理想の最期と男の常識ショートショート とりぶうの読むコント~宮古島  理想の最期と男の常識 


理想の最期と男の常識

テーマ : 日記 ジャンル : 日記


みなさんこんにちは。

ミヤコヒキガエルは、宮古島でよく見るカエルなのですが。

生きてるところよりも、死んでるところを圧倒的によく見ます。

道を歩けば、かなりたくさんのヒキガエルが轢かれたカエルとなってお陀仏しています。

けっこうな大きさのものが多いので、これだけ大きくなるにはカエル時間にしてかなりの年月がかかっただろうから、こんな死に方で無念だろうなあと思うのですが。

ひょっとすると、ヒキガエルたちにとってみたら、それが『上がり』の形かもしれん。

若いヒキガエルたちは、

「オレも将来、ああやって車道の真ん中で、べたーっとして死にたい」

と思ってるのかもしれん。

人間にとってみたら、まるでうらやましくない死に方だけど、ヒキガエル界ではあこがれの死に方なのかもしれん。

そんなことを思っていた先日、ウォーキングの途中。

道端で座っているヒキガエル発見。

まったく動かないけれども、傷ひとつなく、生きてるのか?と思ってつついてみると死んでた。

弁慶かよ!

と突っ込みたくなった。




ヒキガエルの最期いろいろ 2014 11・20



ちなみに、弁慶は立ったまま死んだという伝説があります。

うそかほんとかしらんけど。

と思って調べてみると。

医学的に見て、それはありえんとか言うので、

医学的に見なければよかったのに、と思います。

しかし、あのカエルも座ったまま死ぬというのはどんな理由があってのことだろう?

病気?老衰?

死んだカエルに聞いても答えてくれないので、今度生きたカエルに聞けたら聞きたい。

ところで、今日。

家の前の道で鳥発見。

うずくまって、まったく動く気配がありません。

ハトよりも少し小ぶりの、イソヒヨドリだと思われます。

どうやら死んでいるもよう。

病気で死んだのか老衰なのか、それこそわかりませんが、ひっそりと落ちていました。

死にたてほやほやなのか、ふわふわの羽が風になびいてまだあたたかさすら感じさせました。

そのままにしておいたら犬や猫が食い散らかして大変だろうと思い、しかちくに言うと、

「犬は死んだ鳥は食べへん」

といいます。

横にいたカメ氏も、それは当然だ、というふうにうなずいています。

「じゃあ、猫に食べられるかもしれん」

というと、

「猫も死んだ鳥は食べへん。生きてるやつを狙う」

といいます。

「そうやで」

と同意するカメ氏。

なによそれ。

男の一般常識なん?

男はときどき、女がぽかんとするようなことを常識だといいます。

どこでそんな情報交換をするのかわからんけど、

体育の準備運動の最中とかに、

「犬も猫も死んだ鳥は食べないよな」

なんて会話をしてるんだろうか?

昔なら、葉巻とウイスキーを楽しむサロンなどで、

「キミ、知ってるかい?犬や猫って死んだ鳥は食べないのだよ」

とダンディなおじさまたちが話してたんだろうか?

そうやって男の常識というのは受け継がれているのかもしれん。

女が、

「SK-Ⅱは高いよねー」

とかいうのをトイレの鏡の前で話すみたいにさ。

とりあえず。

鳥の死骸をそのままにしておくわけにもいかないので、そっと火バサミでつまんでちりとりに入れました。

「軽っ」

と、思わず口にしてしまうほど、見た目よりもずっと軽かったです。

ニワトリはそんなに軽かった記憶がないので、

飛ぶ鳥は飛べるほど軽いんだな、とわかりました。

大きく見えるワシやタカも、ひょっとしたら思ったよりもずっと軽いのかもしれません。

わたしの常識に「飛べる鳥は思ったより軽い」という項目が追加されました。

だれかと共有したいと思いましたが、めぼしい人が思いつかないので、ブログに書いてみました。

みなさんの常識になればさいわいです。

できたら準備運動やトイレのときにでも広めてみてください。

それでは~


とりぶう

少しでも面白かったら、下をクリックで応援よろしくお願いします。とりぶうの絵が踊るよ!
FC2Ranking にほんブログ村 小説ブログ ショートショートへ blogranking 人気ブログランキング【ブログの殿堂】 クツログ
ショートショートとりぶうの読むコントの応援をお願いします。
あしたも、お待ちしております。! ブログパーツ 健康食品

コメントの投稿

非公開コメント

No title

トリって羽毛とるとカスカスだもんね・・・

とりぶうさんとこは モコがいるでないですか 笑)

毛をむしれって言って無いからね 笑)

軽いって話よ!!!! ( ̄▽ ̄)!


こちらでは川や田んぼに産んだ卵が孵化してカエルになる梅雨時期に雨が降ると道路を横断して引かれるカエルが続出です

立って死んではいませんけどね


イノぶたさん。

そうそう、鳥って案外身はすかすかなんだよね~。
モコは小さいから軽いのだなあと思ってたんだけど、
死んでたのは、モコの3倍以上ある鳥だったんだけど、
軽さはモコの2倍くらいしかなかったように思えて、
軽!と思ってしまいました!
かえるの死は、イノぶたさん地方でも風物詩なんだね~!
     カテゴリ

     登場人物
登場人物 とりぶう 登場人物 しかちく
とりぶう=わたし しかちく=夫 
登場人物 うさQ 登場人物 カメ氏
姉=うさQ 弟=カメ氏 

     最近のコメント

     最新記事

全記事表示


     月別アーカイブ

     携帯でどうぞ
QR

     おかげさまです