ちゃん付けショートショート とりぶうの読むコント~宮古島  ちゃん付け 


ちゃん付け

テーマ : 日記 ジャンル : 日記




みなさんこんにちは。

関西から宮古島にきておどろいたことのひとつに。

沖縄では学生時代、友だちに「ちゃん」付けすることはとても少なく、

初対面の相手であっても呼び捨てというのが当たり前ということ。

「ちゃん」付けをするのはむしろ、ちょっと気をつかう相手だったりして、

場所が違えばいろんな文化も違うのだなあとおもしろく感じました。

「ちゃん」付けといえば。

子どものころ、わたしは自分のことを「ちゃん」付けで呼んでいました。

それは対外的にはちょっとばかり恥ずかしいことなので、

学校では「あたし」といい、家では「とりちゃん」と呼んでいました。

家でも自分のことを「あたし」と呼ぶようになったのはかなり大きくなってからなので、

なかなか「ちゃん」付けをやめるタイミングが難しかったのをおぼえています。






ちゃんのやめどき 2016 1・14


そういえば。

幼稚園のころは、いろんなものに「ちゃん」付けをしていて、

「うんこ」にも「ちゃん」付けをし、

「うんこちゃん」あるいは「うんちゃん」と呼んで、

「うんこちゃんしてくる」

などと使っていました。

そのころ、「うんこ」と呼び捨てにする言い方は新聞用語的な大人用法だと思っていたふしがあり、

子どもは「うんこちゃん」か「うんちゃん」と呼ぶのが正しいと信じていたように記憶しています。

げんにうっすらと覚えているのは、幼稚園のとき。

「うんこちゃん」と呼ぶのが適当なのか、「うんちゃん」が正しいのか、論争になったこと。

どういう結果になったかは覚えていませんが、

「うんち」というのは、「うんちゃん」の「ゃん」を抜いた言い方だとだれかがもっともらしく言ってたのが、はるかかなたのうっすらした記憶に残っています。

ちなみに。

「うんちゃん」の言い方は、「うん」の「ん」のほうにアクセントがあります。

「父ちゃん」みたいなアクセントではなく、

雨上がり決死隊の蛍原さんが、「ほとちゃん」と「と」にアクセントをつけて呼ばれるのと同じ言い方です。

「うんこちゃん」あるいは「うんちゃん」の「ちゃん」をとって「うんこ」と呼ぶようになったのはいつかははっきりとはおぼえていません。

けれども、それはあきらかにひとつ幼児から脱却した出来事であったと思います。

自分を「ちゃん」付けから「あたし」と呼ぶように、

他者に対しての壁のようなものをつくり、

自分の子どもっぽさを垂れ流さない覚悟をした瞬間なのかもしれません。

ていうか。

「うんこ」に「ちゃん」つけて呼んでたという話が、まさかのまじめ結論になってるし。

ブログって当たり前やけど、自分のさじかげんひとつやなあ。

それでは~


とりぶう


少しでも面白かったら、下をクリックで応援よろしくお願いします。とりぶうの絵が踊るよ!
FC2Ranking にほんブログ村 小説ブログ ショートショートへ blogranking 人気ブログランキング【ブログの殿堂】 クツログ
ショートショートとりぶうの読むコントの応援をお願いします。
あしたも、お待ちしております。! ブログパーツ 健康食品

コメントの投稿

非公開コメント

先日

小学生時代に仲の良かった4人の集まりがありました。
いつも会っている友人A♂は、名前の一字呼び捨て(当時は名字呼び捨て)
何年かぶりに会った女性2名(友人Bと友人C)は旧姓の呼び捨て(当時呼んでいたとおり)

友人Aが私を呼ぶときは、当時と変わらず名字呼び捨て
友人Bが私を呼ぶときは、名字+くん付け(当時はあだなで呼んでいた)
友人Cが私を呼ぶときは、当時と同じあだ名呼び

友人BとCが呼び合うときは、当時と同じ名前+ちゃん付け

結局・・・何の統一性もない(爆)

のぶちんさん。

旧友ってどう呼ぶか悩むところですね。
わたしはなが~いこと昔の友だちにあってないですが、
基本的に下の名前の呼び捨てか、それにちゃん付けです。
沖縄はアメリカの影響なのか、他の原因なのか、子どもたちは基本『ちゃん』を付けないです。
でも大人は『さん』付けですね~
     カテゴリ

     登場人物
登場人物 とりぶう 登場人物 しかちく
とりぶう=わたし しかちく=夫 
登場人物 うさQ 登場人物 カメ氏
姉=うさQ 弟=カメ氏 

     最近のコメント

     最新記事

全記事表示


     月別アーカイブ

     携帯でどうぞ
QR

     おかげさまです