『猿の惑星・新世紀』をみました。ショートショート とりぶうの読むコント~宮古島  『猿の惑星・新世紀』をみました。 


『猿の惑星・新世紀』をみました。

テーマ : 日記 ジャンル : 日記



みなさんこんにちは。

宮古島唯一の映画館、『よしもとパニパニシネマ』で映画を見ました。

この『よしもと』というのは、あの『吉本』。

吉本興業のよしもとです。

宮古島唯一の映画館が閉館の危機にあったとき、救ってくれた救世主がよしもとなのです。

ありがとう、吉本興業。

じわじわと日本全国がよしもと色に染まってゆくよ。

さて、見たのは『猿の惑星・新世紀』。

この間の『猿の惑星・創世記』の続きだとのこと。

この間のも映画館で見ましたが、

内容は猿が出てきたこと以外、ほぼ忘れていた。

ああ、わたしの脳みそが猿になってゆくよ。




猿の惑星 2014 9・22




前回のをまるで覚えてなかったけど、見てない人でも楽しめる内容だと思います。

この映画でなにが驚いたって、

一番最初に出てくる俳優さんの名前が、猿役の人だったこと。

えー、猿役の人まったく素顔出てないのに、破格の扱いだなあ、と思いました。

この猿役の人は、アンディー・サーキスという50歳のイギリス人らしいのですが、

ロード・オブ・ザ・リングのゴラムとか、アメリカ版のゴジラとか、大きさとか種類とかをこえて演じてらっしゃる。

幅広い役柄って、こういうことだなとなっとくしました。

あと、猿がしゃべる。

しゃべるけど、ゆっくりの英語なので、わかりやすい。

わたしにも安心レベルだったので、アメリカ人がみんなこの猿みたいな英語力だったらな、と思いました。

この映画のいちばんの見所は、一番はじめに出てくる俳優の名前が猿役ということと猿の英語力、

だけではなく、やはり、映像のすごさだとおもいます。

いままでならアニメでしか表現できながったであろう猿たちの生活。

すごいなあ~

とただただ画面に釘付けでした。

釘付けになったわりには、途中寝そうになった。

あぶね~。

さいきん、暗くなったら眠くなって。

赤ん坊か。

ということで、『猿の惑星』はきっとまた続編もできるだろうと思うので、見れたらいいなあと思いました。

きっとそのときも今回の内容はすっかり忘れてるだろうなあ。

それでは~


とりぶう


少しでも面白かったら、下をクリックで応援よろしくお願いします。とりぶうの絵が踊るよ!
FC2Ranking にほんブログ村 小説ブログ ショートショートへ blogranking 人気ブログランキング【ブログの殿堂】 クツログ
ショートショートとりぶうの読むコントの応援をお願いします。
あしたも、お待ちしております。! ブログパーツ 健康食品

コメントの投稿

非公開コメント

     カテゴリ

     登場人物
登場人物 とりぶう 登場人物 しかちく
とりぶう=わたし しかちく=夫 
登場人物 うさQ 登場人物 カメ氏
姉=うさQ 弟=カメ氏 

     最近のコメント

     最新記事

全記事表示


     月別アーカイブ

     携帯でどうぞ
QR

     おかげさまです