ワカヤマモノガタリ(1)ショートショート とりぶうの読むコント~宮古島  ワカヤマモノガタリ(1) 


ワカヤマモノガタリ(1)

テーマ : 日記 ジャンル : 日記


みなさんこんにちは。

今週は和歌山帰郷ばなしです。

年取るとそんなに驚くことがなくなると思っていたのですが。

子どもの成長ぶりには目を見張るものがあります。

3年前にまだわたしと同じくらいの身長だった中3の甥っ子。

彼の母であるわたしの妹も、168センチの長身なので、

甥っ子も大きくなるだろうとは思っていました、

中学2年ごろから、伸びてきた伸びてきたとは聞いてたのですが、

伸びた。

伸びて伸びて、183センチ。

関西国際空港でひとしきり驚いた。

でかっ!

でかっ!

でかっ!

とくちぐちに見上げた。

でかっ、ばかり言ってたので、ひょっとすると日本にやってきたばかりの外国人は、

「オー、日本では久しぶりにあったときには『でかっ』というあいさつスルネ~」

と思ったに違いありません。

逆に、妹にとってみたら、ひさしぶりに会うカメ氏の変貌ぶりに仰天。

「カメ氏・・・・・!」

と絶句してた。

たしかに3年前のカメ氏はまだちょいポチャで、お調子者雰囲気が満載。

それが身長も甥っ子ほどではないものの、173センチに伸び、

顔がしゅるるるっとやせて小さくなり、声変わりもしたため、

かわいげのかけらもなくなってしまったので、絶句するのもムリはない。

お互いの子どもを見ては、なにかしらとりもどせない絶対的な時間が過ぎたことを確認したような再会でした。




でかっ! 2015 3・18


さて。

宮古島にいると、制限速度40キロを20キロで走るおばーなどがいるので、

50キロを超える速度で走ると、

「飛ばすなあ~」

と思ったりするのですが。

和歌山に帰る高速道路で久しぶりに80キロ超えのスピードを体感し、

本来、自動車というものはこんなに速いスピードで走れるものなんだなあと妙に納得しました。

子どもたちも、

「対向車が速い!こわい!」

とはじめて高速道路に乗った未開の地からの珍客みたいな反応をしていました。

そして、山を見ては「山!」と叫び、川にさしかかったら「川!」と感動し、トンネルをくぐっては「トンネル!」と顔をほころばせ、はじめての光景ではないのに、はじめて見るように新鮮にうつりました。

子どものころ。

山ばかりのこの光景はそのまま閉塞感につながり、遠くに連なる山脈は、おいそれとここから逃げ出せると思うなよ、とわたしを縛り付けていたように感じていました。

この重々しい山々の向こう側、開けた場所に行きたい。

切望していました。

それなのに。

長い時間を経て眺める光景は、ひたすら日本の初春風景でしかなく、むしろよそよそしいくらいに美しく感じたのです。

それは和歌山にも着実に開発の手が伸びていて、この風景が変貌することが必然であるとわかっているからかもしれません。

ちょうど、3年前にはまだあどけなさが残っていた甥っ子のように。

さて。

この帰郷にあたり、母から「何が食べたい?」と聞かれていたので、

「寿司!」

と答えていました。

宮古島では生のアジやサバなどが手に入りにくく回転寿司もないので、ぜひ気軽ににぎり寿司を食べたいと思っていたのです。

しかちくは、

「ちらし寿司とカン違いするんちゃう?」

といいましたが、

「そんなことないと思うで。お寿司っていうたらにぎりやろ」

と気に留めていなかったのですが。

前日に妹から、

「お母ちゃんはお寿司作る気まんまん」

みたいなメールが届き、

「ああ、こんなところに落とし穴が!」

と思いました。

たしかに、お寿司といえば昔は家でつくるもの。

世代によって寿司の概念もかわるものだなあとおどろいた出来事でした。

つづく

それでは~


とりぶう


少しでも面白かったら、下をクリックで応援よろしくお願いします。とりぶうの絵が踊るよ!
FC2Ranking にほんブログ村 小説ブログ ショートショートへ blogranking 人気ブログランキング【ブログの殿堂】 クツログ
ショートショートとりぶうの読むコントの応援をお願いします。
あしたも、お待ちしております。! ブログパーツ 健康食品

コメントの投稿

非公開コメント

本当に

子供って親より大きくなるんですよねw
自分もそうなんだけどね。
実際体験すると不思議です。


いやー。
宮古島って車、遅いんだ。

ごめんなさい。
冬道を制限以下で走っているだけで遅く感じてしまいます。

大きな声では言えませんが、
(まして文章には絶対書けませんが)
場所によっては一般道も高速道路並に流れています。

のぶちんさん。

北海道では車、速いでしょうね~!
宮古島は急いでも急がなくてもそんなに時間がかわらないくらいせまいので、
急ぐ必要がないのですよね。
北海道だったらきっとわたしも飛ばしたくなるだろうな~。
でも雪道以外で!
     カテゴリ

     登場人物
登場人物 とりぶう 登場人物 しかちく
とりぶう=わたし しかちく=夫 
登場人物 うさQ 登場人物 カメ氏
姉=うさQ 弟=カメ氏 

     最近のコメント

     最新記事

全記事表示


     月別アーカイブ

     携帯でどうぞ
QR

     おかげさまです