ナイスアシストショートショート とりぶうの読むコント~宮古島  ナイスアシスト 


ナイスアシスト

テーマ : 日記 ジャンル : 日記


みなさんこんにちは。

日進月歩ということば。

にっしんげっぽ。

その響きから、「げっぷ」を想像してしまいますよね。(そうか?)

そのためなかなかその意味をうまく記憶できなかったのですが。

さいきん、ようやく日進月歩が使えるようになってきました。

世の中の技術の進歩は日進月歩だけど、わたしの頭の進歩はよちよちである。

のように。

立派に使えるようになってきました。(立派というほどでもない)

そのうちわたしの中で使いにくいことばナンバー1の「やぶへび」も使えるようになりたい。

さて。

アナログ代表の乗り物、自転車。

正直、自転車はよちよちの進化しかしないだろうと、少しあなどっていた乗り物。

なのに。

奥さん、世の中日進月歩ざます。

日進月歩の波が自転車にも押し寄せ。

電動アシスト自転車が、今、すごいことになってるらしいざます!

いや、すごいことかどうか、むかしのことは知らんよ。

わたしも電動アシスト自転車の伝道師でもないのだから。

すいません、上の文はダジャレが言いたいだけでした。

先日。

那覇に行き、レンタサイクルを借りたのでございます。

レンタサイクルを借りて首里城に向かうという予定だったのでございます。

しかちくが申しますには、

「首里城までは坂がきついから電動自転車を借りる」

とのこと。

わたくし、思いました。

「なに?坂がきついやと?ワイを誰やと思てんねん?中高と自転車通学で、足を鍛えあげたあげく、上り坂ではなぜか有頂天になるほど、テンションあがってしまう紀の国のサル、とりぶうやで!」

しかし、レンタサイクルの店にやってまいりますと、レンタサイクルのおじさんが、

「すいませんねえ、今、これしかなくて・・・」

と申し訳なさそうにおっしゃるので、

てっきり電動自転車がないのであろうと推察し、大丈夫大丈夫、ワイは紀の国のサル、電動なんかしゃらくせえ!と雄たけびを上げそうになったのですが、意に反し、

「電動つきの自転車しかなくて・・・」

とのこと。

思わず、

「あるんかい!」

とずっこけそうになりました。

その後、いろいろ説明を受けたところによりますと、なんでも、電動自転車は電動にしなくても使えるとのこと。

おじさんは、

「坂がきついときは『強』で、普通のときは『標準』で4、5時間は大丈夫です」

と言います。

わたくし、ひそかに思いました。

「紀の国のサルが『強』なんか使えるか!」

と。

わたくしの闘志などまるで知らないしかちくは、

「これでラクちんやな」

と、ジャガイモみたいにほくほくした顔つきで手続きをしておりました。

さて。

電動を使わずに出発したものの。

奥さん、人間、足から弱るものざますわね。

中高とあんなに乗り続けた自転車が、なかなかどうして、かなりの重労働ではございませんか。

なんのこれしき、と踏ん張っても、坂道になると足をぐぐぐぐと踏み込んでも少ししか動きません。

「うううう、ちょっとだけ、ちょっとだけ、電動の力、試してやろうやないか」

わたくしは電動のスイッチを入れました。

とたん、

ぐい~~~~~ん

と進みます。

ペダルをひと踏みすると、ぐい~~~~~~ん。

うしろでだれかが背中をおしているかのごとくでございます。

ぐい~~~~~~~~ん。

OMG

おい、まじで、ぐんぐん進むで!

あまりにもスムーズに進むので、体が思わずのけぞり置いてかれそうになりました。




アシスト実感 2016 3・15




正直、紀の国のサル、感動!

こんなにスムーズに動くなんて、買いたての掃除機のコードを巻き取るとき以来です。

うまいたとえですいません。(ひたすらまずいわ)

ところで。

みなさん、那覇、那覇と、せんだみつおのギャグみたいに気軽におっしゃいますけどね。

じつは那覇って、相当に坂がちでございます。

わたくしの調査では、長崎の次に坂が多いのが那覇らしいのでございます。

まあ、わたくし個人の見解でございますけれども。

首里城に行くのに、ひたすらのぼり。

もう電動なくては上れない。

それも『強』。

『強』でもけっこう疲れたし。

しかちくなどは、坂道でもないときでもずっと『強』でございました。

不思議なもので、電動の『強』で上っていても、人様にたいしては、

「どーや!どーや!あたしはこのすごい坂道を自転車で上ってるんやぞ!」

と高テンションが訪れるのでございます。

鼻息ふんふん言いながら、

「ちょっと、そこのアメリカ軍人、この華奢な日本人、自転車でサカミチノボッテルヨ!」

と、いやな絡み方のひとつでもお見舞いしたくなるのでございます。

ぐい~~~~んと進みながら、無事、首里城到着。

しかし、何度も入ってるので中には入らず。

そのちかくで「ぶくぶく茶」なるものをいただき。

今度は下り坂でびゅんびゅん飛ばしたのでした。

と、申し上げたいところでございますが。

びゅんびゅん飛ばしてたのはしかちくだけで。

わたくしは、自転車にまつわるケガがけっこう多いため、下りが怖く、ちょろちょろとブレーキをかけながらの下りだったため、醍醐味は味わえませんでした。

人がしんどく思うところではテンションが高くなり、

人がラクに思うところではしんどく思うという、やっかいな十字架を背負っておりましたが、

無事、レンタサイクルの時間は終わりました。

合計5時間半。

途中、自転車を置いてた時間を引いても、3時間は乗ってたと思うので、なかなかの運動になりました。

電動でも自転車はわりとしんどいんやな、とわかったできごとです。

夜、寝てるとき。

スキー帰りのバスの中とか、海水浴のあとの昼寝とかのように。

体がふわふわして、夢の中で勝手に足がペダルを踏んでいました。

それでは~


とりぶう

少しでも面白かったら、下をクリックで応援よろしくお願いします。とりぶうの絵が踊るよ!
FC2Ranking にほんブログ村 小説ブログ ショートショートへ blogranking 人気ブログランキング【ブログの殿堂】 クツログ
ショートショートとりぶうの読むコントの応援をお願いします。
あしたも、お待ちしております。! ブログパーツ 健康食品

コメントの投稿

非公開コメント

おおお!

電動アシスト自転車!?
乗ったことない・・・。

ど、道産子がそんなはしたない自転車には乗られない!

誰か持ってないかなー

(おいおい、心の声が漏れてるぞ(^_^;))<神の声>

欲しいなー。
でも冬は乗られないし・・・。
( ̄へ ̄|||) ウーム

のぶちんさん。

北海道は自転車で移動するには、
相当移動しがいがあるでしょうね~!!
電動アシスト自転車は、たしかにいいです。
なぜもっと普及しないんだろう?
と不思議に思うくらいです。
でも、なぜかわかりました。
値段が高い!
これにつきる!
     カテゴリ

     登場人物
登場人物 とりぶう 登場人物 しかちく
とりぶう=わたし しかちく=夫 
登場人物 うさQ 登場人物 カメ氏
姉=うさQ 弟=カメ氏 

     最近のコメント

     最新記事

全記事表示


     月別アーカイブ

     携帯でどうぞ
QR

     おかげさまです