寄り道時代ショートショート とりぶうの読むコント~宮古島  寄り道時代 


寄り道時代

テーマ : 日記 ジャンル : 日記




みなさんこんにちは。

高校時代、帰宅部だったわたしは。

帰りはしょっちゅう寄り道していました。

行きは始業ベルぎりぎりに行くので、自転車を飛ばしに飛ばして25分。

しかし、帰りはぐだぐだ、だらだら友だちとしゃべりながら帰るので早くて40分、1時間かかることもしばしば。

寄り道して帰るときには当然もっと遅くなり、時間にうるさい父にどなられることもよくありました。

カラオケボックスもまだまだ普及してなかったころ。

寄り道先は帰り道にある本屋、クレープ屋、雑貨屋、などが主で、あとは友だちの家。

とにかく、わたしの高校時代は寄り道とともにありました。

新しくできた雑貨屋では、20代後半くらいの若い店長に、「おっちゃん」と呼びながらも、

友だちふたりと、

「おっちゃんの店を盛り立ててあげなければいけない」

と最初の客であるからという、なにかへんな使命感を持って足しげく通っていました。

当時。

自分たちで開拓した店というのには独特の愛着があり、親と一緒に行く店とは違い、自分のオトナ度が試されるような気がしていました。

さて。

まだまだのどかな時代。

そのころの高校では、先生たちがお昼を頼むため、よく近くの食堂から出前の人が出入りしていました。

中でも自転車でいせいよく出前を運んでくるおっちゃんがいて、ときどき話をするようになりました。

白い上っ張りに下駄履きのおっちゃんは、たぶん60歳はすぎていて、わたしたちは子どもよりも孫に近い年齢だったと思うのですが、

なにかの拍子に、おっちゃんの店に一度食べに行くという約束をしました。

友だち6人くらいである日の学校帰り、おっちゃんの店に行きました。

スマホもない時代、6人であっちでもないこっちでもない、と迷いながらたどり着いたのは小さな食堂でした。

ファミリーレストランと違い、街中の食堂に自分たちだけで入るのは初めてのことで、もじもじしながら入りました。

ボックス席が2つとカウンター席だけの狭い店。

おっちゃんはわたしたちを快く迎えてくれました。

わたしたちは並んでカウンターに座りました。

学校では気楽におっちゃんに話しかけられたのですが、相手のフィールドで会うと借りてきた猫。

おっちゃんの店ではひたすらおとなしくなってしまったのを覚えています。

わたしたちは店で安いほうから2番目くらいのうどんを頼みました。

わたしたちは「おいしいおいしい」と言いながら食べました。

本当においしいかどうかは今となっては覚えていないのですが、

「おいしい」というのがこの場合のオトナの対応である、ということはわかっていたので、

わたしたちは背伸びのコメントをしていたのでした。

わたしたちが食べ終わるかどうかのとき、おっちゃんは、

「これ食べ」

と言って小皿に乗ったたくあんを2切れずつ、みんなに出してくれました。

黄色と黄土色の中間のような、いかにも手作りのたくあん。

お礼を言って口に入れるといきなりすっぱい味がしました。

とっさに、

ああ、これは苦手なほうのたくあんや、

と悟りました。

その当時のわたしの定義では、たくあんには甘いのとすっぱいのがあり。

スーパーでもふつうに売ってる甘いものは子ども用、主に自家製のよく漬かったすっぱいのはおじいちゃんやおばあちゃんが好む用。

すっぱいたくあんのおいしさは子どもにはよくわからず、できるだけ口にしないようにしてきました。

ところがおっちゃんのたくあんはすっぱい。

思わず友だちを見たら、みんな微妙な雰囲気ながら、ぜんぶ食べています。

ふだんちょっとわがままで好き嫌いが激しいYちゃんですら、神妙な面持ちでたくあんを口に運んでいました。

いちばんおしゃべりのSが、

「こういうのがほんまにおいしいやつやんな」

と口を開きました。

みんなうなずきながら「おいしいおいしい」と言いました。





すっぱいたくあん 2017 1・31




しなしなだけど、噛むとかりっとした歯ごたえがあり、

ぴりっとしたすっぱさは、いまではきっとおいしいと思うはず。

甘いたくあんよりもはるかにそっちを好むと思います。

でもあのときはまるでおいしいとは思えませんでした。

それでもみんなが口をそろえて「おいしい」と言ったのは。

オトナとして対応したからだと思います。

口はまだまだ子どもだけど。

相手の好意にきちんと感謝をする、ということを学んだ瞬間でした。

授業で何を学んだかは、いまではあんまり覚えてないけど。

あのときのたくあんの味は今でも覚えています。

寄り道で学んだことは多く。

わたしの高校時代は、寄り道時代といってもいいくらいなんだなあ。

それでは~


とりぶう


少しでも面白かったら、下をクリックで応援よろしくお願いします。とりぶうの絵が踊るよ!
FC2Ranking にほんブログ村 小説ブログ ショートショートへ blogranking 人気ブログランキング【ブログの殿堂】 クツログ
ショートショートとりぶうの読むコントの応援をお願いします。
あしたも、お待ちしております。! ブログパーツ 健康食品

コメントの投稿

非公開コメント

     カテゴリ

     登場人物
登場人物 とりぶう 登場人物 しかちく
とりぶう=わたし しかちく=夫 
登場人物 うさQ 登場人物 カメ氏
姉=うさQ 弟=カメ氏 

     最近のコメント

     最新記事

全記事表示


     月別アーカイブ

     携帯でどうぞ
QR

     おかげさまです