漏れの問題ショートショート とりぶうの読むコント~宮古島  漏れの問題 


漏れの問題

テーマ : 日記 ジャンル : 日記



みなさんこんにちは。

移住した当初からよく行ってるラーメン屋さんがある。

子どもたちといっしょのときも、わたしたち夫婦だけのときもあったけど、

このごろは夫婦ふたりだけで行くことがほとんどだった。

先日、ひさしぶりにカメ氏もいっしょに行ったとき。

お店のおねえさんが、

「すごいおっきくなったね~」

とカメ氏を見て驚いてた。

たしかに小学生のころのイメージからすると、まるで大人になってるので、驚くのも無理はない。

それよりもわたしが驚いたのは。

そのおねえさんとわたしたちも、よくかんがえたら10年来のつきあいということになり、

わたしよりも年下の女性なので、便宜上「おねえさん」と呼んでるけど。

よその子の成長ぶりに驚くばかりか、それをそのまま口にするという行為は、

おばさん独特のものであり、

ああ、あのおねえさんも立派におばさんになったのだなあ、

と感慨深かった。




立派におばちゃん 001






思ったことをそのまま口にできたら立派なおばさんなのだ。

そういえば。

おととい、しかちくのいとこと会った。

その子はわたしが20歳のときに3歳で、とてもかわいい男の子だったのが。

このたびめでたく結婚するという。

そのため奥さんとともに宮古島を訪れたのであるが、

ひさしぶりに会ったいとこ君は、自嘲気味に、

「もう30やで」

と言うではないか。

(え、もう30かいな!はじめて会うたとき、3歳でめっちゃかわいかったのになあ)

と思った。

が、どうやら口に出していたようで、

いとこ君は、

「かわいかったって・・・」

と苦笑いであった。

家族から、そういうことを言い出したらおばさんだ、と指摘をうけた。

わたしはその後も何度か、

「あんなにちっちゃくって、かわいかったのになあ」

と言い。

同じことを言い出したら「おばさん」どころか「おばあさん」だ、

と認識されるようになった。

しかしひさしぶりに会う親戚や他人の子というのは、ほんとに成長が早く感じる。

ということは。

相手側は、賢明にも口に出さないけれども、

「どえらいおばあになったな」

とか思ってるのかもしれん。

相手が賢明でいてくれてよかった。

年取ったら、ナントカ漏れが多くなるらしいが。

余計なひとことも漏れてしまうもんなんだなあ。

それでは~


とりぶう

少しでも面白かったら、下をクリックで応援よろしくお願いします。とりぶうの絵が踊るよ!
FC2Ranking にほんブログ村 小説ブログ ショートショートへ blogranking 人気ブログランキング【ブログの殿堂】 クツログ
ショートショートとりぶうの読むコントの応援をお願いします。
あしたも、お待ちしております。! ブログパーツ 健康食品

コメントの投稿

非公開コメント

     カテゴリ

     登場人物
登場人物 とりぶう 登場人物 しかちく
とりぶう=わたし しかちく=夫 
登場人物 うさQ 登場人物 カメ氏
姉=うさQ 弟=カメ氏 

     最近のコメント

     最新記事

全記事表示


     月別アーカイブ

     携帯でどうぞ
QR

     おかげさまです