呼び名の多さは愛の多さであるショートショート とりぶうの読むコント~宮古島  呼び名の多さは愛の多さである 


呼び名の多さは愛の多さである

テーマ : 日記 ジャンル : 日記


みなさんこんにちは。

ミンミンゼミとクマゼミの鳴き声は、まるで違うと思っていたけど。

じつは、おんなじなんだって。

ゆっくり再生したらミンミンゼミ、速く再生したらクマゼミになるのだとか。

感覚として、

みーんみーんみーんみんミンミンミンミンシンシンシンシャンシャンシャンシャン

という感じ。

へ~。

と思った方は、この情報を5人の人に伝えてください。

さもなければ、あと2週間ちょっとで7月が終わります。

て、当たり前やん。

と気付いた金曜日。

モコ日記です。






吾輩はモコである。

文鳥である。

吾輩の名前はモコであるが、モコ以外の名前で呼ばれることも多い。

今日は「おにぎり」と呼ばれた。

とりぶうがむりやり吾輩を握るので、「おにぎり」などという野暮ったい名前で呼ばれるのである。

その「おにぎり」も、呼んでいるうちに変化する。

「ぅおにぎり」となるのである。




うおにぎり 2016 7・15



「O・NI・GI・RI」が、気持ちが高まってくると「WO・NI・GI・RI」になる。

どっちにしろ、なんと呼ばれたとしても吾輩は答えないことにしているので、とくに問題はない。

とりぶうの矛先は、しかちくにも向かう。

少し前からしかちくは「ぅおち」と呼ばれることが多くなった。

なんでも「おちびちゃん」が「おちび」になり、「ぅおちび」になったあと、「ぅおち」に凝縮されたのだとか。

先日も、娘うさQと話しているとき、

「しかちゃんが魚屋をやったら、店の名前は『魚(うお)ちび』やな」

ととりぶうが言うと、うさQも悪乗りな顔つきになって、

「そのうえ『うおちび』は小魚専門やねん」

とかぶせる。

しかちくは小柄とはいえ、とりぶうよりもうさQよりもでかい。

小さいキャラがしみついているので、そう呼ばれるのである。

しかちく自身も、そういう扱われ方を喜んでいるふしがある。

それ以外にもたくさんの呼ばれ方があり、吾輩はときどきしかちくの本名は何なのかわからなくなるのである。

しかし吾輩は思う。

呼び名がたくさんある人は、じつは愛されているのではないか。

興味をもたれている証拠なのではないか。

嫌な呼び名であればその限りではないが、親しみを持って呼ばれる名前は、愛情の現れである。

もし吾輩がそれほど愛されていないのであれば、「文鳥」と呼ばれ続けるであろう。

モコ、モーちゃん、モーさん、モコロミ、モー的ちゃん、モフロム、おにぎり、など、

たくさんの呼称があるのは、愛されているからこそと考えていいのであろう。

そういえば、庭の真剣セミの木には4匹のネコがやってきてセミを食べている。

ネコたちはそれぞれ、

やったー、足ワル、サバトラ、鼻くそ、

と、およそ愛があるとはいえない名前をつけられている。

今日、新たに一匹、『やったー』にそっくりのネコが増えていたようで、名前を何にしようか悩んでいるようであった。

愛があるかどうかはわからぬが、名前をつけるほど興味があるのは間違いないようである。





モコが豆苗を食べたかどうかはすぐにわかります。

なぜなら、くちばしに緑の葉っぱのきれはしがついているから。

よく食べ物をこぼすといわれるわたしとしては親近感がわくんだなあ。


それでは~


とりぶう

少しでも面白かったら、下をクリックで応援よろしくお願いします。とりぶうの絵が踊るよ!
FC2Ranking にほんブログ村 小説ブログ ショートショートへ blogranking 人気ブログランキング【ブログの殿堂】 クツログ
ショートショートとりぶうの読むコントの応援をお願いします。
あしたも、お待ちしております。! ブログパーツ 健康食品

コメントの投稿

非公開コメント

     カテゴリ

     登場人物
登場人物 とりぶう 登場人物 しかちく
とりぶう=わたし しかちく=夫 
登場人物 うさQ 登場人物 カメ氏
姉=うさQ 弟=カメ氏 

     最近のコメント

     最新記事

全記事表示


     月別アーカイブ

     携帯でどうぞ
QR

     おかげさまです