大人こそちやほやしてほしいのであるショートショート とりぶうの読むコント~宮古島  大人こそちやほやしてほしいのである 


大人こそちやほやしてほしいのである

テーマ : 日記 ジャンル : 日記



みなさんこんにちは。

日の出や日の入りのときには太陽を肉眼で見ることができるのに。

日中はまぶしすぎて見えない。

なんでだろう?

なんでだろう?

ななななんでだろう?

ということを、今週思っていたのですが。

そんなことを思えるのは晴れの日があったから。

雨ばっかりの毎日に、ようやく晴れの日到来。

晴れはいい。

なんで日中に太陽を直視できないのかわからなくても、とりあえず晴れの日はステキだなあ。

ということで金曜日。

モコ目線の日記です。






吾輩はモコである。

文鳥である。

明日はしかちくの誕生日らしいが、去年、自分の誕生日にあれやこれやと祝ってもらったのがうれしかったらしく、今年も、

「誕生日は三日三晩続く!」

と宣言。

きのうから、

「今日から誕生日やで」

と、とりぶうや子どもたちに言って、しぶしぶの「おめでとう」の言葉をもらっている。

そのうえ、

「クリスマスだって一週間は祝うしな」

とキリストと同レベルで自分を扱っている。

おめでたい話である。

しかし、誕生日プレゼントは値の張るものを要求するのではなく、ただただひたすら「ちやほやしてほしい」のだと言っているのが笑える。

考えてみると、素直な発言である。

家族に誕生日を忘れられて悲しい思いをする、という話を聞くことがあるが、それは自分の存在を軽んじられたというさみしさである。

何かがほしいのではなく、自分が生まれた日くらい、だれかに自分の存在をしっかりと受け止めてほしいのだ。

それだけでいいのだ。

しかし、ちやほやしてほしいと思っていても、ふつうの大人はなかなかそんなことは言えない。

恥ずかしさが先に立つ。

それで誕生日を忘れられてもんもんとする。

そのさみしさは、あとで何かモノをもらうことであがなえるものではない。

救えるのはモノではなく、心なのだ。

それがわかれば話は早いのではないかと吾輩は思う。

人生は短いのである。

特に中年以降など、いつなんどきなにが起こるかわからぬ。

誕生日まで生きられたことを喜び、言葉に出してしまえばいい。

プレゼントは何がいい?と聞かれたら、

「ちやほやしてほしい」

と。

なかなか名言といえるのではないか。




にぎり 2016 2 12








モコはさいきんかごの中ではすぐに手に乗るようになりました。

そして指の間から顔を出して寝てます。

それが上のイラストのにぎり状態です。

そしてそのままそっと外に出してモコのにおいをかいで中に入れます。

楽しい。

鳥好きではない人にはよくわからないと思いますが。

鳥って、においかぎたくなるんだよなあ。


それでは~


とりぶう

少しでも面白かったら、下をクリックで応援よろしくお願いします。とりぶうの絵が踊るよ!
FC2Ranking にほんブログ村 小説ブログ ショートショートへ blogranking 人気ブログランキング【ブログの殿堂】 クツログ
ショートショートとりぶうの読むコントの応援をお願いします。
あしたも、お待ちしております。! ブログパーツ 健康食品

コメントの投稿

非公開コメント

おー

しかちくさん、お誕生日前夜祭おめでとうございます
PAN!( ^-^)∠※.。・:*:・゚`☆、。・:*:・゚`★

綺麗な女性からちやほやされますように( ̄人 ̄)
その後、嫁からの折檻がありませんように( ̄人 ̄)

のぶちんさん。

お祝いありがとうございます!
しかちくはもちろん、きれいな女性からちやほやされてましたよ!
嫁は怒るどころか、おだやかな気持ちでした。
だってきれいな女性って嫁自身なんだもの。うふふ。
という感じで今日もわが家は平和です!
     カテゴリ

     登場人物
登場人物 とりぶう 登場人物 しかちく
とりぶう=わたし しかちく=夫 
登場人物 うさQ 登場人物 カメ氏
姉=うさQ 弟=カメ氏 

     最近のコメント

     最新記事

全記事表示


     月別アーカイブ

     携帯でどうぞ
QR

     おかげさまです