日々、挑戦であるショートショート とりぶうの読むコント~宮古島  日々、挑戦である 


日々、挑戦である

テーマ : 日記 ジャンル : 日記


みなさんこんにちは。

やろうやろうと思っている面倒な掃除。

暑いさなかは、「涼しくなったらやろう」と思い、

涼しくなったらなったで、「なんか眠い」と思い。

なかなか重い腰は上がらない。

これが「おいしいものを食べる」という提案であれば、暑かろうが寒かろうが腰は軽々上がるのに。

食欲の秋、金曜日。

モコ日記です。






吾輩はモコである。

文鳥である。

土日以外休みでないとりぶうにとって、祝日というのはやる気がまるで起きないものらしい。

きのうも一日中、だらりとした雰囲気をかもしていた。

そのだらけた雰囲気は祝日そのものである。

そうして、なにやら読んで笑っている。

何を読んでいるのかといえば、自分の過去の記事である。

あろうことか、自分が書いたものを読んで笑っているのである。

心底アホである。

軽蔑に値する。

笑っているだけではすまなかったのか、しかちくに対して、

「しかちゃんな、去年の今頃、サングラスをかけたまま『オレのサングラスがない』って探してたで」

と報告していた。

報告されたしかちくも、初めて聞いたように笑っているのであるからおめでたい夫婦である。

自分で書いて自分で読んで自分が喜んでいる。

まるでタコが自分の足を食べて、うまいうまい、と舌鼓を打つかのごとくである。

発展がない。

このままでは、同胞である牛の肉骨粉を食べさせられて、脳みそがスポンジ状になった狂牛病の牛になるのではないか、と吾輩は危惧するのである。

とりぶうは趣味を聞かれたら「読書」と答えるわりには、本を読んでいる姿を見たことがない。

少なくとも新しい本や、読むのに労力がいるものは読んでいない。

そういうものは体力がいるのだ。

しかし、限界を少し超えた挑戦をしないことには進歩はない。

挑戦を忘れたら、人は老いるしかない。

読みやすいものばかり読んでいたら脳の発展はない。

ということは、である。

逆にいえば、少し前のめりに挑戦してみることで、人は活性するということである。

自分の世界を少し出てみることがよいのである。

もちろん、それには危険がともなうこともある。

逃げ出さない忍耐も必要であろう。

その忍耐力が人間の品性を支える筋肉なのである。

人間でない吾輩もそれを実践している。

日々、少しずつ自分の世界から人間の世界に歩み寄るようにしている。

とりぶうやしかちくにどれだけ近づけるか、日々、近さの更新をしているのだ。






日々、挑戦 2016 9・23



今日も、水浴びした直後の濡れたままの体で、しかちくに近づいてやった。

しかちくは、

「モコちゃん、モコちゃん!」

と猫なで声を出す。

それでいてしかちくは吾輩に執着しないので、近くまで行ってもあまり被害めいたことはない。

困るのはとりぶうである。

すぐに吾輩をつかもうとする上に、最近は、

「モリドちゃん」

などという意味のわからない呼び方をする。

イヤである。

よからぬ意味があるに違いないと思っている。

もっと品の良い名前で呼んで欲しいものだ。

とりぶうは元来下品な人間であるから、それも致し方ないのであるが、読書の秋なのだから、せめて品性高めるものを読めばよいと思うのである。





モコはわたしたちの近くまで寄ってくるときには、ものすごく細くなっています。

気を抜いてるときと、緊張しているときの、見た目の太さが全く違うのがおもしろいんだなあ。

それでは~


とりぶう


少しでも面白かったら、下をクリックで応援よろしくお願いします。とりぶうの絵が踊るよ!
FC2Ranking にほんブログ村 小説ブログ ショートショートへ blogranking 人気ブログランキング【ブログの殿堂】 クツログ
ショートショートとりぶうの読むコントの応援をお願いします。
あしたも、お待ちしております。! ブログパーツ 健康食品

コメントの投稿

非公開コメント

     カテゴリ

     登場人物
登場人物 とりぶう 登場人物 しかちく
とりぶう=わたし しかちく=夫 
登場人物 うさQ 登場人物 カメ氏
姉=うさQ 弟=カメ氏 

     最近のコメント

     最新記事

全記事表示


     月別アーカイブ

     携帯でどうぞ
QR

     おかげさまです