イタリアドイツ貧乏紀行4(フィレンツェ名物)ショートショート とりぶうの読むコント~宮古島  スポンサーサイトイタリアドイツ貧乏紀行4(フィレンツェ名物) 


スポンサーサイト

テーマ : ジャンル :
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イタリアドイツ貧乏紀行4(フィレンツェ名物)

テーマ : ★イタリア旅行★ ジャンル : 旅行
(361)

貧乏旅行(1)から読む


歴史が重いからか、曇り空だからか、フィレンツェはどんよりしていました。

しかし、いちばんどんよりしていたのは、わたしの頭でした。

わたしはフィレンツェで熱を出してしまったのです。

旅行中に体調を崩すほど情けないことはありません。

でもわたしにはフィレンツェでぜひしておきたいことがあったのです。

ルネサンス発祥の地フィレンツェ。ウフィッツィ美術館があるフィレンツェ。

そこでぜひとも、ビステッカ・アッラ・フィオレンティーナ(フィレンツェ風ステーキ)を食べたかったのです。(ルネサンス関係ないやん!)

フィレンツェでビステッカを食べへんということは、野球の試合で3回の裏の攻撃だけ見逃して帰るということです。(わりとどうでもええやんか!)

わたしは熱のある体にムチ打って、レストランを探しました。

食べることになると、人一倍努力する女、とりぶう

ナマケゴコロも太刀打ちできない情熱なのでした。(それをドイツ語に向けろ!)

途中、市場みたいなところで、しかちくは怪しげな兄さんに、革のジャンパーを売りつけられそうになりました。

ちょっとのぞいてみただけなのに、すっぽんのように食いつきます。

すっぽんは、

「少し離れたところにもっといいのがあるから。今から見せてやろう。」

と怪しげな愛想笑いをして言います。

出たなイタリアンマフィア。

こういうこともあろうかと思って、わたしたちは日本古来の必殺ワザを用意してきたんや!

「そうやなあ~、えへへ~、やっぱりええわ、またにするわ、ふふふふ。」

どうだ、必殺曖昧道!

わたしたちはひたすらあいまいにあいまいに笑って、その場を離れました。

これぞ伝統芸。

わたしたちの能面のような表情にすっぽんもびびっていたことでしょう。

その後はすっぽんが何を叫ぼうとひたすら無視道に徹していました。

こんなジャマが入りながらも、どうにかレストランを探しました。

わたしはふらふらする頭を抱えがら、ビステッカに食らいつきました。

カリカリの表面にじゅわっと出る肉汁!

とか書きたいのですが、悲しいことに、記憶がありません。(なんやそれ!)

食べたことは覚えているのですが、もう10年以上前の話。

いまとなっては、覚えているのはすっぽんのことだけ。

ローマにしろ、フィレンツェにしろ、いいこともたくさんあったのですが、へんてこな人に出会ったことのほうが、鮮明に覚えているのです。

そして必ずしも、それはいやな思い出ではなく、ちょっとした愉快な思い出として位置づけられているのでした。次はミラノです。

つづく。

少しでも面白かったら、下をクリックで応援よろしくお願いします。とりぶうの絵が踊るよ!
FC2Ranking にほんブログ村 小説ブログ ショートショートへ blogranking 人気ブログランキング【ブログの殿堂】 クツログ
ショートショートとりぶうの読むコントの応援をお願いします。
あしたも、お待ちしております。! ブログパーツ 健康食品

コメントの投稿

非公開コメント

あっ!それ分かる!

舌の記憶ってはかないよねぇ~!
確かに飲んだ!食べた!ってことは
覚えているのに、どんな味だったか?
そちらはサッパリ思い出せない!

でもウェイターさんが僅かのチップで
大サービスしてくれた事とか、ウィンクしながら周りをウロウロしてた事なんかは
しっかり覚えているのよぉ~!

お味の記憶は仕方ないよねぇ!
熱もあったことなんだし!
食べたって事で良しとしましょう♪

わかるなー
私も 楽しみにしていたことより ヘマした事や まずかったことをよく覚えています ^^)
忘れているって事は 美味しかったんでしょう!!
きっと そうです!!

