てっぺん、とったか? ~沖縄のてっぺん、於茂登岳 (4)ショートショート とりぶうの読むコント~宮古島  てっぺん、とったか? ~沖縄のてっぺん、於茂登岳 (4) 


てっぺん、とったか? ~沖縄のてっぺん、於茂登岳 (4)

テーマ : 日記 ジャンル : 日記



みなさんこんにちは。

ドラえもんの道具の中にたしか、雲をプールにするようなのがあったように記憶している。
子どものころ、雲は乗れるものだと思ってたし、
大人はムリでも、子どもひとりくらいはがんばったら乗れるんじゃないか、と思っていた。

が。

雲にはのれん。
のれんに腕押し。(いみわからん)

雲はかたまりにみえてかたまりではない。

於茂登岳の頂上付近は、下から見たときには雲に覆われていた。
けれども、登ってみると雲はなかった。
いや、あった。
でもなかった。(どないやねん)

雲の中は濃い霧であった。

足元に気を付けてひたすら登り続けると、しだいにまわりが広がってくるのがわかる。
視界が悪いのでなにも見えないのが悔やまれたが、天気のよいときは海まで見渡せる眺望なんだそうな。

無言で登り続けると、いきなり芝生をしきつめた広場に出た。

「あ・・・」
「おわった・・・」
「やった!」
「やったー!!」
「いま沖縄でいちばん高いとこにいる!」

雲に覆われているのでぼんやりとしか見えないが、頂上であることは間違いなさそうだった。

わたしたちは顔がほころんだ。
これでやっと降りられる。
長かった。
いままでのしんどさが走馬灯のように頭のなかを駆け巡っていた。

そのとき。

広場の奥にぼんやりと建物が見える。

それは気象庁関係のなんやらの建物。
霧の中にぼんやりと見えるその建物がおどろおどろしく、まるで「X-ファイル」に出てくる建物のようであった。
わたしたちは急に怖くなった。

知ってはいけない秘密を知らされたらどうしよう?
宇宙人に連れ去られたらどうしよう?

いろんなことが頭に浮かび、
「早よ下りよ!」
そそくさと回れ右をするのだった。

雨が降り、寒さはますばかり。
そのうえ、登りで1時間半かかっている。
ということは、バスの時間まであと1時間半。
ギリギリである。

わたしたちは急いだ。
濡れた登山道はひじょうに滑る。
「しかちゃん、気つけや!」
わたしは声をかけるのだった。
そのとき、

つるっ!!



つるっ 001





どてっ!
わたしは泥道に足をとられて尻もちをついた。

したたかに尾てい骨を打つ。

「とりちゃん、大丈夫!?」
「あかん、尾てい骨、横に骨折した」
「まじか」
「いま、あたしのお尻、4分割されてる。横にも割れてる」
「わ~~」
「いま、十字におしり割れてるから、狙いやすい。銃持ってる人に狙われたら一発や」
わたしはおしりをさすりさすり立ち上がった。

尾てい骨がじんじんする。
しかしまだ降りる道は果てしなく続く。
気軽に登山をやろうと思い立った昨日の自分を恨む。

4分割の尻をさすりさすり、半べそをかきながらひたすら下りること数十分。

ようやく登山口付近にやってきた。

一人の女性がちょうど今から登ろうとするところだったが。
その人が言ったところによると。
わたしたちが頂上だと思ったあの「X-ファイル」の建物がなんと、
「あれ、頂上じゃないですよ」
というではないか。
「えー」
「あの奥にまだ道があるんですよ。見つけにくいですけど」
「ええーー」

せっかくあそこまで行って頂上じゃないと言われても。

わたしたちはがっくりした。

がっくりしたが。

「だいたい頂上やから、ええやんな」
「ええやんな」

ということで、わたしたちの中では於茂登岳はてっぺんとった山として記録されることになった。

たかが525.5mだと思ったけど。
あんなしんどい525.5mは初めてであった。

ひとつだけちょっとラッキーだったのは。
雨が降る中バス停まで小走りで急いでいたわたしたちを、バス停まで乗せてくれた人がいたこと。

それはわたしたちがなんかの調査をしてると思ってた上下カッパのおじさん。
なんらかの調査をしてるのではなく、めすらしい蘭の花の写真を撮りに関東から来ているということだった。

いろんな理由で登る人がいるのだなあ。

ともあれ。

ひさしぶりの山登りは思ったよりもずいぶんしんどく。
登山は気軽にしてはいけない、と思った。

わたしの尾てい骨はその後しばらくわたしを悩ませ。
そのたびに、
「銃で狙われたら一発」
と思うのだった。

おわり。

それでは~


とりぶう


少しでも面白かったら、下をクリックで応援よろしくお願いします。とりぶうの絵が踊るよ!
FC2Ranking にほんブログ村 小説ブログ ショートショートへ blogranking 人気ブログランキング【ブログの殿堂】 クツログ
ショートショートとりぶうの読むコントの応援をお願いします。
あしたも、お待ちしております。! ブログパーツ 健康食品

コメントの投稿

非公開コメント

     カテゴリ

     登場人物
登場人物 とりぶう 登場人物 しかちく
とりぶう=わたし しかちく=夫 
登場人物 うさQ 登場人物 カメ氏
姉=うさQ 弟=カメ氏 

     最近のコメント

     最新記事

全記事表示


     月別アーカイブ

     携帯でどうぞ
QR

     おかげさまです