料理本読書ショートショート とりぶうの読むコント~宮古島  料理本読書 


料理本読書

テーマ : 日記 ジャンル : 日記



みなさんこんにちは。

わたしは料理本を見るのが好きです。

もう趣味といっていい。

子どものころからそうで、母の持ってた料理本を眺めては、

「この中でいちばんおいしそうなのはこれやな」

とにやにやしていました。

いまでもときどき料理本を眺めます。

すると、

「本見て何を作るん?」

と聞かれるのだけど、

「本見ては作れへん」

と答えています。

料理の本を見るのは好きだけど、

人のやり方にしたがって作ることはとても苦手なので、

料理本を見る目的は、ずばり、料理のイメージを高めるため、といえる。





イメージがわく 2016 9・21




しかし今日はめずらしく、本に載ってたものを作りました。

ジャガイモのポタージュ。

作り方は簡単。

ジャガイモの皮をむいてすりおろす。

たまねぎの皮をむいてすりおろす。

水を入れて、火にかける。

アクをとる。

クリームシチューの素をいれる。

以上。

分量は適当。

うむ。

本に載ってた通り。

と、思っていたのですが。

本はかなり違った。

本を見ながら作ったのではないので、そこは自分流があふれていた。

まず、じゃがいもたまねぎ以外に、にんじんやセロリなどが使われていた。

そして。

根本的に違うことがあった。

それは、クリームシチューの素を使うという部分。

あれを使うと、少々の失敗がかなりかくされる。

それどころか、もうすりおろしとかいらんのちゃう?という気になる。

しかし、自分の中では、

「きっとこんなもんやろ」

という達成感があった。

料理ってまあ、そんなもんです。

本からはインスピレーションをもらうものだと思っています。

そういえば。

むかし、1年ほどワーキングホリデーでニュージーランドに行ったとき。

とても役に立ったのは料理の本でした。

分厚い基本の料理本を持っていったのですが、あれは心底役に立ったといえる。

ヒマがあれば眺めていたなあ。

しかし分量どおりに作ったことはやはりなく。

インスピレーションをもらっていたのでした。

いつも行き当たりばったりで作るわたしの料理は、二度と同じものができないものが多く。

「あの時食べたあれ作って」

と言われても、

「同じものはムリ」

と答えざるをえん。

珍しくレシピが残っていたとしても、その通りに作ることはイヤなので、きっとアレンジを加える。

結果、わたしの料理は前に進んでいるのか、迷路に迷い込んでるのか、よくわからんことになってるんだなあ。

それでは~


とりぶう

少しでも面白かったら、下をクリックで応援よろしくお願いします。とりぶうの絵が踊るよ!
FC2Ranking にほんブログ村 小説ブログ ショートショートへ blogranking 人気ブログランキング【ブログの殿堂】 クツログ
ショートショートとりぶうの読むコントの応援をお願いします。
あしたも、お待ちしております。! ブログパーツ 健康食品

コメントの投稿

非公開コメント

     カテゴリ

     登場人物
登場人物 とりぶう 登場人物 しかちく
とりぶう=わたし しかちく=夫 
登場人物 うさQ 登場人物 カメ氏
姉=うさQ 弟=カメ氏 

     最近のコメント

     最新記事

全記事表示


     月別アーカイブ

     携帯でどうぞ
QR

     おかげさまです