保安検査場の真ん中で夫の名を叫ぶ ~吠える!ホエールウォッチング(1)ショートショート とりぶうの読むコント~宮古島  保安検査場の真ん中で夫の名を叫ぶ ~吠える!ホエールウォッチング(1) 


保安検査場の真ん中で夫の名を叫ぶ ~吠える!ホエールウォッチング(1)

テーマ : 日記 ジャンル : 日記




みなさんこんにちは。

20年前。

ニュージーランドのカイコウラという町でホエールウォッチングをしようと思ってたのが、なんの理由だったか中止になり。

ウォッチングがかなわないまま、こんにちまで至り。

泳ぐクジラを見ることは水族館以外ではもうないであろうと思っていた矢先。

しかちくが沖縄でホエールウォッチングをしようと提案。

先週日曜日、行ってきた。

ふだんクジラは北の海にいるらしい。

北の海て、相撲取りの名前じゃないよ。(わかってるわ)

ベーリング海とかの冷たい冷たい北の海。

それが、1月から3月ころ、繁殖と子育てのために南下してくるらしい。

それもフジツボをくっつけてることで有名なザトウクジラが見られるらしい。





ザトウクジラ 001




正直、ザトウクジラなどといいうでかそうなクジラはハワイ沖などの太平洋の真ん中まで行かねば見られないだろうと思ってたので、意外だった。

ザトウクジラは沖縄近海と、あと、小笠原と、あと、まあどっかそこらへんで見られるらしい。(いい加減な情報)

ふだん気楽に見ていた海も、ひょっとしたらクジラがウヨウヨいるかもしれんのである。

なんだか怖いような恐ろしいような気持ちになる。(どっちもおんなじやん)

那覇から船に乗ってホエールウォッチングできるところがあるというので行ってきた。

しかちくとわたしとうさQの3人で行ってきた。

沖縄本島に住んでいるうさQとは那覇で合流するのであるが、飛行機に乗る前、宮古島の保安検査場でさっそくわたしはつかまった。

ちなみに保安検査場というのは、手荷物をチェックするところ。

しかちくがさっさと行ってしまったあと、わたしの前には高齢のご婦人が3人いて手間取っていた。

手荷物がやたら多く、そのうえチケットもどれがどれかわからず、全部取り出してはあーでもないこーでもないと言い合っている。

わたしはじゃっかんいらつきながらも、イライラしてはいけない、自分も行く道、行く道、と思いながら待っていた。

そうしてわたしの番である。

さっそうとチケットをかざし、通り抜けようとすると。

係官が、

「ちょっとまってください!」

とわたしを止めるではないか。

そしてチケットを見て、「一度通られました?」と聞く。

「いいえ」と答えると、係官は、このチケットですでに通った人がいるのであなたを通すことはできない、という。

一瞬、

ワナにはめられたのか?
わたしはロシアのスパイかよ!

と突っ込もうとおもったが、そんなことはできる雰囲気でもなく、要するに、自宅のパソコンでプリントアウトしたとき、間違えて同じものを2枚印刷してしまったのだった。

係官は「お連れの人を呼んでもらえますか」という。

わたしはあわててしかちくを呼びに行こうと金属探知機の門みたいなやつを通ろうとすると、

「あなたは通れません!」

とストップがかかる。

いやいや、ここは関所じゃないでしょ?ああ、関所なの。

しぶしぶ戻ったのだけど、しかちくの姿は見えず、途方に暮れる。

係官は、「スマホか携帯で呼べませんか」と気軽にいう。

が。

わたしたちはまれに見る化石夫婦。

ふたりで共通のガラケーひとつで日々過ごしている。

そのうえ、そのガラケーは今、わたしのかばんに入ってる。

しょうがなく、でっかい声で「しかちくー!しかちくー!」と叫ぶ。

しかしやってきたのは別の係官。

わたしの状況を見て、

「スマホで連絡つきませんか?」

という。

だから!

むりなんだってば!

わたしはどうしたらよいかわからず、

「赤いジャンパーの男性なんです!」

と言い、だれかに探してきてもらうよう大声でしかちくのいでたちを説明していると。

向こうから当の赤いジャンパーの男性がやってきた。

わたしの顔を見て、引き返そうとするので、

「しかちくっ!ちょっと!来て!」

とあわてて大声で引き留めた。

なんで一瞬引き返そうとしたんかな。

結局しかちくも外に出され、あらためて受付でチケットを発行してもらいどうにか飛行機に乗ることができた。

わたしの前で手間取っていたおばあさんたちを見て、行く道行く道、と余裕ぶっこいていた自分が恥ずかしすぎる。

しかちくに顛末を話すと、

「そんなときは大声や。とにかく大声で叫ぶことが大事」

というアドバイスをいただいた。

できるならば今後使う場面がないことを願うばかりなのだけど、一応肝に銘じておきたい。

しかし、いままでこんなうっかりミス少ないほうだったのに、情けない。

自分で自分を裏切ることがあるということがわかった。

ひょっとしてなんらかのスパイがわたしの中にいるのかもしれんなあ。


つづく。

それでは~


とりぶう


少しでも面白かったら、下をクリックで応援よろしくお願いします。とりぶうの絵が踊るよ!
FC2Ranking にほんブログ村 小説ブログ ショートショートへ blogranking 人気ブログランキング【ブログの殿堂】 クツログ
ショートショートとりぶうの読むコントの応援をお願いします。
あしたも、お待ちしております。! ブログパーツ 健康食品

コメントの投稿

非公開コメント

最近

いや、前からか?
この世で一番信用出来ないのは自分です(爆)

まず、何かあったら自分から疑います(¬、¬) アヤシイ

のぶちんさん。

いや、ほんとに自分がいやになるくらい、この旅行でも自信喪失でした。
空港でも、ANA側の並んでたはずが、JAL側で、並びなおさねばならなかったり。
これは妖怪とか、こびととかの仕業なんでしょうかね?(自分の老化!)
     カテゴリ

     登場人物
登場人物 とりぶう 登場人物 しかちく
とりぶう=わたし しかちく=夫 
登場人物 うさQ 登場人物 カメ氏
姉=うさQ 弟=カメ氏 

     最近のコメント

     最新記事

全記事表示


     月別アーカイブ

     携帯でどうぞ
QR

     おかげさまです