凧揚げはオトコのロマンショートショート とりぶうの読むコント~宮古島  凧揚げはオトコのロマン 


凧揚げはオトコのロマン

テーマ : 日記 ジャンル : 日記




みなさんこんにちは。

きのうの日曜日、いつものジョギングコースを走っていると、なんだか空がにぎやかである。

見上げると、たくさんの凧があがっていた。

いまさらながら、新年やなあ、と思った。




新年ぽい 001





その日は、凧揚げ大会が行われていたらしく、

ゼッケンをつけたちびっこたちがわんさかいたのだが。

ちびっこ一人に対して、

両親とその祖父母。

わきあいあいとして楽し気なのだけど、

肝心の子どもよりもおじいちゃんのハッスルぶりがすごかった。

なにぃ、凧あげぇ?

凧と聞いては黙っちゃおれん、

昔取った杵柄、

とばかりに。

ほとんどの凧はお父さんあるいはおじいちゃんたちによって操作され、

「こっちからのほうがいい!」とか、

「風向きがこうだから、そっちに走れ!」とか、

おじいちゃんとお父さんの連携で見事に凧は高くあがるのだった。

ある家族は、どうやら凧の糸が切れたらしく、お父さんがやたら焦って走り回り、

おじいちゃんが大声で何事かを指示し、

子どもはタブレット端末でゲーム、という、

イマドキの家族関係を象徴するような光景も見られた。

主催者が「10時半から凧の高さを計測します」と通知すると、

おじいちゃんたちのやる気もヒートアップ。

子どもそっちのけで凧揚げに奔走するさまが見られた。

ほかの凧よりもより高くあげなければ!

あっちの凧には負けられん!

ほら、いいところを陣取れ!

場所をゆずるな!

ほらほらほらほら、せいせいせいせい、

引っ張れ、走れ、せいせいせいせい、

大間のマグロ漁もびっくりの引きっぷりだった。

とても楽しそうなのを見るにつけ。

もうちびっこ必要ないんちゃう?

と思った。

しかし、大人向けの凧揚げ大会にすればいいのかというと、そうではなく。

あくまでもちびっこのサポート、という役回りでなくては男性は動かないもよう。

男性というのは大義名分があればやたら動く。

なければ動かん。

新年早々、男の生態を考えたできごとなのであった。

それでは~



とりぶう

少しでも面白かったら、下をクリックで応援よろしくお願いします。とりぶうの絵が踊るよ!
FC2Ranking にほんブログ村 小説ブログ ショートショートへ blogranking 人気ブログランキング【ブログの殿堂】 クツログ
ショートショートとりぶうの読むコントの応援をお願いします。
あしたも、お待ちしております。! ブログパーツ 健康食品

コメントの投稿

非公開コメント

     カテゴリ

     登場人物
登場人物 とりぶう 登場人物 しかちく
とりぶう=わたし しかちく=夫 
登場人物 うさQ 登場人物 カメ氏
姉=うさQ 弟=カメ氏 

     最近のコメント

     最新記事

全記事表示


     月別アーカイブ

     携帯でどうぞ
QR

     おかげさまです