父のおかげ旅行ショートショート とりぶうの読むコント~宮古島  父のおかげ旅行 


父のおかげ旅行

テーマ : 日記 ジャンル : 日記



みなさんこんにちは。

先週から書いている和歌山実家一行が宮古島に来た話、最終回です。

父が生きてたときには、母が宮古島に来るなんでことは考えられなかったと思う。

というのも、父は筋金入りの旅行嫌い。

自分が行くのも嫌いなら、家族がいない状況というのもとっても嫌。

いえ、むしろそっちのほうが嫌。

母がいないと赤子のようにむずかっていた父。

もともと旅行好きな母は、ずいぶん我慢していたと思う。

だからなのか。

父が亡くなってからは、よく出かけるようになった。

千葉に住む姉のところ、同窓会、フェリーで行く格安の九州旅行、などなど。

精力的である。

そして言う。

「今がいちばん極楽や」

と。

ひとこと目はそれで、ふたこと目は、

「お父ちゃんのおかげや」

である。

お父ちゃんが自分に時間とお金を残してくれたから、こんなに楽しい老後を送れるのだということなのだろう。

お父ちゃんはあの世でトホホと言ってるだろうか。

あるいは、お母ちゃんのご機嫌ぶりを喜んでいるだろうか。

きっと後者な気がする。

なんだかんだ言って、母のしあわせを喜んでいるのが父だろう。

父は死後のほうが評価が高い。

生きてるときには暴君だったため、うるさがられ、煙たがられ、子どもからも距離を置かれていた。

しかし亡くなってからは気軽に批判できるためか、案外批判よりも賞賛があったりする。

そして母にいたっては、父を神格化しているようにすら感じる。

そうやって人はカリスマになってゆくのかもしれん。

だとしたら、キリストやブッダも案外、生きてるときには煙たがられてたのかもしれん。

ともあれ。

やりたいことを精力的にこなしている母を見ると、老後もなかなか悪くない、とすら思えるのである。

さて最終日。

妹の語ったところによると、母はホテルの朝食バイキングを精力的に摂取していたらしい。

旅行では毎回、母の食欲がわたしたち姉妹のあいだで伝説になる。

姉のところでも話題になるのは母の食欲ばかり。

「お母ちゃん、ものすごい食べるんよ!」

と何度も報告を受けてきた。

このところ、一時の食欲がなくなりつつある中年の自分と比べてみると、オドロキしかない。

それだけ食欲があるのだから、痩せられないのもしょうがないと客観的に思うのだけど。

母にしてみたら、

「あっさりしたもんしか食べてない」

のに痩せない、というジレンマにおちいっているようである。

あっさりしたものの内容は、ずばり麺類。

無類の麺好きの母は、夏はそうめんばっかり食べてるという。

お母ちゃん、そうめんは痩せるたべもんちゃうで、と思う。

わたしよりも上の年代のひとたちは、食料難の時代に育ったためか、そうめんやうどんは食べても食べても太らないと思ってるようにみえる。

今の常識では、食べやすいものほど太りやすいものなのだ。

ま、太ってても元気ならばそれでいいんやけど。

最終日の昼に行こうと思ってたレストランは、あいにく大型客船でやってきた中国人観光客の貸切であった。

しょうがなく、空港の中にある『A&W』、通称『エンダー』という沖縄にしかないハンバーガーショップで食べようということになった。

しかし。

さすが空港のエンダー。

宮古そばがある。

すると、最初はハンバーガーな気持ちだったわたしたちも、急速にそばごころがつき、結局宮古そばを注文した。








宮古そば 2016 8・19


甥っ子以外、みんな宮古そば。

山のように朝食バイキングを食べた母も宮古そばを食べていた。

2泊3日はあっという間。

ついにお別れのときになった。

いつも電話やメールやLINEでやりとりしているとはいうものの、

宮古島と和歌山では現実的な距離はかなり遠い。

次にいつ会えるかはわからないけど、もともと自分の気持ちをダイレクトに表すのが苦手なわたしには、どうやってお別れを惜しんだらよいかわからず、

なんとなくさよなら、という感じになってしまった。

そのあと、家に帰る車の中は、いつになく口数が少なくなり、なんだかもう夏が終わるのかなという気すらした。

