枯渇は悪くないのであるショートショート とりぶうの読むコント~宮古島  枯渇は悪くないのである 


枯渇は悪くないのである

テーマ : 日記 ジャンル : 日記



みなさんこんにちは。

金曜日、は、モコの日記。

吾輩はモコである、といいながらわたしのことばですが、モコ目線で語ります。



吾輩はモコである。
文鳥である。

暑いのである。

ひたすら、暑いのである。

暑いと文鳥は水浴びをするのである。

水浴びは最近の吾輩の楽しみなのだが、時々、とりぶうは吾輩を外に出す時間が遅れる。

あれは困る。

吾輩は午後12時にはもう放鳥される気まんまんなのに、ちんたらちんたらされると腹が立つ。

腹が立つので、鳴いてやる。

鳴いても放鳥しないときには、かごの扉の近くで出待ちをしてやる。

すると、とりぶうもしかちくもなにやら大喜びなのだ。

「モコ最近、なついてきたな」

「出待ちしてる、見て!」

喜んでる間があるなら早く出せといいたい。

ようやく出されて水浴びをすると、ほっとする。

吾輩の羽は水を欲していた。

枯渇していた。

何度も水浴びをしていると、とりぶうは大喜び。

「モコ、よっぽど暑かったんやろな。
めっちゃ盛大に水浴びしてる」

能天気なことを言ってる。




枯渇である 2015 5・15




しかしながら、である。

なにごともがまんの後は至福である。

暑い暑いとがまんしたあとの水浴びは、誰が何と言っても最高きわまりない。

そういえば、こんな話がある。

刑務所暮らしの長かったAという男。

しかちく実家のレストランにやってきたらしいのだが、40歳前後であるが刑務所暮らしのほうが人生長いというタイプの男。

もちろん、やくざである。

その男が、出所してきてまもなく「女神に出会った」と興奮気味に言ったそうだ。

金を介在した女ではあるが、極上の女だという。

「あんなにいい女はいない。まさに女神とはあれだ」

と豪語し、店にもつれてくると言って、後日つれてきた。

その女を見て、しかちくもとりぶうも絶句したそうである。

やってきたのは20歳くらいの若い女。

小柄で小太り。

女神というよりも、ちっちゃい相撲取りのような見た目。

しかし女は見た目ではない。

彼女の女神の部分を探そうと観察していたが、ずっと携帯電話をいじってむすっとした表情。

Aだけがしきりに女の機嫌をとって、饒舌にしゃべっている。

女はとくにうれしそうでもなく、仕事だから仕方がないとでもいうような感じなのである。

これはまさに枯渇である。

長い間、女と接してなかった男。

目にすることもほぼなかったとしたら、どんな女でも女神に見えるのだろう。

思いっきり腹を減らして飯を食うのと同じ。

枯渇は、しあわせ感を強く感じさせるものであるのである。





モコは放鳥してもおとなしくじっとしてることが多いので、ときどき出してることを忘れます。

文鳥も性格いろいろあるんだなあ。


それでは~


とりぶう


少しでも面白かったら、下をクリックで応援よろしくお願いします。とりぶうの絵が踊るよ!
FC2Ranking にほんブログ村 小説ブログ ショートショートへ blogranking 人気ブログランキング【ブログの殿堂】 クツログ
ショートショートとりぶうの読むコントの応援をお願いします。
あしたも、お待ちしております。! ブログパーツ 健康食品

コメントの投稿

非公開コメント

     カテゴリ

     登場人物
登場人物 とりぶう 登場人物 しかちく
とりぶう=わたし しかちく=夫 
登場人物 うさQ 登場人物 カメ氏
姉=うさQ 弟=カメ氏 

     最近のコメント

     最新記事

全記事表示


     月別アーカイブ

     携帯でどうぞ
QR

     おかげさまです