たま子(仮名)ちゃんのひとことショートショート とりぶうの読むコント~宮古島  たま子(仮名)ちゃんのひとこと 


たま子(仮名)ちゃんのひとこと

テーマ : 日記 ジャンル : 日記



みなさんこんにちは。

大家族で育ったためか、わたしは自己主張が激しいです。

だまってると、だれも相手にしてくれない状況だったので、

いきおい、

「あたしが、あたしが、あたしも、あたしも」

という主張が激しくなっているのだと思っていました。

それはある意味当たってるところもありますが、

ときどき、わたしと同じような境遇で育ってるのに、自己主張が適切な感じで、落ち着いてる人を見ると、

あれ?

と思います。

あなた金持ちだったのね?

と、なにか余分なよいものがあったに違いない、と難癖をつけようと思うのですが、

そうでないことも多いので、

結局、生まれもった性質が大きいのだろうな。

と思います。

さて。

小学校のころ、ひとつ下にたま子(仮名)ちゃんという子がいました。

たま子ちゃんはぽっちゃりしていて動きが大型動物のようにゆっくり。

お笑い芸人の「響」のぽっちゃり担当の人がやる女の子のような髪型。

色白でほっぺが赤く、目がぱっちりしていて、唇も赤く、

なんというか、キューピー人形をおかっぱにしてぽっちゃりさせたみたいな、

思わず、にこっとしてしまうような愛らしい見た目だったのです。

しかしそのたま子ちゃん。

まったくしゃべらなかった。




たま子(仮名)ちゃん 2015 10・27



小さい小学校だったので、話しかける機会も多かったのですが。

たま子ちゃんが入学してきてずいぶんたっても、だれもたま子ちゃんの声を聞いたことがありませんでした。

話を理解していないかというと、そうでもないようで、

首をふったりうなずいたりはできるようす。

いつもじーっとして、大きな目をゆっくりと左右に動かして、

ほんとうになにか動物みたいな動きだったので、

わたしはたま子ちゃんを見かけたら、観察せずにはいられませんでした。

そのうち。

たま子ちゃんにはお母さんがいなくて、ほとんどしゃべらないおばあちゃんに育てられたために、あまりしゃべれなくなったのだ、

といううわさが立ちました。

なるほど。

大家族で、まわりがよくしゃべるから、わたしがおしゃべりなように、

ほぼしゃべらない人に育てられたら、ほぼしゃべらない子になるのだな、

と理解しました。

今思うと、きっとそれ以外の理由があるはず。

現に、たま子ちゃんのお兄ちゃんはいたって普通に話していたので、おばあちゃんが原因とは思えないのですが。

当時はみんなそれを信じていました。

ある日の放課後。

校庭で友だち数人とゴムとびをしていたとき、

たま子ちゃんがじーっとわたしたちを見ていました。

大きな目を左右せずに、ひたすらじーっと見ているので、

「たま子ちゃんもゴムとびに入れたげる?」

と友だち同士で相談。

「たま子ちゃん、ゴムとびいっしょにやる?」

と聞きました。

たま子ちゃんは、大きな目をもっと大きく開いて、ひとこと、

「やる」

と答えました。

はじめて聞いたたま子ちゃんの声でした。

わたしは勝手に高い声を想像していたのですが、

たま子ちゃんの声は予想外にずいぶんと低く、

まるで大人のような声でした。

わたしたちはたま子ちゃんの声の低さにまず驚きましたが、

まったくしゃべらなかったたま子ちゃんの声を聞けたので、

自分たちが特別な存在として認識されたように感じ、とてもうれしくなりました。

たま子ちゃんはまるでゴムとびは上手ではないものの。

とても楽しそうにやっていました。

その動きはエンジェルめいた様子すらあり、

よくしゃべってがさつで見た目がたま子ちゃんとは真逆のわたしには、学ぶことの多い子でした。

その後、じょじょにたま子ちゃんはしゃべるようになりましたが。

いつもぼそぼそ、とつとつと、ハスキーボイスでしゃべるので、見た目とのギャップがいつまでたっても違和感がありおもしろく感じました。

たま子ちゃんのことをよく覚えているのは、わたしがいまだにたま子ちゃんのことを折に触れて思い出しているからです。

自分がでしゃばりそうになったとき、たま子ちゃんのまねをするのです。

目を見開いてにこにこしながらまわりを眺める。

そうすると、いままでは見えなかったものが見える気がします。

「あたしがあたしが、あたしもあたしも」

と言わなくても、自分の存在はわかってくれるのだ。

たま子ちゃんに教えられたよいことのひとつです。

いまどこでになにをしてるかまったくわからないたま子ちゃんが、

楽しい毎日を送ってるといいなあ、

とときどき考えます。

それでは~


とりぶう


少しでも面白かったら、下をクリックで応援よろしくお願いします。とりぶうの絵が踊るよ!
FC2Ranking にほんブログ村 小説ブログ ショートショートへ blogranking 人気ブログランキング【ブログの殿堂】 クツログ
ショートショートとりぶうの読むコントの応援をお願いします。
あしたも、お待ちしております。! ブログパーツ 健康食品

コメントの投稿

非公開コメント

     カテゴリ

     登場人物
登場人物 とりぶう 登場人物 しかちく
とりぶう=わたし しかちく=夫 
登場人物 うさQ 登場人物 カメ氏
姉=うさQ 弟=カメ氏 

     最近のコメント

     最新記事

全記事表示


     月別アーカイブ

     携帯でどうぞ
QR

     おかげさまです