トロ都市伝説ショートショート とりぶうの読むコント~宮古島  トロ都市伝説 


トロ都市伝説

テーマ : 日記 ジャンル : 日記



みなさんこんにちは。

いまでこそ、トロは美味い、というのは一般常識ですが。

わたしが子どものころ、

マグロ=赤身

赤身=マグロ

というのが疑いようのない事実でした。

そして、マグロは上等な刺身。

ルビーのように赤透明な身は、ほかのどの刺身にもない上質感。

あの赤身を見るたびに、

「いつかお金持ちになって、マグロの刺身をおなかいっぱい食べてみたい・・・」

と思っていました。

そんな夢見がちな小学生時代のある日。

父が、

「じつはな、ほんまに上等なマグロは赤とちがう、もっとうすい色、桃色みたいな色や」

と、隠し子でも告白するかのように言いました。(おおげさな)

わたしは最初、父が冗談を言ってると思いました。

怖かった父ですが、冗談も人一倍好きで、どうせそのたぐいのことだろうと思っていたのです。

わたしにとってマグロは赤身。

ルビー色の高貴な刺身よりも上等なものなんかあるはずがない。

げんに父自体が半信半疑な言い方だったので、きっと都市伝説だろうと思っていたのです。

ところが、その後。

スーパーだか魚屋だかで、実際に、上等なほうのマグロを見る機会があり、






都市伝説じゃなかった 2016 5・10




その値段の高さにおどろきました。

赤身マグロはピカピカ光っていたけど。

その桃色のマグロはそんなにピカピカじゃない。

ほんまにおいしいんかな?

と正直思いました。

実際に口にするのはずっと後だったので、もやもやしたまま大人になりました。

残念ながら、はじめてトロを食べたときのことは覚えていません。

トロには、赤身のぴたっとくっつくような食感はなく、ざらっと、のち、とろり、とけるような食感があります。

どちらもおいしいですが、いつのころからか、赤身のマグロをそれほど上等だと思わなくなりました。

むしろそれほど好きなネタでもなくなり、

子どものころに苦手だったアジやサンマの刺身のほうがずっと好物になりました。

わたしの好みも変わったけど、

マグロの常識も変わり。

今ではトロが上等だというのは、都市伝説でもなんでもなく疑いようのない事実。

ひょっとしたら、今はゲテモノというものが、

将来上等な食べ物、という時代が来るのかもしれんなあ。


それでは~


とりぶう

少しでも面白かったら、下をクリックで応援よろしくお願いします。とりぶうの絵が踊るよ!
FC2Ranking にほんブログ村 小説ブログ ショートショートへ blogranking 人気ブログランキング【ブログの殿堂】 クツログ
ショートショートとりぶうの読むコントの応援をお願いします。
あしたも、お待ちしております。! ブログパーツ 健康食品

コメントの投稿

非公開コメント

     カテゴリ

     登場人物
登場人物 とりぶう 登場人物 しかちく
とりぶう=わたし しかちく=夫 
登場人物 うさQ 登場人物 カメ氏
姉=うさQ 弟=カメ氏 

     最近のコメント

     最新記事

全記事表示


     月別アーカイブ

     携帯でどうぞ
QR

     おかげさまです