ムダ知識 里の巻ショートショート とりぶうの読むコント~宮古島  ムダ知識 里の巻 


ムダ知識 里の巻

テーマ : 日記 ジャンル : 日記


みなさんこんにちは。

地球の誕生から現在まで、だいたい46億年というのが常識です。

でも、わたしが子どものころは45億年と言ってた記憶があり、

1億年は誤差だったんか、

と、少し裏切られた思いがあり、

しかしまあ、地球の年齢が45億でも46億でも、わたしの存在になんら変わりはないな、

と納得した覚えがあります。

ひょっとしたらその間に45億4999万9999年から45億5000万年になり、

四捨五入のシーソーの傾きがかわったのかもしれん。

考えにくいけど考えられないこともない。

同様に。

わたしが子どものころ。

中国は三千年の歴史がある、と自慢されてたのが、

いつの間にか、中国は四千年の歴史がある!と自慢されなおされたような記憶があります。






千年の誤差 2016 6・23




このときは、四捨五入の傾きが変わったというより、

中国人はとにかく大きくいいがちだからな、

という感想を持った記憶がある。

その印象を長いこと持っていたため、

三国志に出てくるよく走る馬、赤兎馬(せきとば)が、一日千里を走る!

と聞いたときも。

大きく言うとるな、

と思っていました。

一里が約4キロメートルなので、千里といえば約4000キロメートル。

地球一周が4万キロメートルなので、10日で地球一周。

19世紀でも難しいとされた80日間世界一周。

それを三国志の時代(日本の弥生時代)に、80日間世界一周どころか、10日間で世界一周やで。

いくらよく走る馬でも、そりゃないわ。

と思っていました。

中国はなんでも大きく言うけども、そないに大きくいうか?と思っていたら。

違った。

中国の一里は500メートル。

ということは。

赤兎馬はじつは、一日500キロメートルしか走れないのだ、とわかりました。

いや、それでもすごいな。

40000÷500=80

リアルに80日間世界一周やな。

ありえるんかな。

ありえるかどうかはよくわからんけど。

三国志ドラマを見ていると、

「敵が20里のところまできてます!」

という場面で、にわかにわちゃわちゃしだしてたのが納得いく。

20里って、あと80キロもあるやん、と思ってたけど。

じつは10キロしかなかったのだよ、ワトンソ君。

ええ、ほんとですかい?ホームズの旦那!

なんでもかんでもでっかいと思ってた中国だけど、

こと『里』に関しては日本のほうが長かったのだね。

ちなみに。

日本でも一里が500メートルくらいだったこともあるのだけど、

豊臣秀吉あたりから約4キロメートルになったらしいです。

すいません、毎度くだらない話がメインだといいながら、

役に立つ情報を横流ししてしまいました。

気を抜いてたら、頭がよくなりそうですな、ホームズの旦那!

そうでもないよ、ワトンソ君。

じつは君のことはずっと「わとそん君」ではなく「わとんそ君」と呼んでいたよ。

そりゃないっすよ、ホームズの旦那~。

ははははは。

なんじゃそれ。

あほなことを考えてると、一日があっというまだなあ。

それでは~


とりぶう

少しでも面白かったら、下をクリックで応援よろしくお願いします。とりぶうの絵が踊るよ!
FC2Ranking にほんブログ村 小説ブログ ショートショートへ blogranking 人気ブログランキング【ブログの殿堂】 クツログ
ショートショートとりぶうの読むコントの応援をお願いします。
あしたも、お待ちしております。! ブログパーツ 健康食品

コメントの投稿

非公開コメント

     カテゴリ

     登場人物
登場人物 とりぶう 登場人物 しかちく
とりぶう=わたし しかちく=夫 
登場人物 うさQ 登場人物 カメ氏
姉=うさQ 弟=カメ氏 

     最近のコメント

     最新記事

全記事表示


     月別アーカイブ

     携帯でどうぞ
QR

     おかげさまです