脅迫電話とブログショートショート とりぶうの読むコント~宮古島  脅迫電話とブログ 


脅迫電話とブログ

テーマ : ショートショート ジャンル : 小説・文学
(272)

ミヤコさんちのリビング。

「あたし小学校のころさ、家出ってしょちゅうやってたよね。」

タマヨがスイカを食べながら言う。

「そうだったわね。タマヨはなんだか、よくわからないことでいっつもすねてたわよね。」

ナツミさんがスイカの種を出しながらうなずく。

「なんだかよくわからないっていうけど、子供心にあれは真剣だったんだよ。」

タマヨがティッシュで口をふく。

「まあ、わからないでもないんだけどね。

お母さんだって経験あるもの。

そういえばタマヨ、家出したときって、いっつもおじいちゃんの部屋に逃げ込んでたでしょ?」


「ああ、そうそう!おじいちゃんの部屋でお菓子食べてた。

で、食べ終わる頃には、何で家出してたのか忘れてたりした!」


タマヨが笑う。

「そういう意味で、うちは家出しても逃げ場があってよかったのよね。

最近のおうち、核家族だから家出しても行くところがないんじゃない?」


ナツミさんがタオルで手をふく。

しばらくして。

「ただいま~。」

ミヤコさんが帰ってくる。

「おかえりなさい。あら?」

ナツミさんが玄関に出迎えると、となりのユウタがミヤコさんのうしろに立っている。

「おとなりのユウタくんが、うちの前でしゃがみこんでたさね。

家出しちゃったんだってさ。

引越ししたばっかりで、行くとこがないっていうからさ。

とりあえず、うちにお入りって言ったんだ。」


ミヤコさんはユウタの肩に手を回して言う。

「あら、そうなの。かわいそうにね。最近の子は、逃げるところもないのよね。

さ、おあがりなさい。ゆっくりするといいわよ。」


ナツミさんがユウタを手招きする。

「おとなり心配してるだろうから、電話だけ、かけときましょうよ。」

ナツミさんが小声で言う。

「そうだな。」

ミヤコさんは携帯電話を取り出して、鼻をつまんで電話をかける。

「あ、もしもし、石垣さん?おたくの息子さんはあずかった。

返して欲しければ、ブログを閉鎖しろ。」


〔追記〕
みなさま、わたしの寄生虫も無事おさまり、ではなく。

わたしの帰省中にもご訪問、コメントいただきありがとうございました!

あいにくの雨で、あんまりどこにも行けませんでしたが、稲穂が実ってるのを見たり、父の墓参りに行ったり、近所をぶらぶら散歩したりするのは、正しい帰省の過ごし方という感じで楽しかったです。

宮古島にはほとんどラーメン屋さんがないので、今回の帰省で、
「ラーメンを食べる!」
というのは悲願でした。(しょぼい悲願やな!)

それで、実家にいる妹が『ここがおいしい!』と太鼓判を押すラーメン屋につれていってもらいました。

しかし。

前日、羽目をはずして飲みすぎ、また、思ったより寒かったこともあり、二日酔いプラス風邪で、
まったく、食べることができませんでした。

く~~~!

とんこつラーメン~~!

かえすがえすもくやしい。

なんのための帰省だったのか?(ラーメンだけだったんかい!)

おもえば、人生の節目節目で、わたしはいっつも飲みすぎて、二日酔いになり、ひとに迷惑をかけるということの連続でした。

そのつど、
「もう深酒はしまい!」
と心に誓います。

なのに、またこの体たらく。

子供たちは、宮古島に帰って、迎えに来たおじいちゃんおばあちゃんに開口一番、
「お母さんはお酒を飲みすぎて、ラーメン食べられへんかった!」
と報告していました。

子供たちに、『こうなったらあかんで』、という見本を見せ続けているわたし。

いつか、
「ああ、お母さんは体をはって、わたしたちに失敗するってこういうことや、というのを教えてくれたんやなあ。」
と感謝してくれたらいいなあと思います。(ないわ!)

さて、9月。

新しい季節の始まりです。

みなさまのコメント、ほんとうにいつもうれしいです。

ほぼ1ヶ月、ほとんどお話を書かずに、過去書いたものでアップしていました。

また今日から新しい気持ちで楽しいものを書いてゆきたいと思います。

妹に、
「ときどきつまらないはなしがある。たまにおもしろいときがある。」
とけなしてるのか、ほめてるのかわからないことを言われました。

まあ身内なので、それでもいいことを言ってくれてるのだろうと思います。

そう思うと、みなさまが身内でもないのに訪れてくれるというのは、ほんとうにありがたいことだなあ、としみじみ思うのです。

これからも気長にお付き合いいただけたらうれしいです!

ひとつひとつのコメントにお返しさせていただきたいのですが、勝手ながら、
これをもってコメントのお返しにさせていただきたいと思います。

これからも『とりぶうの読むコント』をよろしくお願いいたします。

                                 とりぶう

少しでも面白かったら、下をクリックで応援よろしくお願いします。とりぶうの絵が踊るよ!
FC2Ranking にほんブログ村 小説ブログ ショートショートへ blogranking 人気ブログランキング【ブログの殿堂】 クツログ
ショートショートとりぶうの読むコントの応援をお願いします。
あしたも、お待ちしております。! ブログパーツ 健康食品

コメントの投稿

非公開コメント

犯罪!!犯罪ですよねー
誘拐は罪が重いですよー ^^)
私は どこに行ったかなー
家出は出来なかったから部屋に立てこもり・・・しかなかったかなー ^^)
公園に秘密基地作って友達と集まっていたことはあったけどー
懐かしいなー ^^)

こんにちは。

* 鬼駄遅妖賤処危儲:無気=餌餌餌餌要る?(通称:要らねぇよ!)みたいなことしよるさね~。 (笑)

おかえりなさいませ
充実した帰省生活だったようで(笑)
うらやましいです
わたしも子供の頃よく家出をした実家に9月の半ば帰省します
ちなみに、逃げ場は空き地の土管の中^^

あ、ありがとうございます。
これからもよろしくお願いします!
リンク貼っておきました^^

おかえりなさぁ~い♪

(^u^)プププ♪
お疲れ様でした!

