圧倒的なんですショートショート とりぶうの読むコント~宮古島  圧倒的なんです 


圧倒的なんです

テーマ : 日記 ジャンル : 日記




みなさんこんにちは。

離島のため、宮古島では新刊本の発売が少しおくれる。

キングダムの発売日を2日過ぎて書店に行くと、

「3日後に入る」

と言われ、念のためそういわれた日からさらに2日後、

発売日から1週間後にコンビニに行くと、すでになかった。

ああ、キングダムの新刊は今週中に手に入るのか!?

と思った金曜日。

モコ日記です。







ぼくはモコです。

三代目文鳥です。

このところ、外ではにわかにひらひら、ひらひら蝶が飛んでます。

白い小さなやつがたくさん飛んでいます。

ああ、楽しそうだなあと思うのだけど、蝶が飛ぶのはいいことばかりでもないようです。

というのも、蝶は植えてる植物に卵を産み付け、それが幼虫になって、植物を食べるのだそうです。

そのため、野菜が食いつくされてボロボロになってたりして、おじいさんは大変なんだそうです。

ところで、蝶や蛾の幼虫というのは、成虫とまるで似てないのだとか。

幼虫はひらひら飛べるどころか、とことこ歩くこともないようです。

なんでも青虫とか毛虫とか、そういうものになって、ずりずり這っているのだそうです。

今、宮古島ではそういうずりずり這ってる幼虫たちがいっぱい繁殖していて、

中でもオレンジ色と黒のの毛虫は、

「ふぎゃん、ふぎゃん」

と呼ばれています。



ふぎゃん 001





今日もぼくのいる部屋の中に、なぜかふぎゃんが入り込んでいました。

とりぶうさんは、

「ふぎゃん!ふぎゃんがいる!」

と騒ぐやいなや、チラシでむぎゅっと握りつぶしていました。

圧倒的な強さです。

とりぶうさんにとって、ふぎゃんなど一握りでお陀仏なのだから、そんなに騒ぐ必要ないのになあと思います。

とりぶうさんは、

「モコちゃん、あぶなかったなあ」

とぼくを気遣ってくれていたのだけど、じつはぼくはそんなにふぎゃんが怖くありません。

ぼくの仲間の鳥さんたちには、幼虫好きなのもたくさんいるのです。

しかちくさんは、

「モコは大丈夫や。むしろ、オレのほうがふぎゃん、こわい」

と言ってました。

それが予言だったかのように、今日、しかちくさんたちがウォーキングに行ったとき、しかちくさんの服にふぎゃんが一匹くっついていたそうです。

とりぶうさんは、それを見るやいなや、

「ふぎゃん!ふぎゃん!」

と大騒ぎして払い落とし、靴でむぎゅっと踏みつぶしたそうです。

やはり圧倒的な強さなのでした。

ふぎゃんの天敵は鳥さんととりぶうさんなんだなあと思います。







モコはゆるゆる換羽中のようで、尾羽のもようがまた変わっている。

今年はどんな模様になるのか、まるで占いのようなんだなあ。

それでは~


とりぶう


少しでも面白かったら、下をクリックで応援よろしくお願いします。とりぶうの絵が踊るよ!
FC2Ranking にほんブログ村 小説ブログ ショートショートへ blogranking 人気ブログランキング【ブログの殿堂】 クツログ
ショートショートとりぶうの読むコントの応援をお願いします。
あしたも、お待ちしております。! ブログパーツ 健康食品

コメントの投稿

非公開コメント

     カテゴリ

     登場人物
登場人物 とりぶう 登場人物 しかちく
とりぶう=わたし しかちく=夫 
登場人物 うさQ 登場人物 カメ氏
姉=うさQ 弟=カメ氏 

     最近のコメント

     最新記事

全記事表示


     月別アーカイブ

     携帯でどうぞ
QR

     おかげさまです