嫁はちょっと不細工がいいのであるショートショート とりぶうの読むコント~宮古島  嫁はちょっと不細工がいいのである 


嫁はちょっと不細工がいいのである

テーマ : 日記 ジャンル : 日記



みなさんこんにちは。

いつもジョギングで通る海沿いのコースでは、

ときどき、

グラビアアイドルかなにかと思われる女の子の撮影風景をみかけます。

きのうもそれを見かけたのですが、

年々目がしょぼしょぼしてくるしかちくは、

「みんな熊田曜子に見える」

と言ってた。

よしよし。

その調子でわたしも熊田曜子に見えてるんだな、

と思いたい金曜日。

モコ日記です。





吾輩はモコである。

文鳥である。

夫婦の会話というものが一般的にはどういう内容が多いのか、吾輩はよく知らぬ。

とりぶうとしかちく夫婦の会話に限って言うと、ひたすらくだらないと断言できる。

今日は映画「ロッキー」の話をしていた。

こういうときの常であるが、とりぶうはなんでも頭文字を「モ」にすると、吾輩になるとでも思っているのか、ロッキーをもじって「モッキー」などと呼びに来る。

吾輩はサルではない。





モッキー 2016 9・9





さて、ロッキーという映画、ずいぶん昔の映画であるが、なかなかよくできた映画らしい。

しかしとりぶうは見ていない。

そこでシリーズをほとんど見たというしかちくにいろいろ聞いていた。

いちばんの見所を聞かれたしかちくは、

「あのな、嫁はんのエイドリアンがじゃっかん、不細工やねん」

と言う。

衝撃である。

シリーズ化もした人気のボクシング映画で、しかもアカデミー賞まで取ったという有名な映画で、いちばんの見所がまさか嫁の不細工ぶりとは。

しかしとりぶうは妙に納得している。

「ナルホド。嫁が美人じゃないというのはリアリティあるわ~。

諸葛孔明の嫁も不細工やったって言うしな。

できる男は美人妻とかいらんねん。

美人だったら、すぐに浮気するんちゃうかとか考えてしまうし、鼻持ちならん性格だったりするし、

何かを目指してるときにいらん気をつかいたくないもんな」

と大きくうなずいている。

しかちくも大きくうなずきながら三本の指を立てて、

「嫁はちょっと不細工に限る。

ロッキー、諸葛孔明、しかちく、この三人の嫁は不細工やねん」

と言っていた。

「きー、だれが不細工やねん」

とりぶうは怒る。

しかしすぐに気をとりなおし、

「でもちょっと不細工な女がいちばんええっていうのは常識やしな」

と言う。

おめでたい女だ。

ちょっと不細工な女がいいなどというのは、いったいどこの常識なのか。

我田引水とはこのことである。

アホらしいことばかり言ってるが、それが夫婦の会話というものなのだろう。

しかしなんでもちょっとダメなくらいがよい、というのは本当である。

相手が立派過ぎるとやりにくいものなのだ。

ちょっと不細工な女、ちょっとバカな男、ちょっとどんくさい文鳥。

ほころびが見えると人は安心できるのだ。

吾輩はどんくさいなどと自分自身のことは思っていないのであるが、とりぶうもしかちくもそういうので、しぶしぶ認めている。

ちょっと譲歩してやることも、重要なことなのである。





ちなみに。

「ロッキー」のエイドリアンと「ゴッドファーザーシリーズ」のアル・パチーノの妹役の人が同じだそう。

ちょっと不細工といったらかわいそうだけど、

たしかに美人女優ではない、

ああ、

ちょうどええ感じかもしれんなあ。

それでは~


とりぶう

少しでも面白かったら、下をクリックで応援よろしくお願いします。とりぶうの絵が踊るよ!
FC2Ranking にほんブログ村 小説ブログ ショートショートへ blogranking 人気ブログランキング【ブログの殿堂】 クツログ
ショートショートとりぶうの読むコントの応援をお願いします。
あしたも、お待ちしております。! ブログパーツ 健康食品

コメントの投稿

非公開コメント

     カテゴリ

     登場人物
登場人物 とりぶう 登場人物 しかちく
とりぶう=わたし しかちく=夫 
登場人物 うさQ 登場人物 カメ氏
姉=うさQ 弟=カメ氏 

     最近のコメント

     最新記事

全記事表示


     月別アーカイブ

     携帯でどうぞ
QR

     おかげさまです