二日酔は苦しいものねぇ~!
すごぉ~くよくわかるよぉ~~~!
ラーメンは残念だったねぇ!

次回は悲願達成できるように祈ってる
からネ♪

家出かぁ・・・・私はどこへ行ってたかなぁ・・・・・近所のお宅の犬舎に入り込んでたような??(笑)

こちらこそ!これからも宜しくデス♪

とりぶーさんお酒すきなんですね!
私も人生の節目節目に飲みすき
た経験ありありです。
いつも面白いお話ありがとう!

おかえりなさい。待ってました。
わたしも今度帰るときは、あれとこれとどれとそれ、絶対食べてくるぞとの意気込みで帰りますが、せいぜい一つか二つくらいしか実現できません。
しかもお土産に買って来ようとしても、なかなか売っているところが無かったりします。
お友達も協力的ではないし。(それよりここに行こ、なんて言われてしまいます)
多分大阪にいるときはさほど欲しいと思わなかったものなんだろうなと思います。
瓦せんべい、大阪風いか焼き、たこ焼き、お好み焼き、うどん、鱧の吸い物、てっさ、お寿司などなど。
いか焼きは日本橋に行って、機械を買ってこようと思っているのですが、それに付き合ってくれる人がいません。(何アホなことゆうてんねん)でチョンです。(^^;)

こんにちは!
いつも楽しく拝見させていただいております!

ほのぼのと心温まるいいお話ですね。

応援クリック!させていただきます。

それでは!

たしかに!

和歌山ラーメンはうまい!・・と、聞きます。(食べに行ったことない・・)

おかえりなさい

とりぶうさん、日本の正しい帰省、お疲れ様でした。そしておかえりなさいませ。
ラーメンは残念でしたね~。帰省中は結構涼しかったから風邪をひいてしまったのかな?もう大丈夫ですか?
それにしても、これだけのお話、ストックがあったなんてとりぶうさんってすごいなぁ。
でも、体調を整えてゆっくり普通の生活に戻ってくださいね。(^-^)

初めまして&こんばんわ

ブログ訪問ありがとうございす。

楽しいブログですね。ユーモアたっぷりで
これからもよろしくお願います。

こんばんは

こんばんは。
いつもコメント&訪問ありがとうございます。

うわぁ!事件ですよ事件!でも、要求がショボイ・・・w

お帰りなさい、とりぶうさん。
ラーメンは残念でしたね。またの機会にいったらどうでしょう?

応援しますね!

家出ですか~
今未成年の家出が問題になってるようです。。。
沖縄ではあまりないでしょうが。

と、暗い話題を置いてって、責任は取りません

安易な家出がなくなりますように応援ぽちり^^

ラーメンに反応

そちらのとんこつラーメンってどんなのか見たいです!
ラーメンネタに反応するパンダでした。

とりぶうさん
おかえりなさい!
いつも楽しく読ませていただいています。
これからも笑えるお話
楽しみにしています。

和歌山ラーメンおいしいですよね。
あまり食べられなくて残念でした。
次回帰省の折は、体調を整えて
ラーメンを堪能してくださいね。

家出・・・

そう言えばよくしたね
...( = =) トオイメ
1時間くらいでしたが(;^_^A アセアセ・・・

今は家を出される不安にかられています
((((;゚Д゚)))ガクガクブルブル
お嫁様、どうかお慈悲を~(T_T)

コメントありがとうございます!

イノぶたさん。
龍Midiさん。
ミユキさん。
クロさん。
クーピーちゃん。
ジャン・ポール・マキさん。
花姥さん。
喰川さん。
Poohさん。
ノラドラさん。
mu-mamuさん。
バッキバキ系人間さん。
カフェオレさん。
パンダさん。
yoonmamaさん。
のぶちんさん。

みなさま、コメントありがとうございました!
わたしも子供のころ、すぐにすねて家出をしたものです。
たいていは、目の前にある祖父母の隠居に駆け込んでいました。
あるとき、祖父母の隠居ではなく、本格的に家出をしようと家を出ました。しかし、追いかけてきた兄の、
「今日の晩ごはん、エビフライやぞ!」
という言葉であっけなく家出は終了しました。
食べ物にはかないません。
そして、そう。
ラーメン。
かえすがえすも惜しいことをした。
はあ~あ。
あんなに楽しみにしてたのになあ。
とそればっかり言うわたしに、家族はあきれています。
今度はラーメンを食べてから深酒しようと思います。(酒やめろ!)
あたたかいお言葉、たくさんありがとうございました!   とりぶう
     カテゴリ

     登場人物
登場人物 とりぶう 登場人物 しかちく
とりぶう=わたし しかちく=夫 
登場人物 うさQ 登場人物 カメ氏
姉=うさQ 弟=カメ氏 

     最近のコメント

     最新記事

全記事表示


     月別アーカイブ

     携帯でどうぞ
QR

     おかげさまです