メインディッシュは八重山そば ~沸く沸く、沸いてる!八重山 (6)ショートショート とりぶうの読むコント~宮古島  メインディッシュは八重山そば ~沸く沸く、沸いてる!八重山 (6) 


メインディッシュは八重山そば ~沸く沸く、沸いてる!八重山 (6)

テーマ : 日記 ジャンル : 日記




みなさんこんにちは。

無事、シーカヤックツアーを終え、次なるアクティビティ場所へ移動する。
途中、由布島(ゆぶじま)にわたる水牛車のツアー発着点でトイレ休憩になった。

竹富島と、西表島の真横にある由布島では、なんでかしらんけど、水牛が大活躍してる。
牛よりも使い勝手がええんかな。
見た感じ、ふつうの牛よりもごつごつしていた。
普通の牛がお相撲さんだとすると、水牛はラガーマンみたいな印象の違いがあった。

竹富島では「水」牛といいながら、とくに水の中をゆくでもなく。
ゆるゆると集落をまわるだけだった水牛が。
ここでは由布島に行くために、海をわたるのである。
それもけっこうな水量ではないか。
わたしのイメージでは、ほぼ干潟のようなところを進むと思ってたのが、けっこうな深さの中を進んでゆく。
水牛の足がぜんぶ海にかくれるほどの量。
下手したら、足がつかないんじゃないかと思えるほどである。
ちょっと水牛、大丈夫?
と思った。

隊長は、
「これだけの水量があるのは、ひと月のうちに2回もないくらいなんで、今日はラッキーですよ」
と言う。
水量があるほうがええのんか。
なんだかいろいろ勉強になる。
しかし、水牛たちは言いたいこともあろうけれども、とくに不満な顔つきをするでもなく。
まじめに人々をはこんでゆく。
水牛の頭が良いのか悪いのかはよくわからないけれども、まじめという美徳を持っているのは素晴らしいことだと思った。

さて、トイレ休憩のあとはいよいよメインイベント、
昼食タイムである!(それがメイン?)
海の見える東屋で隊長がなにやら作ってくれるらしい。
てきぱきとキャンプ用のクッキング用品を取り出し、水を入れた大小の鍋をふたつ、ガスにかける。
取り出した食材を見たところ、どうやら八重山そばを作ってくれるらしかった。
おもわず、わたしのお腹がぐ~っと反応した。
だって朝から朝食しか食べていないのだから。(それがふつう)

昼食ができあがるまで隊長は、いろんなおもしろ洞窟探検ばなしをしてくれた。
それはワクワクの宝石箱のようで、わたしたち3人は、ハックルベリー・フィンの話を聞いているような気分になった。
洞窟の中の川を泳ぐのがいかに怖かったかとか、
初めて入る洞窟で3、4時間迷った話とか、
いくらでも引き出しがあった。
ほんとに楽しい話がいっぱいで、仰天することばかりだったのでここに書きたいのだけど。
ちょっと書くのがしんどいなという諸般の事情により割愛します。(またかよ)

そうこうしているうちに、隊長はゆでた麺を4つの器に平等に盛り入れ、スープをそそぎ、八重山そばのできあがり。





八重山そば 001





やらしい話であるが、懸念材料であった、
「女だから少なめでもいいでしょう」
という特別あつかいもなく、ほっとした。
いや、やらしい話、わたしは食べることが大好きなので、
「女は少食」
という、そんな色眼鏡はいらんと思うのである。
やらしい話、わたしは隊長が盛り分けるのをじ~っと凝視していた。
そして、やらしい話、
「ちょっと具が多めのやつこっちこい」
とすら思っていて、
やらしい話、それがこっちに来たとき、
「よっしゃー!」
と小躍りする勢いであったのだ。
そしてまるで
「自分のは少なかったんですよ」
とアピールするかのごとく、
だれよりも早く食べ終わったのであった。(ほんまやらしいな)

隊長は後片付けも手際がすこぶるよく。
とてもサバイバル能力にたけている。
なんでも自分でできるので、てっきり独身だと思ってたら既婚者だった。
そんなになんでもできて、奥さんまでいたら、ひとりで参加してる独身男ゆるコバの立場がないじゃないか~。(ほっとけ)
まあ、ゆるコバは恵比寿さんのように、いつもにこにこ楽しそうにしていたので、笑っていなさい、そのうちいいことがあるはずよと思った。(占い師か)

さて昼食も終わり、いよいよキャニオニングツアーである。
隊長が、
「川に飛び込んだりするのをキャニオニングと言うと思われてるみたいですけど、ちがうんです。
ほんとは、渓谷をいろんな方法で下っていくことなんですよ」
とおっしゃった。
なんでも沢登りとは逆で、渓谷を下るらしい。
わたしはキャニオニングということばをそこで初めて聞いた。
そして飛び込みがあるということもそこで知った。
そしてあらためて、まじかよ~、とひるみ。
どうかどうか、低っくいところでありますように、と祈るのだった。

つづく


とりぶう

少しでも面白かったら、下をクリックで応援よろしくお願いします。とりぶうの絵が踊るよ!
FC2Ranking にほんブログ村 小説ブログ ショートショートへ blogranking 人気ブログランキング【ブログの殿堂】 クツログ
ショートショートとりぶうの読むコントの応援をお願いします。
あしたも、お待ちしております。! ブログパーツ 健康食品

コメントの投稿

非公開コメント

     カテゴリ

     登場人物
登場人物 とりぶう 登場人物 しかちく
とりぶう=わたし しかちく=夫 
登場人物 うさQ 登場人物 カメ氏
姉=うさQ 弟=カメ氏 

     最近のコメント

     最新記事

全記事表示


     月別アーカイブ

     携帯でどうぞ
QR

     おかげさまです