、どうか無事に家までたどりつけますように!」

まったくもう!

かたやグランドキャニオンを渡ることすら信頼されてる人がいるというのに。

わたしはスーパーの行き帰りの運転を心配されてるとは。

たぶんしかちくと子どもたちにとっては、

グランドキャニオンの綱渡りを生中継で見るよりも、

わたしの運転で買い物に行くほうが、スリル満点な出来事だったにちがいない。

家に帰りついたときはみんな生きてる喜びを噛みしめあっていた。

「ていうか、ほんま、大丈夫やって!!」

わたしの声だけがむなしく響いていました。

グランドキャニオンは無事わたり終えることができ、終わった後、その人は泣いてたけど。

わたしは、自分の運転技術のあまりの信用のなさに、別の意味で泣けてきました。

それでは~


とりぶう


少しでも面白かったら、下をクリックで応援よろしくお願いします。とりぶうの絵が踊るよ!
FC2Ranking にほんブログ村 小説ブログ ショートショートへ blogranking 人気ブログランキング【ブログの殿堂】 クツログ
ショートショートとりぶうの読むコントの応援をお願いします。
あしたも、お待ちしております。! ブログパーツ 健康食品

コメントの投稿

非公開コメント

ゴールドカード?

ゴールド免許=ペーパードライバーって感じが強いですね。
20キロで走ったら ノロノロ運転で罰金?
世の中には冒険大好き野郎が多いですね。
小型ヨットで太平洋横断?
救助費用1000万以上は税金で賄われるそうですが・・・
エベレストに80歳で登頂も大冒険でっしゃろ?
毎日が冒険のような昨今ですよ。

案山子さん。

宮古島ではほんとに時速20キロくらいで運転してるひとがいます。
だいたいがおじいさんかおばあさんなので、
あー、気をつけて運転してねー
と思います。
せまい宮古島なので急いでも急がなくても、そんなに到着時間はかわりませんしね~
三浦さんはほんとにすごいですよね。
80歳でエベレスト!
超人以上のことばはないのか、と思うくらいです!
     カテゴリ

     登場人物
登場人物 とりぶう 登場人物 しかちく
とりぶう=わたし しかちく=夫 
登場人物 うさQ 登場人物 カメ氏
姉=うさQ 弟=カメ氏 

     最近のコメント

     最新記事

全記事表示


     月別アーカイブ

     携帯でどうぞ
QR

     おかげさまです