私は 典型的日本人 とりあえず 安いものを買って逃げる(逃げてないじゃんねー)
ついつい話をしちゃうと 逃げられません!!
悪いくせです ^^)

興味深い人たちとたくさん出会ったということで、それも食べ物よりもいい思い出かもしれませんね。

こんにちは
食の楽しい思い出は残って欲しですね。
そんな状態で食べておいしさ味わえたのでしょうか。
マフィアは日本の観光地にもたくさんいますね。
札幌の朝市のおっちゃんはしつこかった。

いや~、

そんなものですよね。味の思いでなんてそんなもんです。
でも、すっぽんは(爆)です。
日本古来、父祖伝来の「愛想笑い」をかましたとりぶう様、しかちく様にグー!

とりぶうちゃんが異常なパワーを発揮した
ビステッカ…それなのに(^0^;)

すっぽんかわし術はさすがだね!
特に関西人は海外でも強いよね~

素晴らしい!

究極のめんどくさがり且つ
怠け者の私は海外に行くことを想像しただけで面倒くさい(=_=)

これ以上変な人と遇いたくない!

(みんな、あんたと遇わないことを願ってるよ(^_^;))<神の声>

ご無沙汰しました。
ここのところ急に忙しくなりバタバタしています。
12月に入ると、私たち爺婆まで走り出しました。息切れ状態です。
今日はちょっと、オアシスに立ち寄らせていただきました。
イタリアですか。いいですね~。
食べ物はどこに入ってもおいしいし、美術館では本物を見られて、感激ですね。
スッポンは要注意ですけれど。
アメリカでは得られない感動がヨーロッパにはありますね。
続きを楽しみにしています。チャオ!!

コメントありがとうございます!

クーピーちゃん。
おいしいということがそれほど長く続かない記憶ということを考えると、食べ物に大枚をはたくっていうのは、ほんとに贅沢だよね。でも二度目に食べたら「あ、この味・・・!」って思いだすものでもあるよね。

イノぶたさん。
そうだね!まずいもののほうが、記憶がはっきり残ってるということ、あるもんね。イノぶたさんも今度、曖昧道、使ってみてください!

桃源児さん。
旅の楽しみって、出会いの楽しみでもありますよね。日本じゃ見られない食べ物、建物、いろいろありますが、いちばんおもしろいのは、日本じゃ見られない人!だったりしますからね。

トマトさん。
しつこい物売りはほんとにうんざりしますよね。曖昧道はそんなときのアナタをお助けします!ぜひ、お試しあれ。

見張り員さん。
すっぽんはほんとにしつこかったんですよね。でもここで買ってしまったら、あとの日本人がカモになると思い、がんばりました。(笑ってただけや!)

ゴマフあざらしちゃん。
関西人パワーは宮古島でもちょくちょくお目にかかりますよ。人数的にそんなに他府県より多いと思わないのに、なぜか目立つのが関西人。あのずうずうしさ、なのかなあ?

のぶちんさん。
たしかに、海外旅行っていろいろめんどくさいことありますよね。行くコツは、海外旅行に行きたがり、を配偶者に持つことかもしれません!

花姥さん。
お久しぶりです!オアシスと言っていただけて、ほんとにうれしいです!イタリアのレストランはほんとにおいしいところが多いですよね。花姥さんも、おちついたらまたご主人とご旅行されてはどうですか!?チャオ!

みなさま、コメントありがとうございました!
海外旅行でうっとうしいものに、物売りがあります。イタリアでは東南アジアのように、それほどしつこい物売りはいませんでしたが、このフィレンツェのすっぽんは別格でした。どうしても隠れ家に連れて行って、革ジャンを売りつけてやるというシチリア魂(かどうかしらんけど)にあふれていました。わたしたちは大和魂を駆使して、彼に対抗しました。もちろん大和魂をつらぬく精神は、曖昧道です!    とりぶう
     カテゴリ

     登場人物
登場人物 とりぶう 登場人物 しかちく
とりぶう=わたし しかちく=夫 
登場人物 うさQ 登場人物 カメ氏
姉=うさQ 弟=カメ氏 

     最近のコメント

     最新記事

全記事表示


     月別アーカイブ

     携帯でどうぞ
QR

     おかげさまです

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。