肉厚きのこショートショート とりぶうの読むコント~宮古島  肉厚きのこ 


肉厚きのこ

テーマ : 日記 ジャンル : 日記



みなさんこんにちは。

じめじめしたところを好むやつらといえば。

きのこ。

きのこというものはうっそうとした森の中で、木のかげにひっそりとたたずみ、

ぽっくりとしたいでたちで、ひとびとの目を楽しませたり、食卓をいろどったりするものです。

しかし、きのこの中にも反抗心のあるやつらがいる。

なに、じめじめしたとこで隠れてんだよ!

とこぶしを振り上げるやつがいる。

そういうやつらに出会いました。

そういうやつらは、原っぱのど真ん中にいた。

こんなとこにきのこ?

このきのこどこのきのこ?

と、思わず聞きたくなるくらい、逃げも隠れもせず、原っぱにいた。




このきのこどこのきのこ 2016 8・24




わたしたちが毎日走っている道の横の原っぱ。

ある日。

ぽっくりしたいでたちの白いきのこが出現。

ひっそりとこぶしを振り上げていた。

雨が多いとはいえ、隠れるところもまるでない日当たりのよいところに、3本のこぶしのごとききのこ。

しいたけよりも少し大きい。

しばらくたつと、しいたけよりもだいぶ大きくなった。

そのころ、毎日のように雨が降っていたので、こぶしたちはうほうほと喜んで大きくなったもよう。

これがマツタケだったら、どれだけの値打ちか、と思いながら眺めていた。

そしてまたしばらくたつと、グーをパーにするように、こぶしの傘が開いた。

傘は肉厚で、大人の手のひらよりも大きい。

これがシイタケだったら、ひとつ200円はする、と思いながら通り過ぎた。

さらにしばらくたつと、白かった傘が茶色に色づいていた。

「なんで茶色になったん!?」

とわたしが不思議がると、しかちくが、

「日焼けしたんや」

とさも当然というふうにいう。

「えー、そうなん!?」

と、納得したのだけど。

考えてみると、シイタケなんかは日当たりがよくなくても茶色くなるように思うので、

ほんとのとこはどうなのかはよくわからんです。

しかしまったくもってこのきのこたちはおいしそうな見た目。

食べられるのか食べられないのかわからないので、ある日。

ちょっと蹴ってみた。

すると、でっかい傘がぼこっととれた。

あ、ごめんと思ったけど、そのままにしておくと。

いまだ、肉厚の傘はしなびることなくぽっくりしとる。

日を浴びた肉厚の傘は、いま、乾燥中で、栄養が蓄えられ中かもしれん。

これが食べられたらいいなあと思い、ネットで調べてみたものの。

きのこの種類が多すぎて、調べるのを断念した。

また気が向いたら調べてみよう。

それまできのこがありますように。

それでは~


とりぶう

少しでも面白かったら、下をクリックで応援よろしくお願いします。とりぶうの絵が踊るよ!
FC2Ranking にほんブログ村 小説ブログ ショートショートへ blogranking 人気ブログランキング【ブログの殿堂】 クツログ
ショートショートとりぶうの読むコントの応援をお願いします。
あしたも、お待ちしております。! ブログパーツ 健康食品

コメントの投稿

非公開コメント

     カテゴリ

     登場人物
登場人物 とりぶう 登場人物 しかちく
とりぶう=わたし しかちく=夫 
登場人物 うさQ 登場人物 カメ氏
姉=うさQ 弟=カメ氏 

     最近のコメント

     最新記事

全記事表示


     月別アーカイブ

     携帯でどうぞ
QR

     おかげさまです