巨人の星の歌はすごい!・・・こともないのであるショートショート とりぶうの読むコント~宮古島  巨人の星の歌はすごい!・・・こともないのである 


巨人の星の歌はすごい!・・・こともないのである

テーマ : 日記 ジャンル : 日記


みなさんこんにちは。

金曜日は文鳥モコの日記です。
「吾輩はモコである」の日。


吾輩はモコである。
白い尾羽がやっと生えてきた文鳥である。
人間たちと生活しはじめて1ヶ月あまり。
しかちくととりぶうのアホな会話を聞いてはあきれる毎日である。

今日もしかちくととりぶうは、ジョギングに行ったといい自己満足にひたっていた。
「今週は5回中4回走れたから、ほぼ満願やな」
「8割満願」
満願とは10割で言うものであると思うが、8割満願という造語まで持ち出して自分たちをほめる。
能天気な生き物である。

とりぶうはいつもあまりためにならないことを考えてはしかちくに問題提起している。
今日は『巨人の星』の歌のことをつらつらと語っていた。
「あのさあ、『巨人の星』の歌ってかなりすごくない?
血の汗流せ、涙をふくな、やで?
昔の歌はすごいよな。
血の汗って、カバかよ、ちゅうねんな」
とりぶうはなにかすごい発見をしたかのような言い方である。
そして言い草がガサツである。




血の汗 2015 3・6



しかちくは少し考えた後、
「血の汗だけやろ、すごいの」
と冷静にかえす。
この男はかおつきはぼんやりとした童顔であるが、話しぶりは冷静である。
たぶん、知らずに食べたシューアイスというのもこんなものであろう。
シュークリームかとおもったら、冷たかったというような意外性があるのだ。

とりぶうはしばらく『巨人の星』の歌を歌ったあと、
「あ、ほんまや。血の汗流せ、涙をふくな~、ここだけやな」
とすぐに自分の論を撤回する。
「いうたら、血の汗の部分だけやで。すごいの。
涙をふくな、ていうのはべつにすごいことないで。
涙を流すな、だったらしんどいけど、涙は流してええねん。
ふいたらあかんだけで」
しかちくが、しごくまっとうなことを言う。
「ほんまやなあ。涙は流してええんだったら、けっこうやさしい歌やん」
とりぶうが目を丸めて言う。
どこがやさしい歌なのかよくわからん。
血の汗のことはすっかり忘れているらしい。
人間たちの会話はだいたいがアホらしい。





モコはひょっとしたらメスかもしれない、とさいきん思います。


それでは~


とりぶう

少しでも面白かったら、下をクリックで応援よろしくお願いします。とりぶうの絵が踊るよ!
FC2Ranking にほんブログ村 小説ブログ ショートショートへ blogranking 人気ブログランキング【ブログの殿堂】 クツログ
ショートショートとりぶうの読むコントの応援をお願いします。
あしたも、お待ちしております。! ブログパーツ 健康食品

コメントの投稿

非公開コメント

     カテゴリ

     登場人物
登場人物 とりぶう 登場人物 しかちく
とりぶう=わたし しかちく=夫 
登場人物 うさQ 登場人物 カメ氏
姉=うさQ 弟=カメ氏 

     最近のコメント

     最新記事

全記事表示


     月別アーカイブ

     携帯でどうぞ
QR

     おかげさまです