負けないシステムショートショート とりぶうの読むコント~宮古島  負けないシステム 


負けないシステム

テーマ : 日記 ジャンル : 日記



みなさんこんにちは。

アメリカのドラマを見ていると、勝者と敗者がはっきりして、

勝者はどこまでいっても勝者です。

アホみたいに有頂天になることが許されます。

そして敗者には同情しないのがルール。

負けは負けということを、敗者は骨の髄までしみこませます。

それはそれでなんかいさぎよく、とことん負けるから先に進むしかない、というような気がします。

へんな同情はしない。

最初はしんどいけど、責任の所在がはっきりしてわかりやすいものです。

ところが。

日本ではまるで違うように思います。

勝つというよりも、だれも負けないように工夫して生きてるような感じがするのです。

負けないようにするために和をもってくることによって、勝者、敗者をつくらない工夫をしてるのではないかと思うのです。

というのも、日本では負けたら這い上がることがなかなか難しいくらい、負けちゃうんじゃないか、と思うからです。




負けたら負け 2016 3・1






しかし、あからさまに負けたと後ろ指さされないことが、かえって責任の所在をあいまいにしてしまい、反省する機会をうしなうのではないか、とも思います。

それは真綿で首をしめられるみたいにじわじわ効いてきて、気付いたらもう反省できない場所にいる。

負けることのしんどさを回避できるかわりに、負けることから学ぶことができません。

そんなことを考えて、思ったのが。

日本人は負けるのを嫌がるのではなく、負けてる人を見るのがいやなのかもしれません。

敗者を突き放せないやさしさ。

突き放すことは自分もしんどい。

それならばみんな負けないように工夫したらよいのではないか。

生活の知恵みたいに、そういうふうに進んできたのかもしれません。

今日は、白菜のはなしを書こうと思ったのだけど、

買い物から帰ってきたら、それをすっかり忘れてしまい。

なんだかまじめな話になりました。

たぶん。

わたしの頭の中の、白菜カテゴリの隣あたりに、まじめな話があるのだろうなあ。


それでは~


とりぶう

少しでも面白かったら、下をクリックで応援よろしくお願いします。とりぶうの絵が踊るよ!
FC2Ranking にほんブログ村 小説ブログ ショートショートへ blogranking 人気ブログランキング【ブログの殿堂】 クツログ
ショートショートとりぶうの読むコントの応援をお願いします。
あしたも、お待ちしております。! ブログパーツ 健康食品

コメントの投稿

非公開コメント

残念ながら

私の友人は私も含めて負けず嫌いです。
そして、負け犬を見るのが大好きです。
傷口に塩を塗るのが大好きです。
少しでも弱ったらすぐにとどめを刺しに来ます。

ただ、本当に困ったときや一人ではどうにもならないくらい弱ったときは黙っていても助けてくれます(^o^)

のぶちんさん。

本音で話せる仲間がいるというのは素晴らしいことですよね!
若い子たちを見てると、いまは負けにくい世の中だなあと思います。
逆ギレしたり、うらんだり。
負けたときに、いかにいさぎよく負けるか
なかなか難しいものですね。
     カテゴリ

     登場人物
登場人物 とりぶう 登場人物 しかちく
とりぶう=わたし しかちく=夫 
登場人物 うさQ 登場人物 カメ氏
姉=うさQ 弟=カメ氏 

     最近のコメント

     最新記事

全記事表示


     月別アーカイブ

     携帯でどうぞ
QR

     おかげさまです