雷が怖いのであるショートショート とりぶうの読むコント~宮古島  雷が怖いのである 


雷が怖いのである

テーマ : 日記 ジャンル : 日記



みなさんこんにちは。

日本全国暑くてたまらん!らしいですが。

今日の宮古島は最近の中ではいちばん涼しいです。

かなりまとまった雨が降ったために、クーラーいらずの涼しさ。

こうなると勘狂う。

キックザ勘狂う。

ところでキックザカンクルーの語源は勘狂うからはきていないもようです。(どうでもええよ)

しかしわたしのパソコンはアツい!

象徴的な意味ではなく、ほんとにアツい!

物理的にアツい!

かなりヤバイ状況に近い!

ああ、フトコロは今日も寒いのに!

がんばれパソコンと思う金曜日。

モコ日記です。






吾輩はモコである。

文鳥である。

人間は、怖いものとして、「地震、雷、火事、親父」というらしいが、吾輩にはそのどれもよくわからぬ。

しかしとりぶうは言う。

「子どものころ、雷なんかまったく怖くなかったのに、今は怖い!」

鏡を見てみろ、自分の顔のほうがよほど怖いだろう、といいたくなる。

今朝はめずらしく雨の朝である。

それでも日課のウォーキングには行くらしく、雨がほとんど降っていないときを見計らってしかちくと出て行った。

たいして運動にもならないだろうに、中年になると欲深くなるのか、サボったら損だとばかりに出かける。

しかし、1時間後、ずぶ濡れで帰ってきた。

大雨に雷だったらしく、しきりに「雷怖かった」を連発していた。

なんでも、家を出た直後に雨が強くなり、雷も鳴り出したので行き先を変更したのだとか。

変更先の東屋に着くまでにすでに大雨に雷であったらしい。

雨宿りしていたが、雨に風に雷に、これでもかというくらい激しくなり、台風さながら。

雷はどんどん近づいてくる気配を見せ、ピカッと光ったのち、バリバリバリッと、大地を裂くような音をさせる。

空は黒い雲に覆われて、不安さを増大させる。

とりぶうはあまりに不安になってきて、いきなり、

「わはは、わはは、わはは、わはは!」

と笑いだしたのだとか。





こわれた? 2016 8・5




「怖いときには笑ったらええ!」

そういいながら、わははわははを繰り返していたそうな。

どんな教えか。

アホな話である。

しかちくは一緒に笑いはしなかったものの、なぜかボルダリングのテクニックを語りだし、しまいには、東屋のとっかかりを見つけて、登りだそうとする始末。

これもまたアホな話。

要するに、不安や恐れがあるときには別のことで気を紛らすのが得策ということなのであろう。

しばらくすると雨も弱くなり、東屋を出たのだが、依然雷はやまず、とりぶうは怖い怖いを連発しながら帰ってきたそうである。

途中、しかちくは、

「爆撃の中を逃げてると思え!」

と声をかけてきたというが、思ったらどうだというのだろう。

どっちも怖いのに変わりはない。

とくに慰めにはなっていないのがアホな話である。

ときどき、人間はわざわざ金を払ってまで怖い思いをしようとする。

お化け屋敷にジェットコースター、そういうものの価値は吾輩にはわからぬ。

しかし雷も爆撃も金を払ってまで体験しないところをみると、金が発生するかしないかは、確実に安全であるかどうかの違いである。

ゲームや遊園地のように、金を払って体験できる怖さは、喜びですらある。

金を払わずに体験してしまう怖さは、そこに安全はないという恐怖。

地震、雷、火事、親父。

考えてみれば、怖いものはこれだけではないと思うのである。





モコは着地が下手です。

毎回、不時着みたいな着地をしてる。

いつか上手くなるときがくるのかなあ。


それでは~


とりぶう


少しでも面白かったら、下をクリックで応援よろしくお願いします。とりぶうの絵が踊るよ!
FC2Ranking にほんブログ村 小説ブログ ショートショートへ blogranking 人気ブログランキング【ブログの殿堂】 クツログ
ショートショートとりぶうの読むコントの応援をお願いします。
あしたも、お待ちしております。! ブログパーツ 健康食品

コメントの投稿

非公開コメント

     カテゴリ

     登場人物
登場人物 とりぶう 登場人物 しかちく
とりぶう=わたし しかちく=夫 
登場人物 うさQ 登場人物 カメ氏
姉=うさQ 弟=カメ氏 

     最近のコメント

     最新記事

全記事表示


     月別アーカイブ

     携帯でどうぞ
QR

     おかげさまです