高2、窒息寸前の夏ショートショート とりぶうの読むコント~宮古島  高2、窒息寸前の夏 


高2、窒息寸前の夏

テーマ : 日記 ジャンル : 日記


みなさんこんにちは。

夏服の時期になると、気になるのがニオイ。

そして、ニオイとなると思い出すのが高校生のころの化学の時間です。

あれは高校2年のとき。

化学は選択科目だったのか、となりのクラスと合同でした。

化学室で授業は行われたのですが。

座る席が一年間固定。

男女交互でした。

くじびきだったのか、出席番号順だったのか忘れましたが、

わたしはとなりのクラスの名前忘れたけど仮にB君としておきますが、彼のとなりでした。

テーブルは三人用なので、真ん中にB君を挟んで、両脇にわたしともうひとりの女子でした。

B君はそのときに初めて見た男子。

背は高いのですが、見た目も雰囲気も、普通中の普通。

アクが強いわけでもなく、おしゃべりでもなく、イケメンでもなく、よくいる高校生男子でした。

良くも悪くも、まったく心ときめくこともなく、普通に授業に集中できたのですが、それは5月まででした。

暑さが増してくる季節になり、だんだんみんな下敷きであおぎだすころになると。

なんか、くさいなあ。

と思うようになりました。

化学室に来ると、なんかくさい。

最初それはちょっとしたさざなみのような疑念でした。

ひょっとしたら化学の実験のあとのにおいかなにかなのか、と思いました。

しかしすぐに衣替えがあり、わかりました。

普通中の普通のはずだったB君。

彼から漂ってくるにおいが、尋常じゃなくくさいのです。

クーラーもない教室。

暑いので窓を開けるのですが、風はかならずB君を通り越してやってくるので、わたしのところににおいがダイレクトに伝わり、そのたびに息を止めるので、苦しくてたまりませんでした。

しかし息をするとくさい。

わたしは化学の時間中、口呼吸でひっそりと息をしていました。





ちっそく寸前 2015 5・19




B君のにおいは、ワキのにおいとも違い、なにか絶妙のくささ。

夏がいきおいをましてくると、B君のにおいも絶好調。

しまいにわたしは化学の時間が憂鬱になるくらいでした。

B君自体は悪い人ではないのですが、においがもう悪意がただようくらいの殺傷能力。

さすがにこのニオイ、他の人は気づかないのか、と思い、

B君と同じクラスの友だちにそれとなく聞きました。

友だちは、

「ああ、わかる~。Bくんちょっとくさい。歯クソのにおいする~!」

と同意してくれました。

ああ、歯クソのにおい!

わたしはひざをうちました。

歯クソのにおいをお伝えするのは難しいですが、

「そうそう、ホンマにそう!」

とわが意を得たうれしさがありました。

それ以来、化学の時間になると、心の中で、

「あ~、今日も歯クソのにおいと格闘や・・・」

と気持ちが沈みましたが、ニオイに名前をつけたことで不思議とすこし心が軽くなりました。

そのうち、秋になり、冬になり、ニオイもだんだん気にならなくなりました。

ほんとうに、ほっとしました。

寒くなるのが喜ばしいくらいでした。

B君はそのうちだれかにそれを指摘されたのか、はたまた、指摘されないまま青春を乗り越えたのか、

それはわかりませんが。

夏になると、ときどき、高校時代ニオイをがまんしてた苦しさを思い出すんだなあ。

それでは~


とりぶう

少しでも面白かったら、下をクリックで応援よろしくお願いします。とりぶうの絵が踊るよ!
FC2Ranking にほんブログ村 小説ブログ ショートショートへ blogranking 人気ブログランキング【ブログの殿堂】 クツログ
ショートショートとりぶうの読むコントの応援をお願いします。
あしたも、お待ちしております。! ブログパーツ 健康食品

コメントの投稿

非公開コメント

     カテゴリ

     登場人物
登場人物 とりぶう 登場人物 しかちく
とりぶう=わたし しかちく=夫 
登場人物 うさQ 登場人物 カメ氏
姉=うさQ 弟=カメ氏 

     最近のコメント

     最新記事

全記事表示


     月別アーカイブ

     携帯でどうぞ
QR

     おかげさまです