立位体前屈ショートショート とりぶうの読むコント~宮古島  立位体前屈 


立位体前屈

テーマ : 日記 ジャンル : 日記



みなさんこんにちは。

体育が苦手だったわたしが、唯一、体力テストでだれにも負けない自信があった項目。

それは立位体前屈。

立ったまま、ひざを曲げずにどれだけ測定器を押し下げられるか、という柔軟性を測るやつ。

あれがめっぽう得意だった。

いまだに立ったままひざを曲げずに手のひらを下にべたっとつけることができる。

それどころか、腕に余裕すらある。

だれかが、柔軟性自慢をしだしたら黙ってはいられない。

みんなが自分の柔軟性自慢をし終わったあと、おもむろに、

ワシはこんなこともできますねんで、とばかりに手のひらをベタっと床につけるあれをやってみせる。

わ~、すごい~、

と、言われる。

わたしの心の中限定やけど。(なんじゃそれ)

残念なことに、柔軟性を自慢する機会などほとんどない。

ときどき、

「立位体前屈、測りたいなあ」

と思う。(あほか)

立位体前屈大会あったらええのになあ、と思ったりする。

話はそれるのだけど。

漢字ばかりで、けっこう難しめな言葉「りついたいぜんくつ」を、小学校低学年でも呪文のように、

「りついたいぜんくつ、りついたいぜんくつ」

と言ってたので、子供でもけっこう難しいことばをそのまま覚えることができるのだなあ、と思った。

ところで。

今、立位体前屈はどうなってるかというと。

ない。

すでに立位体前屈は測られていない。

かわりに、「長座体前屈」というのが行われているらしい。

立ったままではなく、座ったまま、測るのだそうだ。

なぜ、立位体前屈がなくなったかというと。

子供たちの体型の変化(長脚化)により記録は悪化傾向したからなのだとか。

長脚化で悪化傾向。

と、

いう、

こと、

は。

短脚であるがために、わたしは立位体前屈が得意だったのか。

知らなければよかった。

そういえば。

怪獣ジャミラは立位体前屈が得意そうである。

ジャミラの画像を検索したら、長い胴体、短い脚、いかり肩、

こ、これは、

まるでわたしではないか!





リアルジャミラ 001





柔軟性というよりも、

足の長さが記録を左右する立位体前屈。

長座体前屈になったら、わたしはひょっとしたらまるで苦手になっているのかもしれんなあ。

それでは~


とりぶう

少しでも面白かったら、下をクリックで応援よろしくお願いします。とりぶうの絵が踊るよ!
FC2Ranking にほんブログ村 小説ブログ ショートショートへ blogranking 人気ブログランキング【ブログの殿堂】 クツログ
ショートショートとりぶうの読むコントの応援をお願いします。
あしたも、お待ちしております。! ブログパーツ 健康食品

コメントの投稿

非公開コメント

     カテゴリ

     登場人物
登場人物 とりぶう 登場人物 しかちく
とりぶう=わたし しかちく=夫 
登場人物 うさQ 登場人物 カメ氏
姉=うさQ 弟=カメ氏 

     最近のコメント

     最新記事

全記事表示


     月別アーカイブ

     携帯でどうぞ
QR

     おかげさまです