ぼんさんは屁をショートショート とりぶうの読むコント~宮古島  ぼんさんは屁を 


ぼんさんは屁を

テーマ : 日記 ジャンル : 日記


みなさんこんにちは。

小さな離島、宮古島でも方言の違いがあり、

〇〇の訛りはきついとか、

××の訛りはなじめんとか、

他の地方出身者からするとどこが違うのかまるでワカランけれども、

そこに住む人々にしてみたら、厳然と存在する訛りの違いは気になるひとには気になるもよう。

関西でもそれはそうで、

同じ大阪でも北のほうと南のほうは違い、

わたしの育った和歌山などになると、大阪とはまるで違う言い回しをすることがよくあります。

中でも、おなじみ「屁」。(なんのおなじみ?)

和歌山では、おならをすることを「屁をへる」と言います。

和歌山で生活しているぶんには、屁はへるものでなんの支障もなかったのですが、

大阪に出てきた18歳のとき。

途方にくれました。

大阪の人は屁はへるって言わん、

屁は「こく」あるいは「こぐ」と言ってるよ!

「こく」と「こぐ」

いったいどっち!?

わたしは来る日も来る日も悩みました。

どっちが正解かわからなかったので、わたしは「おならをする」ということによりお茶を濁していました。

そのため、だれかが屁の話をはじめて、

「こいつなー、屁こいてなー」

などと言うたびに、耳をそばだてては、

「こいて」という活用形じゃなくて、終止形で言ってほしい、

とひとりもんもんと悩んでいたのです。

ほかに悩むことなかったんか、と当時のわたしに言いたい。

でもその自分が今のくだらない自分をつくっているのだと思うと、いとおしさをおぼえる。(あほや)

さてそのうち。

「だるまさんがころんだ」という遊びの話になり、わたしは「兵隊さんが通る」でやってたのだけど、

大阪では「ぼんさんが屁をこいた」と言うと知り、

そんなにも屁が愛されてると驚きました。

ますます、

「これはいまさらもって聞くに聞けない状態になった・・」

と冷や汗を流しました。

その後、正しく聞く機会を持つことができないまま月日は流れ、さいきん。

ふと雷に打たれたようにわかったのです。

ああ!

ぼんさんが、屁をこいた!

ぼんさんは、屁を、こい、た、んや!

と!




ぼんさんがへをこいた 2016 9・14




それのなにが発見か、といわれるかもしれません。

ようく聞いてください。

ぶー。

すいません、屁をこいてしまいました。

結論として、屁は「こく」ものです。

「こぐ」であれば、ぼんさんは屁を「こいだ」になるのです。

たとえば、船をこぐ、といいますが。

過去形にしたら、船をこいだ、と「た」に濁点がつくのです。

「こく」も「こぐ」も、どちらも連用形ではイ音便になるので「こい」の部分は同じ。

見分けるポイントは、「た」か「だ」なのです。

「書く」と「嗅ぐ」も、イ音便で、過去形は「書いた」「嗅いだ」になり、

濁点がつくほうは、「た」も「だ」と濁点がついた形になるのです。

あー、すっきりしたー。

これで堂々と「屁はこくものだ!」と言える~。(どこで?)

しかし。

屁に関して、ちょっと悲しい話。

マラウイ共和国では公共の場所では放屁が禁止されてる。(ウィキペディアより)

堂々と屁はこけないのだ。

悲しい。(やる気だったん?)

マラウイに行くときには気をつけましょう。

それでは~


とりぶう


少しでも面白かったら、下をクリックで応援よろしくお願いします。とりぶうの絵が踊るよ!
FC2Ranking にほんブログ村 小説ブログ ショートショートへ blogranking 人気ブログランキング【ブログの殿堂】 クツログ
ショートショートとりぶうの読むコントの応援をお願いします。
あしたも、お待ちしております。! ブログパーツ 健康食品

コメントの投稿

非公開コメント

     カテゴリ

     登場人物
登場人物 とりぶう 登場人物 しかちく
とりぶう=わたし しかちく=夫 
登場人物 うさQ 登場人物 カメ氏
姉=うさQ 弟=カメ氏 

     最近のコメント

     最新記事

全記事表示


     月別アーカイブ

     携帯でどうぞ
QR

     おかげさまです