アフリカの太陽を宮古島で見るショートショート とりぶうの読むコント~宮古島  スポンサーサイトアフリカの太陽を宮古島で見る 


スポンサーサイト

テーマ : ジャンル :
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アフリカの太陽を宮古島で見る

テーマ : 日記 ジャンル : 日記





みなさんこんにちは。

宮古島の日の出は遅い。

7時半くらいである。

7時半にならないと、どっこいしょ、と太陽は顔を出さない。

だからわたしが起きる朝6時半はまだ真っ暗である。

ものすごく早起きした気になる。

「あたし、よう出来た妻やな・・・」と思える暗さである。

今朝、7時半ごろ。

掃除中、二階の寝室からふと外を見ると、いままさに太陽が顔を出さんとするところだった。

薄明るくなってきた空に、やまぶき色の半円が顔を出しているのだが、

それがやたらでかい。

ちょっとびっくりするくらいでかい。

ときどき見るやたらでっかい月くらいでかい。

あまりにもでかかったので、慌てて階下に降りてしかちくを招集。

「アフリカっぽい太陽が出る!」

と言って渋るしかちくを窓際に連れて行った。

しかちくは「ほんまかいな~」な顔だったのだけど、

地上に顔を出した太陽を見ると、

「でかいな」

と嬉しそうに言った。

朝からええもん見せたった。




アフリカぽい太陽 001





この現象をしかちくは「目の錯覚」や、と片づけるのだけど。

たしかに目の錯覚だけど、目の錯覚とわかってても、錯覚してしまうのが人間。

不思議なもんである。

そういえば、これとよく似たことがある。

宮古島にやってくるクルーズ船。

いろんなタイプがあるのだけど、宮古島の港には停泊できないくらいでっかいのも来る。

そういうのは沖に停泊して、テンダーボートという小さな船で乗客は運ばれる。

それを坂の上から見たとき、

「ぎゃ~、どでかい~!」

と怖くなるほど、大きく見える。

自称、巨大建造物恐怖症のわたしにとって、それは恐怖以外のなにものでもない。

背中がぞわっとし、鳥肌がたつ。

しかし、違うアングルから見たら、

「あれ?そんなに大きくない」

と思う。

なんだったらいっぺん、乗ったろか?

と余裕で思えるくらいだ。

これもひとえに目の錯覚。

人は目に見えるものを脳みそに送り、何かを深読みしたりしなかったりで、見えてるものを修正したりしなかったりするらしい。(ようわからん説明やな)

まあとにかく。

でっかい太陽を見ると、

「太陽って、でっかいな」

と思うのだった。

うん、そのままなんだなあ。

それでは~


とりぶう



少しでも面白かったら、下をクリックで応援よろしくお願いします。とりぶうの絵が踊るよ!
FC2Ranking にほんブログ村 小説ブログ ショートショートへ blogranking 人気ブログランキング【ブログの殿堂】 クツログ
ショートショートとりぶうの読むコントの応援をお願いします。
あしたも、お待ちしております。! ブログパーツ 健康食品

コメントの投稿

非公開コメント

     カテゴリ

     登場人物
登場人物 とりぶう 登場人物 しかちく
とりぶう=わたし しかちく=夫 
登場人物 うさQ 登場人物 カメ氏
姉=うさQ 弟=カメ氏 

     最近のコメント

     最新記事

全記事表示


     月別アーカイブ

     携帯でどうぞ
QR

     おかげさまです

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。