申し送りでぜったい笑うってショートショート とりぶうの読むコント~宮古島  申し送りでぜったい笑うって 


申し送りでぜったい笑うって

テーマ : 日記 ジャンル : 日記




みなさんこんにちは。

宮古島には宮古テレビというのがあり。

宮古島内ではなかなかの視聴率だと思われる。

と、いうのも。

地域密着がすごい。

地域のさまざまな催しを日々、ながしてくれて、

半径5キロの世界がくまなくわかってしまう。

しょっちゅう知ってる人がうつる。

ときどき気を抜いてたら自分の子どもがうつってたりする。

子どもとテレビを見てて、

「あれ?あんたうつってるやんか」

とかいうことになってたりする。

他チャンネルのテレビ番組に、とくに見るものがないとき。

どこか遠い地方の素人さんの画を見るよりも、やはり知ってる人の映ってる画を見たくなるものなのか、

知ってるところを知ってる人が知ってる催しに参加してるというのを、

「知ってる知ってる」

といいながら見てる。

アホな感じである。

そんな宮古テレビをこのあいだも見ていたら。

知ってる街をぶらぶら歩く街歩き番組「さんだる」で、

ある商店の郵便受けがすごいことになってた。

その古びた商店の前には郵便受けがなく、あるのは古びた事務机だけ。

ところどころさびてる事務机。

郵便配達の人は、おもむろに事務机の引き出しを開け、そこに郵便物を入れてた。




どこがポストでしょう? 2017 1・24




おもわず、

「そこ!?」

と突っ込んだ。

「知ってる知ってる」ばかりのはずの宮古テレビで、

それはまずわからないことで、

なかなかの衝撃だった。

いまではアマゾンだってメルカリだってきちんと届く宮古島だけど。

受け取りサインがいらない荷物はその引き出しに入れられるのかと思うと、

なんか笑える。

まるで魔法の引き出しみたい。

そういえば。

郵便配達の担当が替わるときは、配達ルートを前任者と後任者が二人一緒にやってきて、各家の郵便受けの申し送りをするみたいだけど。

そこではきっと、

「これが郵便受けね」

と前任者が事務机の引き出しを開けて言うと、

「ちょっと待ってくださいよ~、冗談きついっすよ~」

と後任者が軽く笑い、

「いやいや、冗談じゃなくて」

と前任者が真顔でいい、

「・・・・まじか」

と後任者が絶句する。

そんな光景が繰り広げられるのだろうと思うと愉快なんだなあ。


それでは~


とりぶう

少しでも面白かったら、下をクリックで応援よろしくお願いします。とりぶうの絵が踊るよ!
FC2Ranking にほんブログ村 小説ブログ ショートショートへ blogranking 人気ブログランキング【ブログの殿堂】 クツログ
ショートショートとりぶうの読むコントの応援をお願いします。
あしたも、お待ちしております。! ブログパーツ 健康食品

コメントの投稿

非公開コメント

     カテゴリ

     登場人物
登場人物 とりぶう 登場人物 しかちく
とりぶう=わたし しかちく=夫 
登場人物 うさQ 登場人物 カメ氏
姉=うさQ 弟=カメ氏 

     最近のコメント

     最新記事

全記事表示


     月別アーカイブ

     携帯でどうぞ
QR

     おかげさまです