プロポーズでの禁句ショートショート とりぶうの読むコント~宮古島  プロポーズでの禁句 


プロポーズでの禁句

テーマ : 日記 ジャンル : 日記



みなさんこんにちは。

『夫唱婦随』というのは夫が言い出し、妻がそれに従うということで、

仲良い夫婦を言い表すことばとして使われます。

夫が妻を引っ張ってゆくというのは、理想的な関係だと思われています。

たとえば結婚の許しを得るために、男が女の親にあいさつにゆき。

「娘さんをしあわせにします!」

というのは、よくあることでしょう。

げんに、わたしが楽しみにして聞いているラジオ番組、『それゆけ!メッセンジャー』でも、

昨年40歳で結婚した六車(ろくしゃ)奈々さんが、ダンナはそういって両親にあいさつに来たと言ってました。

しかしまだ新婚さんなのに、まるで自分はしあわせではない!と言い放っていました。

それをうけて、メッセンジャーのあいはらさんは、

「しあわせにします、とか言うたらあかんって。そんなんオレはこわくてよう言わん」

みたいなことを言ってたので、たしかにそうだなと思ったしだいです。

しあわせにするって、もうそれはそれは気が遠くなるようなことで、なかなか満足するということはありません。

そのうえ、女というものは年々なぜか強くなるらしい。

ゆめゆめ「しあわせにします」なんて約束はしないほうがいいような気がします。

わたしも自覚はないですが、年々怖いものがなくなってる。

たぶんそれを強くなってるというのだな。

ところで。

じつはわたしは、「しあわせにする」と言った側の人間です。

しかちくがごちゃごちゃ迷っていたときに、

「あたしがあんたをしあわせにするから!」

と言ってしまったので、そのことばに責任をもつために、毎日毎日しかちくをしあわせにしようと奮闘しているのです。

そのひとつに。

しかちくをホメる、という行動があります。

ずっとダイエットをがんばっているしかちく。

「あんなに毎日走ってるのに、まったく痩せへん」

と嘆くので、

「しかちゃん、やせてる!確実にやせてる!あたしは毎日のように見てるからわかる!
おなかまわりがものすごくスッキリした!」

と盛大にホメています。






信じるべきか疑うべきか 2015 2・4

しかし。

しかちくはまるでそれを信用しません。

嫁のいうことを信用しなかったら、何を信用するってんだ?

と思うわたしを尻目に、しかちくは遠い目。

「だってとりぶうは今はそうやって痩せたっていうけど、晩酌のときには、
『ぷとっちょ』とか『ポヨ吉』とか言う」

と不満げ。

ああ、そうだ。

たしかにそういう発言をしていた。

しかしそういう発言をするときは、きまってある出来事が関連しているのです。

それはしかちくが食べ物を余分に食べてしまったとき。

わたしの中のイジキタナインがそういう発言を促しているのです。

しかちくをしあわせにするということに使命感は抱いているものの。

それをおこなうわたし自身がやせ衰えては元も子もない。

まず自分が健康でいなければ、人をしあわせになどできない!

と、思うことにして、今日も食べ物の取り合いを繰り返しています。

そうして、まずわたしがしあわせを実感することにしています。

わたしがしあわせにいることが、しかちくのしあわせなのだなあ。

以上、『我田引水』の説明でした。(『夫唱婦随』は?)

それでは~


とりぶう

少しでも面白かったら、下をクリックで応援よろしくお願いします。とりぶうの絵が踊るよ!
FC2Ranking にほんブログ村 小説ブログ ショートショートへ blogranking 人気ブログランキング【ブログの殿堂】 クツログ
ショートショートとりぶうの読むコントの応援をお願いします。
あしたも、お待ちしております。! ブログパーツ 健康食品

コメントの投稿

非公開コメント

     カテゴリ

     登場人物
登場人物 とりぶう 登場人物 しかちく
とりぶう=わたし しかちく=夫 
登場人物 うさQ 登場人物 カメ氏
姉=うさQ 弟=カメ氏 

     最近のコメント

     最新記事

全記事表示


     月別アーカイブ

     携帯でどうぞ
QR

     おかげさまです