単純明快なおばちゃんショートショート とりぶうの読むコント~宮古島  単純明快なおばちゃん 


単純明快なおばちゃん

テーマ : 日記 ジャンル : 日記



みなさんこんにちは。

司馬遼太郎さん原作のドラマ「坂の上の雲」で、

阿部寛さん扮する秋山好古さんの口ぐせが、

「単純明快に生きろ」

だったなあ、と思い出し。

あのドラマを見た当初は、

「そうだな。ややこしいことを考えずに、まわりくどいことを考えずに、単純明快に生きる。これは素晴らしいことだ」

と納得したのだけど。

すぐに忘れてた。

単純な人間なのに、単純明快に生きることを忘れていた。

よし、これからは単純明快に生きるのだ!

とさいきん再び思うようになった45歳の春。

しかし単純明快に生きるというのは、どうやって生きるのだ?

自分の思うままに生きていたら、いろいろアツレキも起きるであろうし、

かといって、気をつかってばかりいたら、単純明快とはいえない。

単純明快に生きてる人ってどんなんやろう?

と思っていた矢先。

庭に知らない人が入ってきた。

見たこともないおばさん。

おばさんはつかつかとうちの庭に入ってきて、アセロラの木の前で止まり、首をめぐらして赤い実を見つけると、もぎとって食べた。

「あ・・・!」

と思っていると、おばさんはもう一個、もぎとって食べた。

そしてうちの玄関のほうにやってきて、玄関横の郵便受けに何かのチラシをぽとりと入れ、

踵を返すと、またアセロラの木の横で立ち止まり、

赤い実を二つほどぽこぽこ口に放り込んでいた。

そうしてすたすた門を出てった。


おばちゃん! 001




おばちゃんの足取りになんの迷いもなかった。

あれこそ単純明快だった。

おばちゃんは、チラシ配りの仕事をしていた。

あれ?

この家、アセロラがあるさー。

赤いのできてるさー。

食べるさー。

そういう思考回路だったと思われる。

アセロラがある→食べる

まで迷いがなにも感じられなかった。

あまりにも単純明快で、

「いや、おばちゃん、それうちのアセロラやんか、食べたらあかんやんか」

ということもできなかった。

周りになにも言わせないあの単純明快さ。

うらやましいけど、なかなか真似することは大変だと思うにつけ。

単純明快に生きるって、才能なんかもしれんなあ。

それでは~


とりぶう

少しでも面白かったら、下をクリックで応援よろしくお願いします。とりぶうの絵が踊るよ!
FC2Ranking にほんブログ村 小説ブログ ショートショートへ blogranking 人気ブログランキング【ブログの殿堂】 クツログ
ショートショートとりぶうの読むコントの応援をお願いします。
あしたも、お待ちしております。! ブログパーツ 健康食品

コメントの投稿

非公開コメント

     カテゴリ

     登場人物
登場人物 とりぶう 登場人物 しかちく
とりぶう=わたし しかちく=夫 
登場人物 うさQ 登場人物 カメ氏
姉=うさQ 弟=カメ氏 

     最近のコメント

     最新記事

全記事表示


     月別アーカイブ

     携帯でどうぞ
QR

     おかげさまです