わからなくてもよいのであるショートショート とりぶうの読むコント~宮古島  わからなくてもよいのである 


わからなくてもよいのである

テーマ : 日記 ジャンル : 日記


みなさんこんにちは。

金曜日ですね。

先週金曜日そういえば台風だったな。

あれから一週間。

台風の名残はわたしの手首の痛みとして残っている。

毎日腕立て伏せしてたのに、いざというときには筋肉はなにも役に立たないのだな。

ま、5回じゃだめか。

さて金曜日はモコ日記。

モコ目線で語ります。




吾輩はモコである。

文鳥である。

暑いときには水浴びに限る。

午後の水浴びどきは吾輩の至福のとき。

水浴びをしたあと、とりあえず落ち着く。

やれやれ。

眠くなる。





とりあえず落ち着く 2015 7・17



今日もとりあえず水浴びしたあと、ふと外を見ると、庭にキジバトのつがいがやってきいる。

暑いのに外でいなければならない野鳥というものは気の毒ではある。

しかし、自由があるぶん吾輩よりもしあわせなのかもしれぬ。

こういう議論に結論はない。

議論したところで境遇を変えられるわけでもない。

知らぬほうが精神衛生上よいことが多いので、お互い遠くで眺めて想像するしかないのである。

さてそのつがいであるが、暑いさなかなので一羽は木陰で涼んでいる。

しかしもう一羽は陰のまったくない敷石の上で羽を広げている。

日中の、いちばん日が高い時間、熱々に熱せられたであろう敷石に、足を置くだけでも熱いだろうに、羽を広げて座り込んでいる。

そのかっこうはなにかユーモラスである。

羽をいっぱい広げて乾かしているのだろうか?

しかし、今日は雨の気配もない。

まったく謎である。

陰バトのほうもきっと「あいつ何やっとんねん」と思ってるに違いない。

そして日バトのほうは陰バトの行動が理解できなくて「いつも陰でうじうじしてる」と思っているのであろう。

夫婦というのはそういう部分があっても成り立っている。

とりぶうとしかちくの夫婦もそんなことがあったらしい。

先日、しかちくはカキ氷ぜんざいなるものを食べた。

しかちくいわく、「ぜんざいはカキ氷に限る」らしいが、とりぶうはまったく逆。

「ぜんざいはあったかいほうがいい。そのうえ、豆はいらん。白玉だけあればいい。
いや、むしろ白玉があればぜんざいさえいらん」

という。

しかちくは「そんなんまったく問題外」とのことでまるで平行線なのである。

しかし別段、生活に差し障りはない。

おたがい自分の選択はベストと思っている。

それはきっと、自分のパートナーに対してもそうなのだろう。

へんてこな趣味だな、と相手を揶揄すれば、それはブーメランとして自分の身に返ってくる。

相手の趣味には口出ししないのが得策なのである。






モコは放鳥すると、少しずつ距離が近くなってきました。

飛ぶときにはわたしたちの頭すれすれで飛ぶので、ちょっとびびるんだなあ。


それでは~


とりぶう


少しでも面白かったら、下をクリックで応援よろしくお願いします。とりぶうの絵が踊るよ!
FC2Ranking にほんブログ村 小説ブログ ショートショートへ blogranking 人気ブログランキング【ブログの殿堂】 クツログ
ショートショートとりぶうの読むコントの応援をお願いします。
あしたも、お待ちしております。! ブログパーツ 健康食品

コメントの投稿

非公開コメント

もしかすると

モコはとりぶうさんのどのくらいすれすれを飛べるのか挑戦しているのかも知れない。
私がモコなら挑戦する!

このろくでもない類の挑戦をしては妻に怒られているが、
突如突いてきて「愛情表現」と言う妻も似たようなものである。

まあ、夫婦なんてこんなものですよね?(^o^)

(おかしな同意を求めるな!(^_^;))<神の声>

のぶちんさん。

そうそう、夫婦ってオカシナものですよね~
他人からすれば???な行動が、愛情表現だったりします。
きっとモコも愛情表現なのかもしれないです。
でも髪の毛がふぁさっとゆれるくらいすれすれなので、
こっちはひやひやします!
     カテゴリ

     登場人物
登場人物 とりぶう 登場人物 しかちく
とりぶう=わたし しかちく=夫 
登場人物 うさQ 登場人物 カメ氏
姉=うさQ 弟=カメ氏 

     最近のコメント

     最新記事

全記事表示


     月別アーカイブ

     携帯でどうぞ
QR

     おかげさまです