歩く田舎と進化論であるショートショート とりぶうの読むコント~宮古島  歩く田舎と進化論である 


歩く田舎と進化論である

テーマ : 日記 ジャンル : 日記



みなさんこんにちは。

あっというまに金曜日。
金曜日はモコ目線の日記です。



吾輩はモコである。

文鳥である。

しかちくはとりぶうの顔を見て、しみじみと、
「素朴やなあ」
という。
「ほんま、素朴やわ」
と感に堪えないふうに言うのである。

素朴というのはほめ言葉なのだろうか。
吾輩には、「歩く田舎」と言ってるふうに聞こえる。

歩く田舎といえば、とりぶうはやたら思い出が田舎者感にあふれている。
検便の思い出にしてもそうだし、昨日はバームクーヘンの思い出を語っていた。

なんでも、子供のころ、買い物をしたらもらえるスタンプがあった。
町内だけで通用するやつで、台紙にそれを貼ってゆき、たまったら500円になるという。

あるとき、それがたまったらしい。
家族で協議した結果、それでバームクーヘンを買おうという結果になり、近所の店で購入。

まな板の上できっちりと切られたバームクーヘンを手に取ったときの感動はいまだに忘れられない、と語っていた。

しかちくは、
「そんな思い出あってええなあ」
となにやらうらやましげですらある。
そして、
「絶対、子供のころは貧乏のほうがええで」
という。

とりぶうもまんざらではなさそうである。
「田舎者」
「貧乏人」
といわれたら怒るわりには、こんなときには自慢げなのだ。
勝手なものである。

とりぶうは週に一回、日用品の買い物にゆく。
この前行ったときには白い小さな容器を買ってきた。

まさかの吾輩のえさ入れなんだとか。




グッズ充実 2015 4・17



最初は得体の知れないものだと思ったが、えさに罪はない。
食べてみると、安定感があってなかなかよい。

えさ、といえば。
先週来、しかちくはぎっくり腰になっていた。

年に一度はやるらしい。
たぶん年中行事のようなものだ。

しかちくはまるでゴリラのように歩いていた。
顔もゴリラに見えてきて仕方がない。

朝、娘のうさQが、しかちくの食べるバナナとキウイを見て、
「しかちゃんのえさ?」
というのにはなるほどたしかにそんな感じだ、と思った。

しかちくはこのごろようやく人間らしさを取り戻したのか、ゴリラ歩きがなくなった。
とりぶうが「歩く田舎」だとすれば、しかちくは「歩く進化論」である。








モコは人の足音が聞こえると、よく鳴きます。


それでは~


とりぶう

少しでも面白かったら、下をクリックで応援よろしくお願いします。とりぶうの絵が踊るよ!
FC2Ranking にほんブログ村 小説ブログ ショートショートへ blogranking 人気ブログランキング【ブログの殿堂】 クツログ
ショートショートとりぶうの読むコントの応援をお願いします。
あしたも、お待ちしております。! ブログパーツ 健康食品

コメントの投稿

非公開コメント

     カテゴリ

     登場人物
登場人物 とりぶう 登場人物 しかちく
とりぶう=わたし しかちく=夫 
登場人物 うさQ 登場人物 カメ氏
姉=うさQ 弟=カメ氏 

     最近のコメント

     最新記事

全記事表示


     月別アーカイブ

     携帯でどうぞ
QR

     おかげさまです