花ことばショートショート とりぶうの読むコント~宮古島  花ことば 


花ことば

テーマ : ショートショート ジャンル : 小説・文学
(2)

仲間と花火をすることになった。タマヨとヒナコは、買出し係りになった。

「ぱーっと、もりあがるやつ、たくさん買おうよ。でも、じつは、線香花火とかもすきなんだ。」

「あ、わかるー。はずせないよね、あれは。」

タマヨたちはあれこれ言いながら、たくさんの、とりどりの花火を買い込んだ。

 待ち合わせの公園に行くと、もうみんな集合していた。

「おまたせー。いっぱい買ってきたよー。」

タマヨたちが、両手いっぱいの袋をかかげると、おー、待ってました、と声があがった。

「まずは、景気付けに、打ち上げ花火といきますか。」

タマヨが、空き缶に打ち上げ花火をセットして、点火した。

 みんな今か今かと、すこしからだを縮めて待っていると、

「うーちあがりまーすうー」

という金切り声があがった。打ち上げ花火は、燃えつきていたが、缶に残ったままだった。

「何、今の。」

みんな口々に、誰がいま叫んだんだろう、といぶかしがった。

「仕切りなおし。つぎ、ふきあげ花火、いくよ。」

タマヨは、みんなからすこし離れたところに、花火をたてて、導火線に火をつけた。導火線は、ぱちぱちと順調に燃えていく。今度こそ、と期待していると、

「ブウーシュウーッ、 燃えるよ、 燃えるよ、 はじけるよ! ぱーちぱちぱち、 きいろ、 きいろ、 きいろ、 あか、 あか、 あか、 どいてて、 どいてて、 あぶないよ、きん、 きん、 きん、 火の粉がとぶよ! お、 みどり、 みどり、 みどり、 以外に、 むらさき、 ぱーぷる、 ぱーぽー、 とびちり、 とびちり、 あれ、 しぼむ! おー、 きえますきえます、 しゅるしゅるしゅるしゅるうー」

と、花火が叫んだ。ひとつも、火を上げない。

「・・・・。」

「やーっだーっ、なあにい、これー、花火がしゃべってるうー!」

と、みんな大興奮になった。買ってきた花火には、こう書いてあった。

『花ことば:注:これは花火ではありません。しかし、あそび方法は花火とおなじです。かなり大きな声がでますので、まわりの迷惑にならないようにご注意ください。』

「花ことば、だって!かんっぜんに、『花ことば』の使い方、間違ってるよね。」

「うん。でもおもしろいよ、これ。」

そうだそうだ、とみんなもはしゃぎ、めいめい好きな花火、いや花ことばを手に持って遊び出した。

「しゅるしゅる、あ~、目が回る~、しゅるしゅる、これにてごめん!んぱっ」

「ざあー、ちょっと高級~、手持ちはなび~、ごーるど、ごーるど、お、ぷらちな~、ぷらちな~、あ~、ぎんいろの、あめ~。」

あちこちで花ことばが叫び、うるさいのなんの。

 ヒナコはひっそり、線香花ことばに、火をつけた。

「・・ぱち、あんたのきもち、わかる、ぱ、うん、ぱ、せつないねえ、ちちち・・・うーん、ぽと」

少しでも面白かったら、下をクリックで応援よろしくお願いします。とりぶうの絵が踊るよ!
FC2Ranking にほんブログ村 小説ブログ ショートショートへ blogranking 人気ブログランキング【ブログの殿堂】 クツログ
ショートショートとりぶうの読むコントの応援をお願いします。
あしたも、お待ちしております。! ブログパーツ 健康食品

コメントの投稿

非公開コメント

花ことば1号

真っ暗な中で
べらべらしゃべっている。

火が出ないけど
火はつけている。

傍から見ると
けったいななあ!

おもしろいよ。

かきあんさん。

コメントゼロのところにコメントしてくれると、うれしいです!
花ことばはわたしもけっこう気に入ってるんです!

この花火は売れるかも

いま時分は、お盆で大忙しでしょうか。私は会社社宅がある千葉県成田市から実家のある福島県いわき市に移動しました。日ごろ込まない常磐道が、ETC割引サービスの影響で大渋滞になってしまいました。おのぼりさんの宿命ですかねえ。
 この花火、おもしろい。ちょっと欲しくなるかも。
     カテゴリ

     登場人物
登場人物 とりぶう 登場人物 しかちく
とりぶう=わたし しかちく=夫 
登場人物 うさQ 登場人物 カメ氏
姉=うさQ 弟=カメ氏 

     最近のコメント

     最新記事

全記事表示


     月別アーカイブ

     携帯でどうぞ
QR

     おかげさまです