しっくりくるのであるショートショート とりぶうの読むコント~宮古島  しっくりくるのである 


しっくりくるのである

テーマ : 日記 ジャンル : 日記


みなさんこんにちは。

きのう、晩酌時にしかちくとふたりで大笑いして、

「これは明日のブログに書こう」

と思ったことがあったのですが。

今朝、まるで思い出せなかった。

しかちくに聞いても、

「あー、なんだったっけなー」

というばかりで、ふたりともしっくりこない思いでいっぱいだったのですが。

さきほど無事思い出せました。

思い出せたものの、その話。

しかちくが、自分はさいきんカエルに似てきたので、ブログにカエル似の顔を書いてくれという話だった。

それだけのことなのに、お酒が入ると大笑いできるのだな。

ということで、今日は金曜日。

モコ目線日記です。








吾輩はモコである。

文鳥である。

しかちくは顔がシカに似ているので「しかちく」と名づけられたらしいが、吾輩にはシカに似てるのかどうかはよくわからぬ。

というよりも、はなから人間の顔の違いがよくわからぬ。

どれもこれも目と目の間から鼻がにゅっと突き出て、その下に口。

みんなそんな顔である。

たまにめがねをかけているものもいるが、基本的なつくりはまるで同じである。

そういう視点で見ると、しかちくはシカにはまるで似ていない。

シカというのは顔じゅうに毛が生えている。

そのうえ角も生えている。

しかし眉毛はない。

鼻も人間のようなものではまるでない。

そして顔もやたら長い。

吾輩からすると、どこが似ているのか疑問しかないのである。

それでも人間たちは、動物に似ているという話をよくする。

しかちくにいたってはシカ、パグ、いまはカエルであるという。

そしてとりぶうはそのまま鳥に似てるのかと思いきや、ネコやイヌにも似ているという。

もうこうなったら何でもありである。

鳥の顔がネコやイヌと決定的に違うのは、鳥にはくちばしがあり、鼻がないところである。

いや、厳密に鼻はある。

それはつつましやかなふたつの穴として存在し、人間のようにこれが鼻であるというぶさいくな主張をしていない。

耳もそうである。

羽毛で隠して見えなくしているだけで、これもつつましやかな穴がふたつ首元にあいている。

吾輩からすると、人間の耳、あれほどグロテスクなものはない。

あんなごちゃごちゃした部分を顔の横に丸出しにできる根性が分からぬ。

ネコやイヌも基本顔が散らかっている。

ごちゃごちゃしすぎなのである。

そこへいくと吾輩の顔。

シンプルでいいではないか。

鳥は何を考えてるかわからない、という人もいるがそれはこっちだって一緒である。

人間がなにを考えてるかなどわかりようもない。

表情があるというが、吾輩にだって表情はあるのだ。

それは人間が読めないだけで、文鳥どうしでは読めるものである。

レディガガが歌うように、人間は、

can't read my poker face

なのである。

だから吾輩にむかって、

「モコはいつも平和な顔やなあ」

などと言えるのだ。

平和なのは人間のほうで、吾輩はいつも危機管理能力を研ぎ澄まして生きているのである。

それよりもたまに見かけるヤモリ。

かれらの顔はシンプルである。

顔には目と口しかないではないか。

あのつくりは分かりやすくてよい。

そして吾輩にはかれらが何を考えているかすぐにわかる。

吾輩には人間よりもあれらの顔のほうがしっくりくるのである。


しっくりくる 2016 2・19







モコはさいきん放鳥すると、マイペットの上にとまります。

マイペットがマイペットの上にとまってると思うと、笑えてくるんだなあ。


それでは~


とりぶう


少しでも面白かったら、下をクリックで応援よろしくお願いします。とりぶうの絵が踊るよ!
FC2Ranking にほんブログ村 小説ブログ ショートショートへ blogranking 人気ブログランキング【ブログの殿堂】 クツログ
ショートショートとりぶうの読むコントの応援をお願いします。
あしたも、お待ちしております。! ブログパーツ 健康食品

コメントの投稿

非公開コメント

     カテゴリ

     登場人物
登場人物 とりぶう 登場人物 しかちく
とりぶう=わたし しかちく=夫 
登場人物 うさQ 登場人物 カメ氏
姉=うさQ 弟=カメ氏 

     最近のコメント

     最新記事

全記事表示


     月別アーカイブ

     携帯でどうぞ
QR

     おかげさまです