下手で意固地ショートショート とりぶうの読むコント~宮古島  下手で意固地 


下手で意固地

テーマ : 日記 ジャンル : 日記


みなさんこんにちは。

今の中高生は、男子でも家庭科が必修なんだとか。
わたしの時代、男子は技術、女子は家庭科とわかれていたので、時代だなあ、と思います。
わたしのころには、技術がなくってヨカッタとも思います。
わたしは技術などに必要な『モノヅクリ能力』がハンパなく低く、
作った本棚を「これは・・・・なんのオブジェだ?」と先生に絶句されること間違いないだろうからです。

しかし、家庭科は得意でした。
いつも5でした。
いつも5だったけど。
先生が見る目なかったとしか思えない。
そんな事実があります。

あるとき、編み物の授業がありました。
わたしは編み物大好き。
「上手!」といわれたことはなかったわりには、けっこう自信がありました。
自己過信能力も高いのが自慢です。(自慢にならん)

かぎ針編みでナベ敷きを作るという授業でした。
放射状に編んで、さいごお花が咲いたみたいな形になるやつです。
花びらの部分が8個、ぽこぽこと出てるようなデザイン。
それを二枚作って編み合わせる。
これを作りましょうということでした。

まず先生が実演。
それをみんなが輪になって眺めます。
その時点でわたしの心は上の空。
かぎ針編みなんてラクチン~
編み方なんか聞かなくても大丈夫~
色はどうやって組み合わせようかな~
先生の話をまるで聞かず、早く編みたい気持ちでいっぱいでした。
見切り発車という電車にいち早く乗れるのもわたしの特性。

先生が「さあ、みなさん始めてください」と言うが早いか、編み針を動かしはじめていました。
編み物が好きなだけあって、わたしは編むのが早いです。
早くてザツです。
ザツさがすごいです。
しかしだれよりも早く一枚目が出来上がりました。

そして、気付きました。

わたしの編んだやつ、花びらが9個ある!


アシンメトリー 2014 5・21




どこをどう間違ったか、花びらが9個。
8個ならきれいに並ぶところが、9個なので、かなりきゅうくつに見えます。
やべー。
と思いました。

しかし、何がイヤってやり直すこと。
編みなおし、という考えだけはありませんでした。
先生は、
「一枚目が出来たひとは二枚目編み始めてくださいね」
といいます。

わたしが取る選択肢はひとつ。
すなわち、二枚目も9個の花びらを作ること。

どこをどう間違ったかわからないまま、二枚目も不自然に編み目を増やし、9個の花びらを作りました。
そして二枚を編み合わせると、どこか波打ったブサイクなナベ敷きが出来上がりました。
うひゃ~
と思う出来。
でも、そのまま提出しました。
先生の評価は、
「配色がきれいですね」
ということ以外、花びらが多いことにはなにも触れられていませんでした。

そしてそのときも家庭科は5でした。
先生、ほんとにちゃんと評価してる!?と思いましたが、
人数が多いのでとくにちゃんと見てなかったのでしょう。
第二次ベビーブーム世代のラッキーなお話です。

ナベ敷きはかなりブサイクな出来でしたが、
わたしの特性のひとつとして、自分の作ったものには人一倍愛着を持つ、ということ。
人一倍下手くそなナベ敷きでしたが、ナベを敷くのはもったいないと思い、長いこと部屋に飾っていました。

そのうえ。
おそろしいことに、趣味でナベ敷き第二弾、第三弾も作りました。
そして部屋に飾っていました。
もちろん、花びら9個。
なんかしらんけど、こういうとこものすごく意固地です。

下手で意固地。
モノヅクリには向かんはずだなあ。

それでは~

とりぶう

少しでも面白かったら、下をクリックで応援よろしくお願いします。とりぶうの絵が踊るよ!
FC2Ranking にほんブログ村 小説ブログ ショートショートへ blogranking 人気ブログランキング【ブログの殿堂】 クツログ
ショートショートとりぶうの読むコントの応援をお願いします。
あしたも、お待ちしております。! ブログパーツ 健康食品

コメントの投稿

非公開コメント

     カテゴリ

     登場人物
登場人物 とりぶう 登場人物 しかちく
とりぶう=わたし しかちく=夫 
登場人物 うさQ 登場人物 カメ氏
姉=うさQ 弟=カメ氏 

     最近のコメント

     最新記事

全記事表示


     月別アーカイブ

     携帯でどうぞ
QR

     おかげさまです