助けてないウミガメに助けられる ~ 体験ダイビング体験!記 (9) ~ショートショート とりぶうの読むコント~宮古島  助けてないウミガメに助けられる ~ 体験ダイビング体験!記 (9) ~ 


助けてないウミガメに助けられる ~ 体験ダイビング体験!記 (9) ~

テーマ : 日記 ジャンル : 日記


みなさんこんにちは。

体験ダイビングをしましょう!

というお誘いをいただき。

初めてのダイビングにチャレンジすることにしたのですが。

誘ってくれたピーちゃんは、

「ぜひ3本もぐりましょう!」

と鼻息があらかった。

この提案には、わたしもしかちくも、ピーちゃん夫のキューちゃんも、

「2本で十分じゃ・・・」

と二の足を踏みました。

ダイビングに17年のブランクがあるしかちくと、そもそも初ダイブに恐れおののていたわたしは、

「2本でいいと思います・・・」

とピーちゃんには伝えていたのですが。

「いやいや、2本じゃさみしいって!本数はそのときに決めましょう、調子よかったら3本行きましょう!」

というピーちゃんの鼻息におされ、本数はグレーのままで船に乗り込んだのですが。

2本もぐってあまりにも楽しかったわたしは、インストラクターさんに、

「3本目、どうします?」

と聞かれ、

「やります!」

と、「もとよりそのつもりよ!」みたいに鼻息あらく答えました。

さて、3本目ダイビングは水深40メートルのところにチャレンジするらしい。

もちろん40メートル下までもぐるのではなく、10メートルくらいのところでうろちょろするのですが、

インストラクターがもったいぶって、「40メートルやで!」みたいにいうので、なにがすごいのだろう?と不思議でした。

40メートルって言われてもぴんとこない。

だいたいわたしは今まで自分がどれだけの深さをもぐっていたのかもよく知らなく。

海溝などは1万メートルもあるのだから、それにくらべりゃ40メートルなんか屁みたいなもんやろ。

と思っていました。

ところが。

いざ船の下にもぐってみると、底の見えない青さに少しおののきました。

がけのようになったサンゴ。

そのまわりにはカラフルな魚たちが、いつもの暮らしを繰り広げているのですが、

サンゴのないところは、まるで何もない。

何も見えない。

海底にすい込まれてゆく青い海。

たった40メートルでこれなのだから、水深1万メートルって、どんだけ暗いのだろう!

そんな想像をしていると水温が2度ほど下がったような気すらしました。

わたしとピーちゃんとシーサー先生は、サンゴのきわをゆるゆると泳ぎます。

3本目になると慣れてはくるのですが、疲れてもくる。

疲れを感じると、とたんに口の中の乾きが激しく感じられ、息を吸うのがつらい。

ああ、どうしよ。

口の中がからっから。

苦しい。

苦しい。

ああ、このままあと20分ほどもつやろか。

もうだめだとくじけそうになったとき。

ピーちゃんと先生がなにかを指差します。

あ!

サンゴのすき間に、ウミガメがひっそりとたたずんでいました。

わ~~~!

ウミガメはわたしたちが近づいてもとくに驚くことなく、

少しつりあがった例の目をうごかすこともなく、ただただじっとしています。

わ~~~!

うれしくなって夢中でウミガメ観察しているうちに、口の中の乾きを忘れてしまいました。

ウミガメ、ありがとう!

いつかいじめられてたら助けてあげるよ!

その後、わたしたちがそこらへんをうろうろしてもどってきたとき、

今度はウミガメが泳いでいる姿に遭遇。

その姿は、まるで飛んでるみたいでした。





飛んでる? 2015 11・12





まったく手足を動かすことなく、

ほわ~~っと海面方向に泳いでゆくウミガメ。

ウミガメはめっちゃ省エネで泳いでるなあ、と思いました。

あんなふうに海の中を動けたら、楽しいだろうなあ。

人間にとって海の中はこんなにもしんどいのに。

あんなに楽チンに生きてゆけるものもいるのだなあ。

海の中は海の中のスピードでそれぞれが生きているのだとわかり、

浦島太郎もそりゃ月日を忘れるはずやな。

としみじみわかったのでした。




「体験ダイビング体験」記、明日でたぶん終わりです。

それでは~


とりぶう

少しでも面白かったら、下をクリックで応援よろしくお願いします。とりぶうの絵が踊るよ!
FC2Ranking にほんブログ村 小説ブログ ショートショートへ blogranking 人気ブログランキング【ブログの殿堂】 クツログ
ショートショートとりぶうの読むコントの応援をお願いします。
あしたも、お待ちしております。! ブログパーツ 健康食品

コメントの投稿

非公開コメント

No title

陸のウミガメってみる機会があっても
自分が水の中に居ないと見れないですよね
泳いでるウミガメ!
これは感動ですよね
でも 疲れたら中止した方が。。。って気持ちもありますが・・・

イノぶたさん。

ウミガメがじっとしてる姿が笑えました!
海からあがったらなんかこっけいなんだけど、
海の中にいるカメはたのもしかったです。
竜宮城へ乗せていってくれそうなたのもしさでした!
ダイビングって案外疲れるよね~。
次回はもっと心の準備してもぐろうと思いました!
ていうか、次回あるやろうか・・・

地元の

旭山動物園ではペンギンを下から見ることが出来ます。
時にはもの凄い勢いでまさに飛ぶように泳いでいきます。

私はこの時、
「ペンギンは海の中を飛ぶ鳥」
なんだなぁと思いました。

のぶちんさん。

わかります!!
わたしの北海道での夢のもう一つは、旭山動物園に行くことです!
ペンギンって、陸よりも海の中のほうがいい動きですよね~
     カテゴリ

     登場人物
登場人物 とりぶう 登場人物 しかちく
とりぶう=わたし しかちく=夫 
登場人物 うさQ 登場人物 カメ氏
姉=うさQ 弟=カメ氏 

     最近のコメント

     最新記事

全記事表示


     月別アーカイブ

     携帯でどうぞ
QR

     おかげさまです