これぞ探検的体験 ~沸く沸く、沸いてる!八重山 (11)ショートショート とりぶうの読むコント~宮古島  これぞ探検的体験 ~沸く沸く、沸いてる!八重山 (11) 


これぞ探検的体験 ~沸く沸く、沸いてる!八重山 (11)

テーマ : 日記 ジャンル : 日記




みなさんこんにちは。

ケイビングツアーという洞窟探検には、川に飛び込むようなところはない。
そう聞くと、がぜん気持ちがゆるむのは避けられなかった。
わたしは水の中に入ったら、陸に上がった魚の逆。
陸上のように呼吸できないのだ。(だれでもそう)

ひとつめの洞窟を抜けて、ふたつめに行く途中、
足場の悪いところがあったが、
「ワイは紀の国のサルやで?」
と思いながらがしがしと歩くのだった。
どや?
どうや?
どうやねん?
だれかにホメてほしかったけど、みんな自分の足元に必死。
「すごいですねー」
「足が軽いですねー」
と、自分で自分をほめながら進むのだった。(あほちゃう)

川沿いの道の途中には、大きな岩の中を抜けるルートがある。
岩を抜けると言っても、岩の下は水中である。
ひょっとして、ここを潜れというの!?
わたしが青ざめる準備をすると。
隊長は、
「初心者はここは迂回します。
慣れた人でも、真っ暗の中をもぐって抜けるのは大変なんですよ。
1分息をとめられる人でも、10秒でパニックになることもあります」
という。
ひえ~!
こわい~!
わたしはそれを聞いただけでパニックだった。(あほや)

ふたつめの洞窟はせまく。
四つん這いで進まねばならないルートがあった。
下にはちょろちょろではあるが、水が流れている。
一列にならんで進むわれわれ隊員。
まわりは暗く、ヘッドライトだけがほのかに行く先を照らす。

ゆけーゆけー、川口浩、
ゆけーゆけー、川口浩、
どんと~ゆ~け~

嘉門達夫の声が頭の中をまわるのだった。



これぞ探検 001




そこを抜けると、光が見えた。
「来るとき見た穴がこれです」
隊長が言う。
昔々、行方不明になったひとは穴に落ちることが多くて、と隊長が語っていたあの穴の底に、今いるのだった。
思わずどこかにしゃれこうべが落ちていないか探したが。
初心者のわたしに見つかるような、うかつなしゃれこうべはなかった。

いつのまにかわたしたちはずいぶんと地下にいるらしかった。
下っている感覚があまりなかったのだ。
なんだかだまし絵みたいである。
階段をのぼってものぼっても、実はのぼってない。
あのだまし絵みたいな感じ。
隊長がいなければ、絶対迷うだろうと思った。

そういえば。
別のツアー会社でやってきてた若いガイドさんのツアーが、少し後ろからついてきていたのだけど。
隊長に一目置いているからか、わたしたちを追い抜かすことはなかった。
そのツアーでは、わたしたちのようなツナギを着ていることもなく。
参加している若いツアー客たちは、Tシャツと短パンに、ヘルメットと簡単な装備だけでやってきているではないか。
思わず、
「そんな格好で洞窟に入るとはなにごとかー!」
と、波平さんみたいに怒鳴り散らしてやろうか、とも思った。(やめろ)
「遊びやないんやでー!」
と上沼恵美子さんみたいにすごんでやろうかとも思った。
けど、よく考えたら。
これは遊びだった。(なんじゃそれ)

そのうえ、若いガイドさんのツアーはわたしたちと同じルートを来るでもなく、
「なんちゃって探検」みたいに、
とくに危険なところまでは行かない模様。
怒らなくてよかった。

三つめの洞窟を抜けて外に出る。
「汗だくになりますよ」
と言われていたが、さいわいそこまで暑くはなかった。
そのかわり、冬場はいい感じにあったかいらしい。
冬のツアーでは、外が寒いので早く洞窟に入りたい、とすら思うのだそう。
へ~。
洞窟って井戸水みたいやなあ。

外に出てふたたび、がしがしと歩くこと数分。
いきなり舗装道路に出てびっくりした。
元に戻っているのだった。
ひたすら森の奥に向かっている印象だったのだけど。
じつは近場をひと回りしていただけだったのだそう。
へ~。
まるで自分のしっぽを追い回す犬みたいやなあ。

しかしまあ、地下には思いがけない世界が広がっているものである。
地上のうっそうとした緑が別世界の洞窟の中。
「宮古島にはきっと日本最大級の洞窟があるはずなんです」
隊長は言う。

へ~。

へ~。

そんなことを言われたものだから。
宮古島に帰ってきてからも、どこかに行くたびに、
「ひょっとしたらこの下に日本最大級が・・・?」
なんて考えてしまうのだった。

つづく


とりぶう

少しでも面白かったら、下をクリックで応援よろしくお願いします。とりぶうの絵が踊るよ!
FC2Ranking にほんブログ村 小説ブログ ショートショートへ blogranking 人気ブログランキング【ブログの殿堂】 クツログ
ショートショートとりぶうの読むコントの応援をお願いします。
あしたも、お待ちしております。! ブログパーツ 健康食品

コメントの投稿

非公開コメント

     カテゴリ

     登場人物
登場人物 とりぶう 登場人物 しかちく
とりぶう=わたし しかちく=夫 
登場人物 うさQ 登場人物 カメ氏
姉=うさQ 弟=カメ氏 

     最近のコメント

     最新記事

全記事表示


     月別アーカイブ

     携帯でどうぞ
QR

     おかげさまです