安倍ラブショートショート とりぶうの読むコント~宮古島  安倍ラブ 


安倍ラブ

テーマ : 日記 ジャンル : 日記




みなさんこんにちは。

長いこと愛用していた毛布を、とてもひさしぶりに使ってみて、

あらためて「ああ、やっぱこの感触がええわ~」とじんわりとよろこびにひたる、

というようなことが人生にはときどきあります。

さいきんありました。

毛布をたとえに用いたのは、たぶんその形状というか、ふわふわぐあいがなんか似てると思ったからですが、

それは、あべかわもち。

ものすごくひさしぶりにあべかわもちが食べたくなったのです。

そこで、もちがあふれる季節であるお正月に作りました。

もちをやわらかいめにゆでて、きなこをどっさりまぶして作りました。

結論からいって。

わたしはあべかわもちが本当に大好きだった、とわかりました。






あべかわもち 2016 1・5




むしろ、今までの人生、あべかわがある人生のほうが長かったのに、

さいきんあべかわのない人生を送っていたのが信じられないくらい。

あべかわ、じんわりとおいしかった。

わたしの好みとしては、あべかわもちはくったくたにやわらかいもちで作るのがおいしいと思います。

もう、もちがとけるんちゃうの!?

とハラハラするくらいのやわらかさがいい。

でろ~んとのびた舌みたいに、箸でつまんだらすぐにべろ~んとちぎれるくらいのがいい。

そして、レンジでチンしてももちはやわらかくなるのだけど、

できるだけ湯でぶくぶくと躍らせたもちを使いたい。

いろんなところを刺激されて、まんべんなくゆるゆるにふやかされたもちのだらしなさがいい。

だらしないくらいのほうが、もちも女もいいのだと、太宰治は言ってる。(うそつけ)

ちなみに。

どうしてあべかわもちはあべかわもちという名がついたのかというと、

江戸時代のだれかががなんたらかんたらでつけた、という説があるんだって!(まったくわからん)

そのだれかは江戸時代を作ったんだって!

あべかわじゃなく江戸時代を作ったんだって!(なんのこっちゃ)

じつは、徳川家康がつけたらしい。

家康の時代からあるのか。

案外、ええもん食べてるんやな。

ともあれ。

しばらくは、わたしの朝ごはんはあべかわもちになる予定なんだなあ。

そうそう。

タイトルの安倍ラブは、安倍川もちラブの略です。

わざわざややこしくしてみました。

なんのためにかは自分でもわからないんだなあ。


それでは~


とりぶう


少しでも面白かったら、下をクリックで応援よろしくお願いします。とりぶうの絵が踊るよ!
FC2Ranking にほんブログ村 小説ブログ ショートショートへ blogranking 人気ブログランキング【ブログの殿堂】 クツログ
ショートショートとりぶうの読むコントの応援をお願いします。
あしたも、お待ちしております。! ブログパーツ 健康食品

コメントの投稿

非公開コメント

あっ!

そう言えばもちを食べていない!(@_@)
どうりで正月だという実感がないわけだ(^_^;)

のぶちんさん。

もちを食べてないとは、それは大変!
わたしは年がら年中もちウエルカムです。
いくら食べても太らなければ、最高なんだけどなあ~

     カテゴリ

     登場人物
登場人物 とりぶう 登場人物 しかちく
とりぶう=わたし しかちく=夫 
登場人物 うさQ 登場人物 カメ氏
姉=うさQ 弟=カメ氏 

     最近のコメント

     最新記事

全記事表示


     月別アーカイブ

     携帯でどうぞ
QR

     おかげさまです