無事に旅行を楽しんでもらえたという安堵感と、まるでホームシックにでもなったような気持ちがごちゃまぜになっていた。

わたしのホームはここなのに。

自分が子どもに戻った気になれた3日間だった。

3日間だけだったけどわが家にもたらした影響があり。

氷ぜんざいのために、しかちくはカキ氷機を買った。

リサイクルショップで540円。

妹おすすめのレトルトぜんざいを買って、うさQとふたりでがりがりやってる。

思い出とともに夏はまだ続行中である。

おわり。


それでは~


とりぶう


関連記事

少しでも面白かったら、下をクリックで応援よろしくお願いします。とりぶうの絵が踊るよ!
FC2Ranking にほんブログ村 小説ブログ ショートショートへ blogranking 人気ブログランキング【ブログの殿堂】 クツログ
ショートショートとりぶうの読むコントの応援をお願いします。
あしたも、お待ちしております。! ブログパーツ 健康食品

コメントの投稿

非公開コメント


No title

こんにちは。
楽しい家族とのひと時、そして見送ったあとの寂しさ。
また同じ時を過ごせると良いですね。

カノッチさん。

ご訪問ありがとうございます~!
年々、あと何回会えるのかな?なんて考えて、ちょっとしんみりしてしまいます。
だからこそ、会えたときには精一杯楽しみたいと思うのですね。
夏は楽しくてせつないです!
     カテゴリ

     登場人物
登場人物 とりぶう 登場人物 しかちく
とりぶう=わたし しかちく=夫 
登場人物 うさQ 登場人物 カメ氏
姉=うさQ 弟=カメ氏 

     最近のコメント

     最新記事

全記事表示


     月別アーカイブ

     携帯でどうぞ
QR

     リンクエリア1
このバナー使ってほしいな!
ショートショートとりぶうの読むコント宮古島へのリンク
右クリックで名前をつけて
画像を保存して使ってね。

相互リンク一覧も見てね

のぶちんと神様の日記
ずっと♪CuteMama
今日は何しましょうか?
自分を探して
現代語訳「今昔物語」
one more time
空想Cafe 日ごろ景色
モエレ沼公園通り
プリモプエル奮戦記
ゆみぴい日記
宮古島に移住した介護士のブログ「ゆうむつ青板」
うつ病トマト自分探し旅
すくわか グルメ
羊飼いな日々
日吉丸の買い物日記
デイリー・ロク
哲雄&AKIの不純愛講座
「おとなの恋愛小説」倶楽部
雨のち虹。時々とまと
線香花火
OLミユキさん
癒しの宮古島
宮古島ナビ
宮古島オンライン
もう少し生きてみようじゃないか
トモにゃん日記
官公庁のバイトさん
~怪しい探検隊~
アパート経営で副業生活
ちょっと一息
健康・薬・美容のあれこれ
kurosio note
サミタ帝愛カジノ『沼』攻略への道
路地裏ニライカナイ
腹ペコ番長の三ツ星ブランチ
1日10分 1年で創る自分史
COCOマミーのケ・セ・ラ・セ・ラ
きのこにっき
こころと体に光を
こころのかたち。
日本一のみかん農家
いしまり総統の独身OL帝国
笑い話千夜一夜
ノラ家の日常・非日常
人生楽ありゃ苦もあるさ
FIELD & STREAM
するめ日記
ワクワクの森
短編物語
クマゴローYOGIYOGI
ぽんぽこりん日記
シナモン「飛行船の殺人」
小説人気ランキング娯楽部
りくの日記
回転!揺りイス固め
ドラッグストア店長日記
通販ショップ Ring
眠気耐えられないサラリーマン
のほほん お散歩日記
あざらし☆BEAUTY
ガケップチ我が侭コラム
過ぎ行く日々の雑事
富山市・中心街通信
リハビリ病棟は今日も大笑い
よっちゃん’s BAR
さぼりのクリーニング日記
トビナナフシ日記
映画レビュー
極楽トンボの思うこと

リンク切れと判断した場合は削除しますが、見落としてリンク切れと判断してしまった場合は教えてくださいね。
FC2リンクに追加する



     おかげさまです

     ランキング
人気記事ランキング10
面白いサイトがいっぱいなのでぜひ見に行ってくださいね。自分のブログにリンクを貼ってクリックするだけで参加できます。SNSからのリンクはカウントされません。