窮鼠、空を飛ぶショートショート とりぶうの読むコント~宮古島  窮鼠、空を飛ぶ 


窮鼠、空を飛ぶ

テーマ : 日記 ジャンル : 日記



みなさんこんにちは。

引越しして、さまざまな分野でトラブルが続出。

おととい、給湯器がこわれました。

お湯が出てこないのです。

もうっ!またトラブルかよ!

怒りに打ち震えて、その怒りパワーでお湯をわかしてやろうかと思いました。

だれかそんな発明してほしいわ~。

『ノーベル賞』って書いた消しゴムあげるのに。(いらん)

しかたなくガス屋さんを呼びました。

沖縄に住んでいると、塩害によるサビのパワーにおどろかされます。

サビのパワーはすごいのです。

鉄という鉄を食い散らかします。

鉄男とか鉄子とか、鉄道マニアの人は気をつけたほうがいいよ。(関係ないわ)

外にある給湯器も、サビサビ。

ワビサビなら風情があるのですが、サビサビはがっかり感しかない。

ガス屋のお兄さんがサビサビの給湯器を開けると、モーターなんかの機械が詰まったそこに、

木の枝やら鳥の羽やらがこんもり。

「ヤモリの巣かもしれないですね。サビて空いた穴から入るんですよ、ここあったかいから」

ガス兄さんは言います。

見ると割れたヤモリの卵がひとつふたつ・・・

と、ガス兄が、

「何か、うごいてる・・・」

と気味悪そうに言います。

わたしもガス兄の肩越しにおそるおそるのぞくと、

黒っぽいものがモーターの陰に隠れてちらちら見えるではありませんか。

ヤモリにしては大きい。

「鳥、ですかね?」

わたしが聞くと、軍手をはめ、ドライバーを手にして逃げ腰にそこをチェックしていたガス兄が、

「・・・・ぃやあ、・・・・・ネズミですね・・・・ネズミの巣・・・・・うわっ、子どもが・・・・!」

見ると、こんもりの山にうもれて、ピンクとグレーのものがいくつかうごめいています。

「うわっ、うぎゃ~っ!」

と鳥肌をたてながら覗き込んだとき、

なにかが宙を舞いました。



窮鼠空を飛ぶ 2013 11・13




なんと。

親ネズミがおいつめられた挙句、空を飛んで逃げたのでした。

1,5mくらいの高さながらも、ネズミのサイズからしたら相当なもの。

立派に飛んだとほめてやりたい。

ほめたあと、あんなところに巣をつくるな、と説教してやりたい。

さて。

あとに残された巣の中からは、まだ目の開いていない小さな小さなネズミの子が6匹。

くにょくにょうごめいていました。おえっ。

ガス兄はあきらかに気持ち悪いわ~という感情を背中にこめて、

もくもくとネズミの子をつまみ出してくれました。

かすかにちゅーちゅーと鳴いてるネズミをビニール袋に入れて、

新しい給湯器を設置したあと、ガス兄は去ってゆきました。

ありがとう、ガス兄。

お湯は順調に出るようになったものの。

わたしの頭には、

「もしあの子ネズミ6匹があの中で成長していたら・・・・うぎゃ~!!」

と想像するのがクセになってしまい、当分気持ちわるさをこらえる日々が続きそうです。

ネズミがかわいいのは、ほんと、浦安の夢の国だけだと思いました。

それでは~


とりぶう


少しでも面白かったら、下をクリックで応援よろしくお願いします。とりぶうの絵が踊るよ!
FC2Ranking にほんブログ村 小説ブログ ショートショートへ blogranking 人気ブログランキング【ブログの殿堂】 クツログ
ショートショートとりぶうの読むコントの応援をお願いします。
あしたも、お待ちしております。! ブログパーツ 健康食品

コメントの投稿

非公開コメント

No title

お久しぶりです。
ネズミも多いですね。
以前勤めていた職場の車が、エアコンを付けると物凄く臭い事に。
恐らくボンネットから入ったと思われるネズミの死骸が、バンパー付近から出てきました。
最近では今の職場のエアコンから水漏れが、エアコンの中のホースを食いちぎられていました。

hajimeさん。

うわ~、それは災難!
エアコンはヤモリの被害にもよくあいますよね。
エアコン買いに行ったら、ヤモリの被害にも強いというのがうたい文句にあって、
ちょっと笑ってしまいました。
でもそこは大事だなと思いました。

逃げた親ネズミが戻ってこないことを祈ってます!
     カテゴリ

     登場人物
登場人物 とりぶう 登場人物 しかちく
とりぶう=わたし しかちく=夫 
登場人物 うさQ 登場人物 カメ氏
姉=うさQ 弟=カメ氏 

     最近のコメント

     最新記事

全記事表示


     月別アーカイブ

     携帯でどうぞ
QR

     おかげさまです