ほっとけば子どもは育つのであるショートショート とりぶうの読むコント~宮古島  ほっとけば子どもは育つのである 


ほっとけば子どもは育つのである

テーマ : 日記 ジャンル : 日記




みなさんこんにちは。

もう長いこと、晴れ続きの宮古島。

今年は台風がまだ1つしか発生していないですが、

ときどき思い出したように大雨が降ったりします。

きのうもスコールのような雨が降ってきたとき、外から帰ってきたうさQが、

「雨降ってるで。キツネのなんとか入りみたいな雨が」

というので、思わず、

「『なんとか入り』って、嫁、嫁入り!」

と突っ込んでしまった。

帰る道すがらずっと、

「あ~、キツネのなんとか入りや~」

と思ってたのかと思うと、笑える。

今日は金曜日。

モコ日記です。






吾輩はモコである。

文鳥である。

夏休みらしい。

吾輩にとってはどうでも良いことであるが、朝から子どもがいるのが夏休みらしい。

この時期、世の母親たちは子どもの宿題やら勉強やらに口出ししては嫌がられるらしい。

吾輩は不思議である。

そんなもの、ほっとけばよいではないか。

いろいろ言うからやらないのである。

ほっとけばいつかはやるはずである。

やらないなら、やるまで待つ。

何も言わずに待つ。

これが肝要である。

親が根負けして先に言うので子どもがやらなくなるのである。

親がなくとも子は育つ。





勝手に育つのである 2016 7・22




子どもは何も考えていない生き物ではない。

むしろ自分のことはものすごくよく考えている。

子どもにとってみたら、親のほうが何も考えていないのではないか、とすら思えるのである。

子どものため、と言われると、むしろ親自身のためなんだろう?と思われているのである。

それならば親は自分のことをもっと考えておいたほうが健やかである。

楽しい趣味を見つけておくほうが、後の人生にも有効である。

自分の生き方が子どもには、きっちりと見られているとわかっておくほうが良い。

吾輩は親の顔を知らぬ。

しかし、よい文鳥に育っている。

親だけが子どもを育てるのではない。

育てるのは、まわりすべての環境である。






モコはセミのように、よく鳴く時間とあまり鳴かない時間があります。

なぜそうなるのかわからないのですが。

モコの中ではきっちり違いがあるんだろうなあ。


それでは~


とりぶう

少しでも面白かったら、下をクリックで応援よろしくお願いします。とりぶうの絵が踊るよ!
FC2Ranking にほんブログ村 小説ブログ ショートショートへ blogranking 人気ブログランキング【ブログの殿堂】 クツログ
ショートショートとりぶうの読むコントの応援をお願いします。
あしたも、お待ちしております。! ブログパーツ 健康食品

コメントの投稿

非公開コメント

No title

昭和37年生まれの私が就学する頃、
「親はなくても子は育つ」というフレーズが流行していた
ように思います

両親と暮らした記憶のない私は
「親がなくても金さえあれば、子は育つ」と当時、思っていました
そして今もその考え方は変わっておりません

レストランなどで「いただきます」「ごちそうさま」も言わない大人、
足を組んでいたり着帽のままだったり、肘を突いて食べたり
こんな親が子どもに何を教えることができるのだろう、と思います

そうそう

確かに放って置いても子どもは大きくなります。
私は親にやってはいけないことは教えらましたが、何をすればいいかはあまり教えてもらえなかった記憶があります。
何をすればいいかは自分で考え自分で決める必要があるということなのでしょう。

しかし、同じ兄妹でも下の妹はあれこれ言われたようです。
その原因は放って置いたらろくなことをしなかったからだと思われます。

やっぱり言われるにはそれ相当の原因があるのかもしれません(;^_^A アセアセ・・・

FREUDE さん。

たしかに、金さえあれば子は育ちますよね!
今、子育てに関して母親は疲弊してる気がします。
まわりの声を気にしすぎて、「いい子」を育てなければ!という使命感がハンパないです。
もっと気楽に子どもを持てる社会がいいですね~。

のぶちんさん。

親にしてみたら、安心な子と安心じゃない子がいるんでしょうね~
安心な子は口を出さなくても自分でしっかりやってくれるけど、
安心じゃない子は、どうしても口出ししてしまうんですよね。
でも、どんな子でも大人になったらそれなりにキチンとオトナなんですよね!
     カテゴリ

     登場人物
登場人物 とりぶう 登場人物 しかちく
とりぶう=わたし しかちく=夫 
登場人物 うさQ 登場人物 カメ氏
姉=うさQ 弟=カメ氏 

     最近のコメント

     最新記事

全記事表示


     月別アーカイブ

     携帯でどうぞ
QR

     おかげさまです